『WiLL』6月号・チャンネル桜お知らせ

zenwill6.jpg

 『WiLL』6月号には意見陳述と質疑応答とすべてが終わった後の私の若干の感想が報告されています。

お知らせ

『自ら歴史を貶める日本人』(徳間書店)に参加したグループ現代史研究会を中心に、次の討論が行われます。

番組名: 闘論!倒論!討論2013

テーマ: 現代史研究会スペシャル
     「反日の米中連携の実態と行方」

放送日: 平成25年4月27日(土曜日)20:00~23:00
     日本文化チャンネル桜(スカパー!217チャンネル)
     インターネット放送So-TV(http://www.so-tv.jp)     「Youtube」「ニコニコチャンネル」オフィシャルサイト

パネリスト:50音順敬称略
      柏原竜一(ジャーナリスト・情報史研究科)
      加藤康男(編集者・近現代史研究家)
      西尾幹二(評論家)
      福井雄三(東京国際大学教授)
      福井義高(青山学院大学教授)
      福地 惇(高知大学名誉教授)
      馬渕睦夫(元ウクライナ大使)

司 会: 水島 総(日本文化チャンネル桜 代表)

首相は何をこわがって靖国参拝をしないのか

 安倍首相は春の靖国参拝をやはり実行しなかった。外交問題になっているからだと弁明している。夏の参議院選挙の成功を狙っているからだともいわれる。だとしたら外交問題が原因ではなく、国内の人気下降を心配しての措置であろう。

 私が『WiLL』3月号巻頭に「安倍政権の世界史的使命」を書いたのは、高い水準の要望を掲げて、この線で政権運営をして欲しい、といわば釘を刺したつもりだった。

 その中で私は、尖閣に公務員を常駐させたり港を作ったりするのは今はしばらく見合わせた方がいいかもしれないが、竹島の式典、靖国参拝、河野談話見直し等をためらう理由はないだろうとも書いた。今止めて、いつ始めればいいのか。参議院選挙の後でも今でも外交問題になることに変わりはないだろう。

 安倍首相はまた再び第一次安倍内閣のときと同じ道を歩み始めているようにみえる。残念である。2007年4月27日に私がコラム「正論」に書いた拙文「慰安婦問題謝罪は安倍政権に致命傷」を今このタイミングに掲げ、反省を促したい。

 ブログTEL QUEL JAPONに出た安倍、ブッシュ両首脳の記者会見を併せ見ていただきたい。こんなことではTPPでも日本の立場を守れるのかどうか心配である。

慰安婦問題謝罪はやがて国難を招く

 私は冗談のつもりではなかった。けれども人は冗談と取った。話はこうである。

 月刊誌『WiLL』編集部の人に二ヶ月ほど前、私は加藤紘一氏か山崎拓氏か、せめて福田康夫氏かが内閣総理大臣だったらよかったのに、と言ったら「先生冗談でしょ」と相手にされなかった。今までの私の考え方からすればあり得ない話と思われたからだが、私は本気だった。

 安倍晋三氏は村山談話、河野談話を踏襲し、東京裁判での祖父の戦争責任を謝り、自らの靖国参拝をはぐらかし、核と拉致で米国にはしごをはずされたのにブッシュ大統領に抗議の声ひとつ上げられず、皇室問題も忘れたみたいで、中国とは事前密約ができていたような見えすいた大芝居が打たれている。これが加藤、山崎、福田三氏の誰かがやったのであれば、日本国内の保守の声は一つにまとまり、非難の大合唱となったであろう。

 三氏のようなリベラル派が保守の感情を抑えにかかればかえって火がつく。国家主義者の仮面を被った人であったからこそ、ここ10年高まってきた日本のナショナリズムの感情を押し殺せた。安倍氏が総理の座についてからまぎれもなく歴史教科書(慰安婦・南京)、靖国、拉致の問題で集中した熱い感情は足踏みし、そらされている。安倍氏の登場が保守つぶしの巧妙な目くらましとなっているからである。

