米議会・慰安婦問題決議への憂慮(英文)

A Speech of Dr. Kanji Nisho, professor emeritus of The University of Electro-Communications, at The Foreign Correspondents’ Club of Japan

He expressed his serious concern about a resolution passed in the US Congress on July 30, 2007 that condemned Japanese people who were suspected to have exploited the “comfort women” system of forced military prostitution by the Government of Japan, considered unprecedented in its cruelty and magnitude, including gang rape, forced abortions, humiliation, and sexual violence resulting in mutilation, death or eventual suicide in one of the largest cases of human trafficking in the 20th century (excerpt from the resolution). He also told the audience that this kind of resolution and the similar ones passed in the Senate of the City of New York and the Congress of the State of New Jersey are intolerable libels.

He talked about comfort women as follows; “There existed comfort women who had to unfortunately sell their sex due to poverty or other reasons. However, Japan as a state has never used its physical force to force a woman to sell the sex. Moreover, the story that almost 200 thousands of women were carried on trucks near to the battlefield is a preposterous one and no one could have found the evidence. If such incidents had happened in Korea, many rebellions should have happened. Eighty percent of policemen in Korea were Korean compatriots. The first false story has grown and built up combined with the misleading explanation made by the Japanese Government, and in the result this misunderstanding has caused wide repercussions. I would like ask the US Congress and Senate to reinvestigate closely this matter and to rescind the resolution.”

He also criticized US and others as follows; “First of all, the United States and any other countries are not entitled to disgrace Japanese people in relation to war and sex. Mr. Eiichi Isomura, who was ex-professor of The Tokyo Metropolitan University, also the president of Toyo University, and was the head of Shibuya Ward around the end of the World War II, got called by an officer of GHQ who ordered him to make up women for the soldiers of the occupation forces and finally he constructed a facility called recreation center. That time was such days when the people suffered from shortage of foods and a woman sold her body even for a sheet of chocolate.
When the “comfort women” got become an international topic, Mr. Isomura told with repentance that he had to confess his deep sense of shame in his deed to have driven women into a circumstance where they had to make sex with American soldiers. (The Sankei Sept. 17, 1994)”

He quoted a Mr. Miura’s story; “Mr. Syumon Miura, the president of The Japan Art Academy known as a moderate solid man, wrote “As far as a question about army and sex is concerned, I hope that newspapers write the fact that the American Army mobilized its military police and the Japanese policemen to close a certain part of a street and carried out medical checks for sexual disease of all the women in the street where other woman than a prostitute was involved. Rapes were also happened.”
Almost all such incidents were shrouded in darkness. (The Sankei Aug. 2, 1996)”

He also talked about himself; “A scene that a Japanese comfort woman called “panpan” or “only” in a showy dress and makeup walked under a GI’s arm was engraved in my mind’s eye in my boyhood as if it were yesterday. The number of such Japanese comfort women for American GIs reached about 200 thousand.”

He also quoted a story from a magazine; “In a vulgar magazine named Liberal posted a private paper telling a story of a young woman who had been taken to a special brothel. She was robbed of her virginity on the first day, and forced to sex with at least fifteen GIs a day who had just come back from the battlefront. She became unable to stand up and finally her facial appearance was changed and looked like another person.”

The following is a quote from the same magazine; “Yells, laughs and sobs of women were heard from every door. Some women got ill or became insane in a few months. Such scenes were the epitome of what had happened in Japan for several months. (Excerpt from the November 1954 edition)”

He would require the American society and the Christian communities who are accusing Japanese people to find what their fathers and brothers were doing in Japan. And he said “You should be ashamed”.

The following is his comment on the compensation; “The Japanese government should claim compensation to the US counterpart. Japan should not pay any compensation for the comfort women if the Japanese government has no intention to claim the same. Reciprocity, equality and fairness should be the basic rules in the international relationship.”

