『真贋の洞察』について(三)

 新刊の『真贋の洞察』はよく売れているらしいが、まだ増刷の声はかからない。『GHQ焚書図書開封』と『皇太子さまへの御忠言』とはそれぞれ第二刷になった。前者に対しては書評がかなり寄せられているので、いつかご紹介しながら、考えを述べたい。今回は『皇太子さまへのご忠言』のその後(四)でご紹介した、つき指の読書日記から『真贋の洞察』についての反響をお知らせする。知らない方の読書日記から掲載させていただくのは面映いが、熱っぽい熟読の時間をもってくださる読者の存在はやはりありがたい。篤く御礼を申し上げる。

つき指の読書日記 より

2008/10/16
本の真贋 [ 読書 ]

真贋の洞察楽天ブックス

 またもや恐るべき本に出会ってしまった。
 家人は読書中のぼくの集中力の凄さに驚いている。近寄りがたいと怖れる。実はそんなことはない。本にその力が備わっていないと、そうはならない。
 オピニオン誌の類はまったく読まない。ただ、毎月、主要誌の目次だけは確かめている。ひとつだけ、のがしていた雑誌があった。「月刊WiLL」(編集長 花田紀凱)である。今月からはちがう。
 だからというのもおかしいが、頭の中に必読者リストがあり、再構成され論文集になると、買い求めるのを常としている。即日、注文するのは西尾幹二だけである。氏の本は初期の文芸評論、手に入れようがないので、それと翻訳本、それ以外は過去に遡って読んでいる。
 いやはやぼくの思考回路の薄っぺらさが、贋物ぶりが、いやというほど思い知らされた。対米関係の理解も、軽はずみであった。ここまで現下の経済を、国際政治、国家戦略まで俯瞰し、鋭すぎるほど論じていることを知らなかった。それがその雑誌に掲載されていた。
 内田樹は師を相手に関係なく決めている。青年期のように無謀さを恥じなければ、午前、犬の散歩の折にでも同伴を許してもらい、迷惑承知で、弟子入りを願いたいくらいである。東京にいるうちに。
 最新刊、『真贋の洞察 保守・思想・情報・経済・政治』(文藝春秋)である。近頃、保守の論調があまりにも類似して、読む前から結論がわかり、いささか食傷気味であった。はっとさせられるような真新しい切り口に、だんだん出会えなくなった。保守派の主張の場が増えたことも大きい。だから、だれかれ構わず読むということはしない。見分ける眼力を心がけてはいる。が、いうほど簡単ではない。それは自分をも評価することになる。
 昔を知る先輩からは、保守化に拍車がかかるぼくに距離をおく人も多い。批判はするが、朝日新聞や岩波の本にも目をとおす。若い頃に染みついたものを抜き取る作業にもなる。学生の頃は進歩的文化人の本ばかり読んでいたし、主体性や個性という言葉ほど好きなものはなかった。
 亡父と同年齢の福田恆存も数多く読んでいる。氏との指向性がちがうのも理解できる。
 ただ、軍事的な知識の重要性と大陸中国への認識部分が重なっていたことだけは安堵した。
 こういう凄さのある本はめったにない。是非、一読してもらいたい。

つき指の読書日記より

10月の私の仕事

 一昨日、今月の仕事が校正も含めて大体ピークを過ぎたら、昨日は夜よく眠っているのにどういうわけかたゞたゞ眠くて仕方がない。犬の散歩から帰って、久し振りに風呂場で犬を洗ってやり、やれやれと座敷の片づけをし始めていたら、壁を背に柱に凭れていつの間にかぐっすり眠っていた。夜七時間眠っているのに、どうしてかと思う。

 今年は5冊刊行すると豪語していたが、4冊目『三島由紀夫の死と私』の完成部分160枚に100枚加筆する仕事が10月10日に終った。だいぶ時間をかけていたので、今月すべての加筆部分を書いたわけではない。この本は新書予定だったが、PHPからの単行本に決まって、11月21日の刊行も決定した。