 米中握手の時代に入り、資本の論理が優先し、何者かが背後で日本の政治を操っているのではないか。

 首相になる前の靖国四月参拝も、なってからの河野談話の踏襲も、米中両国の顔色を見た計画的行動で、うかつでも失言でもない。しかるに保守言論界から明確な批判の声は上がらなかった。「保守の星」安倍氏であるがゆえに、期待が裏切られても「七月参院選が過ぎれば本格政権になる」「今は臥薪嘗胆(がしんしょうたん)だ」といい、米議会でのホンダ議員による慰安婦謝罪決議案が出て、安倍氏が迷走し、取り返しのつかない失態を演じているのに「次の人がいない」「官邸のスタッフが無能なせいだ」とかわいい坊やを守るようにひたすら庇(かば)うのも、ブレーンと称する保守言論界が政権べったりで、言論人として精神が独立していないからである。

 考えてもみてほしい。首相の開口一番の河野談話踏襲は得意の計画発言だったが、国内はだませても、中国サイドはしっかり見えていて安倍くみしやすしと判断し、米議会利用のホンダ決議案へとつながった。安倍氏の誤算である。しかも米国マスコミに火がついての追撃は誤算を超えて、国難ですらある。

 最初に首相のなすべきは「日本軍が20万人の女性に性奴隷を強要した事実はない」と明確に、後からつけ入られる余地のない言葉で宣言し、河野衆議院議長更迭へ動きだすことであった。

 しかるに「狭義の強制と広義の強制の区別」というような、再び国内向けにしか通じない用語を用い、「米議会で決議がなされても謝罪しない」などと強がったかと思うと、翌日には「謝罪」の意を表明するなど、オドオド右顧左眄(うこさべん)する姿勢は国民としては見るに耐えられなかった。

 そしてついに訪米前の4月21日に米誌『ニューズウィーク』のインタビューに答えて、首相は河野談話よりむしろはっきり軍の関与を含め日本に強制した責任があった、と後戻りできない謝罪発言まで公言した。

 とりあえず頭を下げておけば何とかなるという日本的な事なかれ主義はもう国際社会で通らないことをこの「保守の星」が知らなかったというのだろうか。総理公認であるからには、今後、元慰安婦の賠償訴訟、過去のレイプ・センターの犯人訴追を求める狂気じみた国連のマクドゥーガル報告(1998年8月採択)に対しても反論できなくなっただけでなく、首相退陣後にもとてつもない災難がこの国に降りかかるであろう。

 米国は核と拉致で手のひらを返した。六カ国協議は北朝鮮の勝利である。米中もまんざらではない。彼らの次の狙いは日本の永久非核化である。米国への一層の隷属である。経済、司法、教育の米国化は着々と進み、小泉政権以来、加速されている。安倍内閣は皇室を危うくした小泉内閣の直系である。自民党は真の保守政党ではすでにない。私は安倍政権で憲法改正をやってもらいたくない。不安だからである。保守の本当の声を結集できる胆力を持った首相の出現を待つ。
(2007、4月27日 コラム「正論」)

米議会・慰安婦問題決議への憂慮(英文)

A Speech of Dr. Kanji Nisho, professor emeritus of The University of Electro-Communications, at The Foreign Correspondents’ Club of Japan

He expressed his serious concern about a resolution passed in the US Congress on July 30, 2007 that condemned Japanese people who were suspected to have exploited the “comfort women” system of forced military prostitution by the Government of Japan, considered unprecedented in its cruelty and magnitude, including gang rape, forced abortions, humiliation, and sexual violence resulting in mutilation, death or eventual suicide in one of the largest cases of human trafficking in the 20th century (excerpt from the resolution). He also told the audience that this kind of resolution and the similar ones passed in the Senate of the City of New York and the Congress of the State of New Jersey are intolerable libels.

He talked about comfort women as follows; “There existed comfort women who had to unfortunately sell their sex due to poverty or other reasons. However, Japan as a state has never used its physical force to force a woman to sell the sex. Moreover, the story that almost 200 thousands of women were carried on trucks near to the battlefield is a preposterous one and no one could have found the evidence. If such incidents had happened in Korea, many rebellions should have happened. Eighty percent of policemen in Korea were Korean compatriots. The first false story has grown and built up combined with the misleading explanation made by the Japanese Government, and in the result this misunderstanding has caused wide repercussions. I would like ask the US Congress and Senate to reinvestigate closely this matter and to rescind the resolution.”