He talked about his suspect as follows; “The US wants to keep the image of Japan as a country of atrocious and inhumane people in order to justify its use of atomic bombs on Japan and of massed air raids against Tokyo and other cities.”

He also gave a comment about the recent incidents in the US; “Several resolutions that passed in the federal, states’, counties’ and cities’ congresses and/or senates are annoying and irritating the conservatives of Japan (I am one of them) who are used to be pro-American cooperating the US anti-communism policy after the World War II. There is a risk that Japanese people who are falsely charged, hurt, smoldering, the frustration being internally accumulated, will be finally pushed towards anti-America.”

He also talked about his observation as follows; “The worst thing is to exaggeratedly describe the “comfort women” issue in order to adjudicate Japan on the same basis as that for Germany that was governed by Nazi and committed the Holocaust.”

He brought and introduced to the audience copies of the front cover and the contents page of an important German document titled Prostitution, Homosexuality and self-destruction – Problems in German sanitary guideline, 1939-1945 Franz Seidler. He said that it scientifically reported the actual situations in Germany that carried out a complete state operated prostitution system, and abduction and detention of women.

He also explained; Racial matter was one of the difficult things to deal with in relation to prostitution under the Nazi governed Germany. He continued; “If a German officer or a cadreman of Nazi has sex with a Jewish woman, he will be executed. The west and the east European areas are different each other in every aspect. The state-regulated prostitution was used in Netherland and Norway, on the other hand there was no such system in the east European and the Russian area. So the German commanders at the front made up girls almost forcibly for prostitution.”

He continued his observation as follows; “Comfort women in German army have not come to an issue due to the fact that other crimes committed by them were so huge and vicious that they covered the comfort women issue. The tragedy of victims in the “army and prostitution”, the oldest profession across the world cannot be treated in parallel with the Nazi’s crimes in terms of cruelty of criminal tools used by Nazi such as killing factories, sterilization operations, euthanasia etc.”

He gave his final keen observation; “It is so silly, laughingly funny to make noise exaggeratedly over the “comfort women” issue of Japan in order to assume the war of Japan as same as that of Germany and to treat Japan that has never done the Holocaust as badly as Germany. Republic of Korea participated in the Vietnam War and left 7,000 to 20 thousands of fatherless children.”

The following is a tragic but lofty story, at least for Japanese people, he told; “There was an episode in the wartime that a Japanese army corps that had been driven into the front in Yunnan of China passed over the Korean comfort women to the American army corps telling the women to survive. On the other hand the Japanese comfort women chose death for honor with the soldiers. Japanese soldiers were fighting with the spirit of samurai (Bushidou).”

日本語文はこちら

「米議会・慰安婦問題決議への憂慮(英文)」への10件のフィードバック

  1. 奥さま UP、有難う御座います。
    映像、憂慮への反響、そして今回の英訳、すべて転記、拡散させていただきました。人物を得て、場を得て、反論すれば、外国人記者たちもグーの音も出ませんでしたね。
    拙記事にはちょっとした比較対象をレイアウトいたしました。

  2. > Bruxellesさま
    なかなか皮肉!な比較でしたね。でも言い訳の効かないものでした。

    転載有難うございました。

  3. なでしこアクション 代表山本です。
    英訳公開、有難うございます。

    米国では各地で新たな慰安婦記念碑、NYホロコースト博物館には慰安婦展示館が計画されています。

    この英訳を利用して反対のメッセージを送りましょう!
    送り先のメアド、メッセージ英文例等を纏めて当方サイトに掲載してありますので是非ご利用ください。
    http://sakura.a.la9.jp/japan/

  4. 高校で英語を教えている者です。
    慰安婦の問題が河野談話により妙な取り返しのつかない展開となり、国際的にありもしない事実を捏造され、先人が汚名を着せられているのをどうしたものかと憂慮していたところ、情理伴った反論を外国の記者達に対して明確に主張をされ、本当に頼もしく思いました。また、YouTube で通訳付きの会見を拝見して、ぜひ英訳も欲しいと思っていましたので、タイムリーに出して頂いて有難うございます。生徒に読ませると同時に、アメリカから来ているALTにも読ませたいと思います。
    日頃から先生の時局に対するご発言はいつも注目して読んでおります。これからも益々のご活躍を楽しみにしております。