 11月25日に憂国忌があり、そこで今年は私が話をするので、その日までに間に合わせる必要から急いだのである。加筆部分は小説論が中心なので、久し振りに田山花袋や岩野泡鳴や太宰治や葛西善蔵や近松秋江を読み、また中村光夫の論考を精読した。彼の「笑いの喪失」はいい評論だと思った。

 そんなわけで月末に月刊誌の仕事が迫っているのに、落着いて取りかかれない。原因はもう一つある。9月後半からのアメリカ発の金融破産である。アメリカが潰れるのはいいが、巻き添えを食う日本の未来が心配だ。10月10日から後はもっぱら『日本経済新聞』ばかりを読んでいる。

 10月10日にPHPに原稿の最後を渡したことは先に書いた。そのあと私がどんな毎日を送ったか、よくぞ体力が持ったもの、テーマがばらばらにならなかったものと、今日になって振り返って感慨ひとしおである。

 12日に小石川高校時代の同窓会があり、一日を失い、14日夜、銀座で論壇人のあるグループのカラオケ大会があり、夜中まで遊んだ。18日までに残る日数は6日間しかない。どうして可能だったか今もって不思議だが、18日までに『WiLL』と『諸君!』の各12月号にそれぞれ相当量の評論を間に合わせた。

 『WiLL』は題して「麻生太郎と小沢一郎『背後の空洞』」(33枚)。これは政局論ではない。題名には迷って、花田編集長も最後の最後まできめられなかった。最初は「ついに裸身になった日本」と付けてみたり、「『アメリカの没落』に襲われる日本の政治」と付けてみたり、迷いに迷ったが、どれも説明的で面白くない。で、上記の表題となった。非常に広い、大きい内容を打ち出しているので、ぴったり内容に合った題の付けようがないのである。

 それに対し『諸君!』のほうは「雑誌ジャーナリズムよ、衰退の根源を直視せよ」という派手な表題である。内田編集長がこちらは迷わずに付けた。13ページに渡る大型評論である。これは去る9月29日に行った(財)日本国際フォーラム主催の講演「私の視点から見た論壇」を基にしているが、かなり内容を増やし、書きこんでいる。

 このほかに西村幸祐責任編集の『撃論ムック』に「アメリカの中国化 中国のアメリカ化」を出した。

 さて今月は以上の通り、私の意識はあっちへ行きこっちへ行きで落着きなく、ご覧の通り、田山花袋とポールソン財務長官と『英霊の声』とリーマンブラザーズとテロ支援国家指定解除と『私小説論』と……どこでどうつながるのか、傍目には不可解な話であろう。

 昨年の憂国忌では井尻千男氏が高揚した悲愴な武人三島由紀夫像を語ったが、今年はがらりと調子を変え、二葉亭四迷からの近代小説史における長編作家としての三島を論じる予定だ。それでもさいごは多分天皇論になる。

 14日の夜の銀座のカラオケでは「イヨマンテの夜」を歌った。フジテレビの黒岩祐治アナが私の帽子をちょっと貸してと取って、斜めに被って、沢田研二を演じた。しかし何と驚くなかれ、座の中心にいて、声量抜群の声でMy Wayを歌った人――それは朝日新聞前社長・中江利忠氏(79才)である。中江さんと一緒に歌うのはこれで二度目である。そういう会なのである。

 『WiLL』と『諸君!』の私の二篇では勿論、朝日新聞は最大の敵に位置づけられているわけだが……しかし歌では隣席だった。仲良く握手して別れた。まったく互いに他意はない。中江さんの歌は本格派である。

『皇太子さまへのご忠言』のその後(四)