He also criticized US and others as follows; “First of all, the United States and any other countries are not entitled to disgrace Japanese people in relation to war and sex. Mr. Eiichi Isomura, who was ex-professor of The Tokyo Metropolitan University, also the president of Toyo University, and was the head of Shibuya Ward around the end of the World War II, got called by an officer of GHQ who ordered him to make up women for the soldiers of the occupation forces and finally he constructed a facility called recreation center. That time was such days when the people suffered from shortage of foods and a woman sold her body even for a sheet of chocolate.
When the “comfort women” got become an international topic, Mr. Isomura told with repentance that he had to confess his deep sense of shame in his deed to have driven women into a circumstance where they had to make sex with American soldiers. (The Sankei Sept. 17, 1994)”

He quoted a Mr. Miura’s story; “Mr. Syumon Miura, the president of The Japan Art Academy known as a moderate solid man, wrote “As far as a question about army and sex is concerned, I hope that newspapers write the fact that the American Army mobilized its military police and the Japanese policemen to close a certain part of a street and carried out medical checks for sexual disease of all the women in the street where other woman than a prostitute was involved. Rapes were also happened.”
Almost all such incidents were shrouded in darkness. (The Sankei Aug. 2, 1996)”

He also talked about himself; “A scene that a Japanese comfort woman called “panpan” or “only” in a showy dress and makeup walked under a GI’s arm was engraved in my mind’s eye in my boyhood as if it were yesterday. The number of such Japanese comfort women for American GIs reached about 200 thousand.”

He also quoted a story from a magazine; “In a vulgar magazine named Liberal posted a private paper telling a story of a young woman who had been taken to a special brothel. She was robbed of her virginity on the first day, and forced to sex with at least fifteen GIs a day who had just come back from the battlefront. She became unable to stand up and finally her facial appearance was changed and looked like another person.”

The following is a quote from the same magazine; “Yells, laughs and sobs of women were heard from every door. Some women got ill or became insane in a few months. Such scenes were the epitome of what had happened in Japan for several months. (Excerpt from the November 1954 edition)”

He would require the American society and the Christian communities who are accusing Japanese people to find what their fathers and brothers were doing in Japan. And he said “You should be ashamed”.

The following is his comment on the compensation; “The Japanese government should claim compensation to the US counterpart. Japan should not pay any compensation for the comfort women if the Japanese government has no intention to claim the same. Reciprocity, equality and fairness should be the basic rules in the international relationship.”

He talked about his suspect as follows; “The US wants to keep the image of Japan as a country of atrocious and inhumane people in order to justify its use of atomic bombs on Japan and of massed air raids against Tokyo and other cities.”

He also gave a comment about the recent incidents in the US; “Several resolutions that passed in the federal, states’, counties’ and cities’ congresses and/or senates are annoying and irritating the conservatives of Japan (I am one of them) who are used to be pro-American cooperating the US anti-communism policy after the World War II. There is a risk that Japanese people who are falsely charged, hurt, smoldering, the frustration being internally accumulated, will be finally pushed towards anti-America.”

He also talked about his observation as follows; “The worst thing is to exaggeratedly describe the “comfort women” issue in order to adjudicate Japan on the same basis as that for Germany that was governed by Nazi and committed the Holocaust.”

He brought and introduced to the audience copies of the front cover and the contents page of an important German document titled Prostitution, Homosexuality and self-destruction – Problems in German sanitary guideline, 1939-1945 Franz Seidler. He said that it scientifically reported the actual situations in Germany that carried out a complete state operated prostitution system, and abduction and detention of women.