  5. 「日本女性」さんが、1998年の時点で、留学中に「ミスパールハーバー」「レイプオブナンキン」というあだ名をつけられどれ程悔しく辛い思いをされたか、日本男児として胸が痛みます。小生よりも外務省や政治家こそ、在外同朋の無念を知り、その無為無策を恥じるべきでしょう。

    6年前の2007年、家族とともに米国駐在中であった私はこのラントス決議を新聞で知り、不審に思い、ネットを調べアマゾンで関連資料を取り寄せ、真相を探りました。その結果を以下のようにニューヨーク・タイムス紙へ投稿しました。掲載されなかった原稿をいまここで公開することはナンセンスかも知れませんが、米国の良心に訴える目的が半ば、半ばは米国の中学・高校に在学中だった子供らに卑屈な思いをさせないためでした。迂闊にもニューヨークタイムスが左翼・反日共新聞であることを後になって知った次第です。英文の拙さ故だったかも知れません。

    「国家の名誉を大切にする心」、その裏返しである「外侮に憤る精神」を今の日本人は官民あげて忘れています。その結果、海外の日本人が「日本女性」のみならず侮辱され尊厳を損なわれ、不快な思いをしなければならないのです。

    韓国、中共のような初めから平然と嘘をつく国はどうしようもありませんが(少数の良識派が存在するとしても)、対西欧の啓蒙は有効でありマストであると思います。国に尽くした先祖に対しても将来の日本人子弟に対しても我々の責務でもあります。勿論、国家的組織的諜報活動として反日プロパガンダに対抗する広報・宣伝が必要なことは言うまでもありません。

    西尾先生ではありませんが、米国は信じられないような馬鹿や愚挙を繰り返します。
    太平洋戦争も、共産主義と闘っていた日本を支援しないで逆に敵対しました。
    モノ作りにおける不器用さは、デトロイト3社の作るごついクルマを見れば分ります。JETRO主催のモノ作りセミナーなどで日本人がその製造ノウハウを伝授して漸く日本車に対抗できるようになってきました。司法省による恐喝もしばしばです。

    米国の愚挙に驚いてはいけない、許してはならない、放置してはならないと思います。

    「情理伴った反論を外国の記者達に対して明確に主張をされ、本当に頼もしく思いました」には私も共感しますが、ただこの記者会見で出席した記者たちは、「返す言葉もなく沈黙」したようですが決して心から納得して沈黙したのではないと思います。「国際常識」とのあまりの落差に当惑し、理解を超えていたのではないでしょうか。彼らを真に説得し、納得と共感を得る完全勝利のためには以下のように攻めることを提言します。6年前の私の論考は不十分であったと思います。そして弁明に留まるのではなく、日本を非難する者を告発し責任を取らせるために慰謝料請求のような具体的措置を執るべきと思います。また一方的に話すだけでなく、記者たちの前で彼らと討議し論破することも有効です。

    ベトナム戦争での韓国軍兵士や、終戦直後の日本での米兵の非行を論じて日本非難の資格を問うことも有効ではありますが二の次ぎと思います。日本も悪いがお前たちも悪いという論法だからです。

    1. この問題は証明責任の問題に帰着する。たとえば李明博のような大統領の立場にあるものが発言する度に、「ではその日本政府による強制のあったことを証明せよ」と要求する。土台かれらに証明は不可能であり、元慰安婦と称する者の証言の信憑性も暴く。彼らの挙げる証拠は徹底的に厳しく吟味する。韓国などの挙げる証拠が出鱈目であることを丹念に証明していく作業が必要である。立証責任は彼らの側にあるが、日本側の証明のないことの証明はある程度可能。