つき指の読書日記 より
2008/09/13
本の忠言

 テレビ朝日の深夜番組「朝まで生テレビ」をビデオで録画し、朝、それを毎月、観ている。最新の8月は「激論!これからの“皇室”と日本」で、「皇太子さまが結婚されて15年、以来、皇位継承問題、雅子さまのご病状、ご公務についてなど、世間の関心も高くなっています」と番組の趣旨が、事前に同テレビ局のホームページで紹介されていた。パネリストの中心は西尾幹二で、猪瀬直樹、高橋紘、高森明勅、上杉隆、斎藤環、香山リカなどが討論に加わっていた。
 テーマの核心はオピニオン誌「月刊WiLL」(編集長 花田紀凱)に、当初書いた西尾幹二の論文、皇太子殿下、雅子妃殿下への御忠言というか、御批判、御苦言が、この手の硬い雑誌にしてはめずらしく大反響、一部、増刷することもあり、その後も三度、核心部分の詳説、氏への批判への一部反論を含め書き継がれていった。それが先月末、新刊として、まとめられて一冊の本になった。
 番組はこの本の論旨に対する各パネリストの見解、同調、反論、批判がいつものように熱気がみなぎってなされた。老いた西尾が淡々と持説を、論旨を絞りきって語っているのが印象深かった。
 保守の大家が皇室を憚りなく、渾身の論文でそうするのは、ことの大きさ、重要さが自ずと理解できるだろうし、同じ保守派からの反論の波及は当然、畏れ多いとの心情から数多く発表された。西尾は老い先短いし、自身の知性が衰えないうちに、しっかりした正論を強靱に貫こうとしたことは、容易に理解できる。だからこそ論壇で大反響を呼び起こし、そして読者の関心が驚くほど高まった。
 この本、西尾幹二『皇太子さまへの御忠言』(ワック)を、引き込まれるように一気の読み進んだ。天皇制度、皇室への危機感がわかりやすい例えを引き、読者から送られる数多いメール、手紙の傾向を押さえながら、保守が保守へと、いまの彼らの浅はかさを、重要な核心に的を合わせて強く迫っている。このままではいずれ天皇は日本から消えるとさえ、彼らの甘さを難じてやまない。左翼がそうするのではなく、無関心層の圧倒的多数がそうさせ、極力、目立たないようにしている左翼が結果的に、その悪意の目的をはたすことになると、それがわからないのかと弁を強める。テレビでの西尾は歴史教科書問題の時と比較して、老いが確実に進んでいる。余命を知るからこそ、先の『GHQ焚書図書開封』でも、孤独な一国だけの日本文明、日本の敗戦後の桎梏からいい加減に、目覚めて自立せよと、自身にむち打つように世に問いかけている。これも歴史に残る名著で、わかりやすいので一般にも強く、心から推薦できる。

③本の皇室 [ 読書 ]

皇太子さまへの御忠言

 先の「本の忠言」で西尾幹二『皇太子さまへの御忠言』を取り上げ、天皇と皇室がかかえる危うい状態を論じた。国民国家という西洋的概念では、取り扱うことのできない、日本の失われなかった伝統である。
 伝統と古く長い歴史を持たないアメリカの日本に対する隠れた嫉妬心が、敗戦後の占領政策で旧皇族、貴族制度を解体させ、狭い範囲に追いやられたことも、その起因として大きく存在する。
 山本夏彦もこれらの藩屏(はんぺい)を失うと、皇室の継続は難しくなると危惧する言をよく吐いていた。
 その日本の国の原型、司馬遼太郎は「国のかたち」といい、戦前は国体といったが、その伝統の重みを体で自然に理解し、受け入れる、そういう人たちもすでに鬼籍に入った時代になった。
 長い間、昭和天皇のおそばで侍従として勤めた、藤原家の分家、冷泉家傍流の公卿出身であった、最後は侍従長になった、入江相政(いりえすけまさ)『いくたびの春 宮廷五十年』(TBSブリタニカ 1981年刊・絶版)を読んだ。このひとをいまの若い人は思い出せないのではないか。昭和の戦前、戦中、戦後の
皇室を共に歩んだ、その時々を和歌を織り込みながら綴られた書である。天皇陛下の戦後の行幸、欧米訪問が白眉である。昭和天皇の人となり、その帝王としての日常の日々を淡々と語っていく。時の流れに阿(おもね)ない、自然な随筆である。こういう人材がいまは、特に皇太子殿下のまわりにはいない。外務官僚の出向者で偏っている。西洋の概念だけに毒され、いまの左翼的な国際主義を唱える連中である。そこに危殆の大きな原因があると、西尾幹二は鋭く分析していた。雅子妃殿下の医師(精神医)すら小和田家の意向で決められている。国家の前では、皇室には西欧流の人権も自由も個性もなく、あるのは公としての立場だけである。それにも論及していた。その論説を思いながら読了した。