    2. 不心得者が旧軍のなかに居たとしてもそれは個人的犯罪に過ぎずいつの時代でも戦場では起きるものであること。例外的事象を一般化する狡猾さも暴く。

    3. 米国には証明責任が問題の核心であること、韓国などの主張が誇大妄想、捏造であること、同調する前に事実検証をする責任のあることを強調する。

    4. 戦勝国の優位を濫用していつまでも日本を道徳的におとしめ、外交上のテクニックとすることは卑怯な行為であることを主張する。勝った者が負けた者にいつまでも汚名を着せつづけることの狡さに気付かせる。

    5. 右翼や超国家主義者ゆえにこのことを論じるのではないことを教える。真実を真摯に追究する姿勢を共有する者同士の議論に持ち込む。

    以下、ニューヨーク・タイムス紙への投稿です(原文はこの邦訳に続きます)。

    現在、良識ある日本人の多くは、マイク・ホンダや彼に追随する米国下院議員らが推進し成立させた、いわゆる「従軍慰安婦」への日本政府の謝罪を求める2007年のアメリカ合衆国下院決議(121号対日謝罪要求決議)に失望し、怒り、うんざりし、あきあきしている。この決議が反日を標榜する在米の特定団体が資金援助するこれらの政治家によってリードされている事実に我々日本人が深く失望していることを知ってほしい。彼らは第2次世界大戦が終結してから60年以上も経ってから日本人による過去の「極悪非道」をことさら重要視してあげつらい問題視し続けるのである。

    このいわゆる「従軍慰安婦」が、「南京虐殺」と「靖国参拝」と並んで南北朝鮮と共産中国によって対日外交カードに使われていることは明らかである。

    この3つのテーマは、これら3国にとって日本に対し道徳を説教し続けることで、永久に外交優位を保つ格好の道具となっている。

    そして同時にこれら3国の国民の一部には1910年代から1940年代にかけての日本の朝鮮・満州における植民地支配に対する深刻な恨みと敵意が存在し、このことがこの3つのテーマで日本を責め続ける背後で働いている。

    しかしこれらの人々は、嘗ての帝国主義の時代にあっては、強国であるためには英国も米国も帝国日本も、ロシア、フランス、ドイツ、イタリアの列強も、武力で他国を打倒し、占領し、植民地化することが必要だった歴史事実を直視しなければならない。

    もし1905年の日本海海戦でロシアのバルチック艦隊が日本の連合艦隊に勝利していたならば日本はロシアの植民地になっていたのである。当時の国際社会は東アジアのロシアによる支配よりも日本の支配を望んでいた。 日英同盟のもとで日本は英国のインド支配を、英国は日本の満州支配を、互いに認め合い、米国も1941年のハル・ノートの発行まではそれを支持していたのである。

    もし中国と韓国の人々がこの正しい単純な史実を知り、正しい近代史認識を分かち合うならば、日本との真の永続する友好を阻害するような誤った恨みと敵意を持つことを直ちに止めるであろう。理性のある者は決して現在の価値基準で過去を断罪しないものである。

    私は日本の衆議院外交委員会がこの「アメリカ合衆国の121号対日謝罪要求下院決議に対して、以下の決議(下院決議と同形式)をして、日本国会の意思を伝えることで応えることを勧めたい。
     
    “アメリカ合衆国121号下院決議は、米国が日本に対して支配権を持たない以上、日本の国家主権を侵すものである。

    この決議をした議員らは、偽造された嘘のはなしを何らの証拠も確認せず、科学的、歴史的な検証も行わずに事実と認めたうえで不用意に決議したものである。

    この決議をすることによって米国は、その政治的プロパガンダによって意図的に執拗に日本人の尊厳と威信を毀損することを狙っている反日勢力の悪だくみに加担しこれを増幅することに手を貸した。