つき指の読書日記より

お知らせ

以下のテレビ再放送の日にちを訂正します。

テレビ出演、花田紀凱ザ・インタビュー。皇室問題への発言以後の反響その他について語ります。
    
BS11 10月5日(日)午前9:00-9:55
    再放送 10月11日(土)午後15:30-16:25
 (花田紀凱ザ・インタビューは今後、発信局がBS11に移り、全国放送になるそうです。その第一回です)

『真贋の洞察』について(二)

 真贋には焼き物や美術品の鑑定をめぐるいろいろなエピソードがあるし、ドイツ語で Kitsch という、風呂屋の富士山の看板絵のようなまがい物を総称する言葉もあって、概念的にいろいろ整理したいことが少なからずあった。
 
 Kitsch といえば、南ドイツのフュッセンという高い山の中腹に中世のお城、ノイシュバンシュタイン城があり、これはテレビ写りがいいのでいまではみな誰でも知っている。狂王ルートウィヒ二世がワーグナーのために建てた城だ。内壁や天井の絵画はみな楽劇の各場面を描いたものだが、これがみな「風呂屋の富士山」なのだ。

 森鴎外の留学時代に、中世の城を建てればどうしても Kitsch になる。

 南ドイツにはギリシャの神殿を模した大建造物がいくつもある。十九世紀のドイツ文化はギリシャ熱におおわれていた。ギムナジウムとよばれる中高等学校は、この呼び名からして、古代ギリシャを意識していた。そしてそのギムナジウムを真似したのが日本の旧制高等学校なのだ。ギリシャ文化のかわりに遠いヨーロッパの哲学、文学、史学に憧れた。

 古き良き時代である。しかしすべて Kitsch になることを免れない。ドイツの教養文化がギリシャのイミテーションであるなら、日本の近代の教養文化はヨーロッパのイミテーションであらざるをえない。

 教養の「真贋」について概念整理をしたかった。

 『真贋の洞察』という今度の新刊の「あとがき」でこの点に関する感慨を書いてみたいと思っていたが、急にその気がなくなり中止した。以下、「あとがき」に中止の理由も述べたので、全文をここに掲示させていただく。

 あとがき

 本書は、私の本の中で最も多方面なテーマを扱った一冊になりました。

 冒頭の一文で真贋とは何かについて語っていますが、真贋の概念はこれでは不十分なので、「あとがき」でもう少し詳しく説明しようかと考えていました。が、校正刷りを読んでいるうちにその気がなくなりました。

 真贋は概念ではないからです。この本の全体から、あるいはどの論文からといってもいいのですが、少なくとも「贋」を排そうとする私の声、私の気概だけは読者に伝わるでしょう。それで十分ではないか、説明は要らないと思ったのです。

 本書の文章はすべてなんらかの言論雑誌に掲載された論文です。言論界でいう「真」とは、つまり本当のことを言うということです。

 ときに勇気が必要であり、書き手だけでなく編集者にも勇気が求められることがあります。言論の自由が保障されたこの国でも、本当のことが語られているとは限りません。

 本当のことが語られないのは政治的干渉や抑圧があるからではないのです。大抵は書き手の心の問題です。

 私はむかし若い学者に、学会や主任教授の方に顔を向けて論文を書いてはダメですよ、読者の常識に向かって書きなさい、とよく言ったものです。言論人に対しても今、世論や編集長の方を向いて書いている評論がいかにダメか、を申し上げておきたいと思います。

 言論界にはここにだけ存在する特有の世論があります。評論家の職業病の温床です。

 書き手にとって何が最大の制約であるかといえば、それは自分の心です。

 私にしても「贋」を排そうとしているからといって、私が「真」を掴んでいるということにはなりません。真と贋、本物と贋物の基準は人によって異なるので、何が真贋であるかを決める基準の法廷がどこか人の世を超えたところにあればよいのですが、残念ながら、誰でも存在しない自分の神に向かってひたすら書くということのほかには術がないといえるでしょう。