    この決議をすることによって米国は、英国が欧州で米国の最も信頼すべきパートナーであるように、アジアにおいて日本を米国の最も信頼すべきパートナーたらしめる米国の最善の基本政策を自ら裏切り、イラク戦争当時他の西側諸国が躊躇うなかにあって米国に積極的に味方(資金援助)した日本に対する背信(不忠)に他ならない。

    この決議をすることによって米国は、東南アジアにおいて日本は民主主義、個人の自由、基本的人権の普遍的価値を米国と最も広く分かち合う事実を完全に無視することで日米の絆を傷つけ、その絆の役割を弱める結果となった。

    それ故、当国会は、米国政府に対して、正式に明確で無条件な方法で、米国下院が2007年1月31日と6月26日になした荒唐無稽な決議に対する政治責任を認め、謝罪することを求めることを国会の意思として決議する。”
     
    1948年の東京裁判の判事であったラダビノード・パール博士はその判決のなかでジェファーソン・デービスの以下の言葉を引用している。

    「時が、熱狂と偏見をやわらげたとき、また理性が、虚偽からその仮面を剥ぎ取ったとき、正義の女神は秤の平衡を保ちながら、過去の賞罰の多くに、その所を変えることを要求するだろう。」

    米国の議員たちは、その友好的な同盟国政府に対して、誤った謝罪を求め、その現在および将来の世代へ間違った歴史を教えることを要求したときほど愚かであったことはない。

    同時に日本国民にとって日本政府が伝統的に沈黙を守り、西欧世界に対して真実を積極的に発信しないことにも失望している。大きな声は常に無知な大衆を動かす。真実の追求と調査が真っ先に為されなければならない。我々は米国の良識と慧眼のあるアメリカ人の誰れかがこの問題に速やかに終止符を打つことを期待する。

    “Almost all contemporary Japanese are now sick, frustrated, tired of and angry at Rep. Michael Honda and other Congressmen’s attempt to sponsor and enact H. Res. 121. We were much disappointed to learn that U.S. Congress was led by the politician who has been financially aided by the special organization antagonizing Japan. They insist on keeping the subject of Japanese past militarism as a high profile items after more than 60 years has passed away since the end of WW II. Apparently triple items including “Nanjing Massacre”, “Official Visit to Yasukuni Shrine” and “Comfort Woman” are diplomatic cards for North & South Korea and communist China towards Japan. There has been also strong resentment to Japan among a part of those nationals with respect to Japanese colonization in Korea and Manchuria in 1920’s and 1940’s. There is no other excellent theme than these three for them to take eternal diplomatic advantage over Japan by preaching Japan of moral. However, they should recall that, in the days of Imperialism, to be Great Powers, UK, U.S., Imperial Japan, Russia, France, Germany and Italy which defeated other countries in a war, are required to occupy and control week region and countries as its colonies. Japan would have been colonized by Russia if Baltic Fleet triumphed over Japanese Combined Feet in 1905. World preferred at that time Japanese occupation of East Asia to Russia’s. Under the Japanese-Anglo Alliance, Japan acknowledged the British occupation of India and Britain acknowledged the Japanese control over Manchuria, which was supported by U. S. until the issuance of Hull Note in 1941. If Chinese and Korean people can share this right perception of modern history or these simple historical facts, they will cease to have such resentment as will deteriorate true and eternal friendship with Japan. Reasonable person will never evaluate the past by the present values.
     