 ただ一つだけありがたいのは、書かれた文章が本当のことを言っているかどうかは読み手にはピンとくるということです。

 それでも書き手にとって心しなければいけないのは、「真」はこうであったとは究極的には誰にも言えないということです。自分の心がそれで救われてしまう心地よいつくり話を書いてしまうきわどさと「真」がいつでも隣り合わせていることを、肝に銘じておかなくてはなりません。

 本書の各論文が本当のことを言っているか、それともつくり話を語っているかの判定の基準は、ひとえに読者という裁きの法廷に委ねられています。

 本書は後半で、私には例の少ない経済を取り扱っていることに一つの特徴があります。私は現実の心の層に触れてこない空想に流れるのをいつも恐れています。経済のテーマに何とかして正面から向かわないと、政治の現実もとらえられない時代に入っているのではないかとの考えからです。一つの新しい試みであり、挑戦です。

 尚、各論文の初出誌は、各論文の末尾に記しました。各論文の内容に関しては、趣旨を変えない範囲で若干の補筆を施しているケースもあります。

 本書は企画の段階から、論文の蒐集(しゅうしゅう)を経て、調整と配列にいたるまで、作成に関するすべてを文藝春秋第二出版局の仙頭寿顕氏のご努力に負うています。謹んで御礼申し上げます。

平成20年初秋
                               西尾幹二

『真贋の洞察』について(一)

 当「日録」は今では私がオピニオンを述べる場ではなく、私とその周辺の情報を告知する場になっている。昔はオピニオンを述べていたのだが、それをすると活字メディアに注ぐ力が減殺されてしまう。それでいったん「日録」を中断したある時期を境にして、それ以後、今のこの方針に切り換えた。

 しかし勿論原則にこだわってはいない。折をみて、ゆとりのあるときにはオピニオンを展開するかもしれない。

 今回は新刊のご案内である。『真贋の洞察――保守・思想・情報・経済・政治――』、文藝春秋刊、366ページ、¥2000(税込)、10月7日発売。とりあえず目次をご紹介する。

20081004085303

第一章  保守の真贋について
 生き方としての保守
 安倍晋三は真正保守の政治家に非ず

第二章 思想の真贋について
 「偽君子」坂東真理子の「品格」を斬る
 「廃墟」の思想家・上野千鶴子
 「贋者」の行列
   ――竹内好、丸山真男、鶴見俊輔、大塚久雄、小熊英二――
 「素心」の思想家・福田恆存の哲学

第三章 情報の真贋について
 GHQによる「焚書」公立図書館による「焚書」
 朝日新聞の「社説21」が唱える空理空論を嗤う

第四章 経済の真贋について
 日米軍事同盟と米中経済同盟の衝突
  ――なすところなき小泉、安倍、福田――
 日米は中国に「アヘン戦争」を仕掛けている
  ――本来中国は「鎖国」文明である――
 金融カオスの起源
  ――ニクソンショックとベルリンの壁崩壊――

第五章 政治の真贋について
 日本は米中共同の敵になる
  ――「集団忘却」の日本人へ――
 金融は軍事以上の軍事なり
  ――米中は日本の「自由」を奪えるか――
 改めて直言する「労働鎖国のすすめ」

 あとがき

 どんな印象だろうか。

 本書には担当編集者の知恵で一つの新しい工夫が施された。各論文の冒頭にゴシック体で内容を簡潔にまとめた2、3行のリードの文を添えた。例えば、

第二章第一論文には

「偽君子」坂東真理子の「品格」を斬る

 表向きは温和な保守的常識人のように見えるが、よく読むと小さな狂気が宿り、やがて国民を廃墟に追い込む死の思想への偽善的挑発者の顔が見えてこよう

 第三章第二論文には

朝日新聞の「社説21」が唱える空理空論を嗤う

 日本はサンタクロースかナイチンゲールになって「ヘルプキー国家」として生きていけという朝日のありがたいご託宣、小学生の学級民主主義みたいな可愛らしい思想にしばし付き合ってあげていただきたい

お知らせ

 主催者佐藤松男さんからの依頼による、毎年恒例の下記の会の案内をお知らせします。

 「福田恆存を語る」講演會の御案内

日時:平成20年10月25日(土)午後2時開演(開場は30分前)
會場:新宿文化センター 小ホール
    (地下鉄丸ノ内線 新宿3丁目駅B3出口歩11分
講師:桶谷秀昭「福田恆存の相對と絶對」
    田久保忠衛「福田恆存の防衛論」
参加費:2500円(※電話またはメールで事前にお申し込み下さい)
    電話 03-5261-2753(午後7時~午後10時まで)
    E-mail bunkakaigi@u01.gate01.com
(氏名、住所、電話番號、年齢明記)

現代文化會議

私の視点から見た日本の論壇

 9月29日に財団法人日本国際フォーラムの国際政経懇話会(第207回)で、「私の視点から見た日本の論壇」と題した講演をいたしました。質疑をいれて正午より2時までで、いろいろな角度から議論を提起しました。

 以下は同フォーラムの事務局がまとめた要旨です。参考までに掲げておきます。

 果たして現在の日本に「論壇」があると言えるか。もはや論壇は滅んだと言えるのではないか。文壇はとっくに滅びたが、それと一体で丸山真男に代表される大学知識人の崩壊が、1960年代終わりから75年頃にかけて進んだ。

 それを象徴するのが三島事件である。 「知識人の死」という中で、かつての言論雑誌は見る影もなくなっている。反中国、反朝日は勢いづいているが、勝利宣言をしてよいかと言えば、それは表向きであり、そうとも言えない。靄のようなものが覆い、毎回毎回同じことを言って徒手空拳の感がある。

 言論雑誌の全体を総覧した時に、三つの問題点が指摘できる。一つ目は、政治論と政局論を混同していることである。政局騒ぎが言論界の中心テーマになっているが、これは思想のなすべき仕事ではない。かつて石原慎太郎政権樹立や安倍晋三政権樹立を煽ることが言論雑誌のメインテーマとなり、彼らを登場させることが編集長の手腕として評価され、売り上げにつながるとされた。こうした状況を週刊誌が後追いし、状況を歪めている。

 二つ目は、日本の論壇は、経済を論じていないという点である。言論雑誌はドメスティックに閉じ篭もり、防衛、教育、社会保険庁、国内政治などばかりを論じているが、金融を論じていない。「金融は軍事以上に軍事である」とも言える。金融とはそれ自体がパワーであり、政治である。他方、主要な経済雑誌には、経済情報が豊富であるが、政治の視点が欠けている。経済指標ばかりを取り上げて論じても、それは数字遊びに終わってしまい、ナンセンスである。議論が政治だけ、経済だけになっており、両方を全体から見る必要がある。

 三つ目は、国際政治を別扱いにし、国内政治を国際政治の視点から論じていないことである。例えばロッキード事件は、国内問題として扱われたが、背景には米ソ対立が安定期に入ったことが関係している。また、いわゆる「55年体制」の崩壊も冷戦終結と関係している。国内で起こることは国際政治とリンクして考えるべきだ。

 それでは、なぜこのような論壇停滞の状態が続いているのかと言えば、それはイデオロギーにとらわれているからだ。イデオロギーに対置されるのがリアリティーであるが、リアリティーとは常に変化し、ぐらぐら動くものである。これに対して、固有の観念や先入観にとらわれたイデオロギーが言論界を跋扈している。

 非現実的な保守イデオロギーは戦後左翼の平和主義と変わらない。私の皇室問題に関する発言に対しても、典型的な対極の二つの反応があったが、いずれもイデオロギーにとらわれている。

 一つは、日本は自由であるべきだから、皇太子ご夫妻にもっと自由を与え、皇室改革するというイデオロギーであり、もう一方は、皇室にもの申すこと自体、不遜であるというイデオロギーである。イデオロギーとは常に厄介なものである。とかく人はイデオロギーにとらわれやすく、一つの固定観念で自分を救って、大きく変化する世界から目をそらそうとする。

 こうした状況に対して固定化を破り現実を露呈させるように発言していかなければならないというのが私の立場である。