    I would recommend the Subcommittee on Foreign Affairs in Japanese Parliament to express the sense of Diet of Japan, that the Government of U.S. should formally acknowledge, apologize, and accept political responsibility in a clear and unequivocal manner for its Congress’s ridiculous resolution made on June 26, 2007 because;
    1) With no jurisdiction over Japanese government, H. Res. 121 infringed the sovereignty of Japan,
    2) They made H. Res. 121 based on the fabricated story and lie without verifying its reliability or without confirming the evidence, scientific and historical facts.
    3) By H. Res. 121, U.S. has supported and amplified the conspiracy of those anti-Japanese people who deliberately and relentlessly have been trying to undermine Japan’s reputation and integrity of Japanese people by means of political propaganda. 
    4) H. Res. 121 betrayed US’s best policy to make Japan as a reliable partner of U.S. in Asia as Britain is in Europe, and was disloyal to Japan who showed its willingness to stand with U.S. in Iraq, while much of the rest of the world balked. It was totally ignored that, in East Asia, Japan most broadly shares U.S. values, democracy and freedom. It has damaged the Japan-U.S. bond and decreased its usefulness.  .
    “When Reason shall have stripped the mask from misrepresentation, then, Justice holding evenly her scales will require much of past censure and praise to change places. (Dr. Radhabinod Pal)”
    American Congressmen have never been so silly when they tell friendly foreign government how to apologize and how to educate current and future generations of friendly foreign country. To our disappointment too, Japanese government has been traditionally silent and was not so aggressive in informing the truth towards western world, but strong voice always control ignorant people. Pursuit and investigation of truth should be first priority. We also expect someone in U.S. with common sense and wisdom will bring closure to this whole subject promptly.”

    以上

  6. >なでしこアクション代表山本優美子さま
    コメント有難うございました。
    いつも粘り強く抗議をされ、感心しています。
    それぞれが出来ることをしていかなくてはなりませんね。

    > 藤 寛明さま
    コメント有難うございます。
    高校生にはいささか刺激的な文章ですが、もう理解できる年齢ですよね。
    良い先生を持って、そちらの学校の生徒さんは幸せですね。

    >勇間 眞次郎 さま
    長文のコメント、有難うございました。

    政府がこうしたことをきちんとしてくれるといいのですが、
    民間人がこつこつとやるしかないのでしょうか。
    情報化社会とはいえ、やはり言葉の壁があり、日本の主張はなかなか理解されないのが現状です。

  7. 日本女子です。アメリカもですが。自治体が危ないこと、とりかえしがきかない状態であることに、絶望感・危機感・恐怖でうつ状態でした。

    親族の住む生駒市が、「住民自治基本条例」「慰安婦謝罪決議」を出していました。外国人地方参政権です。●団体にのっとられました。

    両親の住む田舎が「人権条例」「まちづくり条例」を出していました。町村合併時から、外国人を誘致するためだったようです。公然とパブコメで「外国人にも参政権を与える」とあり、愕然としています。

    70歳の年老いた両親が不安です。何も知らない。事実上、ふるさとがのっとられている。田舎ほどネットが使えず高齢化してて危険です。

    西尾先生。私はいま35才です。知るほど恐怖と不安にさいなまれています。10年後、地方自治体はどうなっているのか。東京大空襲のご遺体の写真を見ているように、「日本民族の浄化、奴隷植民地化」が胸にせまってくるのです。怖くて仕方ありません。

    田舎の両親と、亡くなった祖父のところに、行ってきます。戦後GHQの日本解体と左翼のために、とんでもないところに日本はきていると思います。

  8. どうしてこうまで執拗に軍隊娼婦をすりかえ宣伝するのかと思います。我々も無視するのではなく世界に発言し発信すべきです。米国の意図は先の大戦を正当化するために、黙認していると思います。

  9. >日本女子さま
    確かに自分たちの国のお膝元で、地方の議会が怪しい採択をいっぱいしています。本当に困ったものですね。

    国民の油断そのものです。

    でも、あんまり神経質にならないでください。
    きっと日本人はそれでも大丈夫だと思いますよ。

    日本女子さんのようなお若い方が、
    危機感を持つことは大切です。なにしろこれからの日本を支える世代ですからね。

    >山本道明さま
    多くのコメント本当に有難うございます。
    きちんとここのエントリーに取り組んでくださり感謝します。

  10. あなたの様な考え方は同じ日本人として恥ずかしい。第二次大戦後の政治的戦後処理の対応をかつての西ドイツと日本と比較して研究してみたらどうかね。もっと勉強して下さい。

小嶋義久 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です