He also explained; Racial matter was one of the difficult things to deal with in relation to prostitution under the Nazi governed Germany. He continued; “If a German officer or a cadreman of Nazi has sex with a Jewish woman, he will be executed. The west and the east European areas are different each other in every aspect. The state-regulated prostitution was used in Netherland and Norway, on the other hand there was no such system in the east European and the Russian area. So the German commanders at the front made up girls almost forcibly for prostitution.”

He continued his observation as follows; “Comfort women in German army have not come to an issue due to the fact that other crimes committed by them were so huge and vicious that they covered the comfort women issue. The tragedy of victims in the “army and prostitution”, the oldest profession across the world cannot be treated in parallel with the Nazi’s crimes in terms of cruelty of criminal tools used by Nazi such as killing factories, sterilization operations, euthanasia etc.”

He gave his final keen observation; “It is so silly, laughingly funny to make noise exaggeratedly over the “comfort women” issue of Japan in order to assume the war of Japan as same as that of Germany and to treat Japan that has never done the Holocaust as badly as Germany. Republic of Korea participated in the Vietnam War and left 7,000 to 20 thousands of fatherless children.”

The following is a tragic but lofty story, at least for Japanese people, he told; “There was an episode in the wartime that a Japanese army corps that had been driven into the front in Yunnan of China passed over the Korean comfort women to the American army corps telling the women to survive. On the other hand the Japanese comfort women chose death for honor with the soldiers. Japanese soldiers were fighting with the spirit of samurai (Bushidou).”

日本語文はこちら

坦々塾 「第一回・語る会」報告

中村敏幸氏による坦々塾「第一回・語る会」の記録です。

 坦々塾会員による「第一回・語る会」が、4月6日(土)午後2時から高田の馬場の戸塚地域センター会議室に於いて開催されました。当日はあいにく爆弾低気圧の接近により、夕刻から東京地方も暴風雨になることが予想されましたが、新潟、群馬、山梨等の遠隔地からの参加者も含め西尾先生以下30名の会員の方々が参集されました。

 西尾先生の中国、北朝鮮情勢にふれられた御挨拶の後、下記4名の方が演台に立たれましたので、その概要を御報告致します。

Ⅰ.一番手は、鵜野幸一郎さんの「社会的事象としての本人認証」です 

 鵜野さんは、長らくIT関係の仕事に携わってこられましたが、我々の日常生活に於いてもサイバー空間が急速に進んでいる状況下に於いて、現在使用されている「本人認証」の方式は極めて脆弱であり、安全、安心に使いこなせる「電子的本人認証基盤の確立」が極めて重要であることを語られました。

(1)「本人認証」とは、「自分がその本人であると主張する人物が本当にその人物であるかを確認すること」であるが、本人認証にはリアル空間(署名・捺印等)とサイバー空間(パスワード等)がある。
(2)「自分が自分であることを証明するのにさほど困難は伴わない」、と考えてきたのが日本人一般であるが、我々が住んでいる現代社会は既にそんな悠長な世界ではなくなっている。
(3)サイバー空間が加速的に拡大するにつれ、不利益を受けずにサイバー空間の圏外で暮らす選択が困難となりつつあることに気付かなくてはならない。
(4)ある技術の普及から対抗技術が生れ、却って社会の不安を誘うことがある。例えば、指紋はガラスに残された残留指紋から作られた複製指で市販の指紋認定装置を通過出来ることが実証された。また、DNAも毛髪からの複製が可能であり、文字パスワードは脆弱である。
(5)本人認証はあらゆるセキュリティ要素技術を考慮する前に既に存在していなければならない基礎的な与件であり、これからは本人の記憶、思い出等を画像で照合(パス画像)する個人認証技術が重要になってくると思われる。
(6)買い物や銀行決済というレベルの話ではなく、電子行政サービスの導入が真剣に構想されている今日、最も重要な課題はサイバー社会において国民一人一人が安全・安心に使いこなせる「電子的本人認証の基盤確立」が喫緊の課題であり、これは国家の安全保障にとっての基礎的与件でもある。

Ⅱ.二番手は、小池広行さんの「死の淵を見た男たち」です。

 小池さんは福島第一原発事故に於いて当時所長として陣頭指揮を執られた吉田昌郎氏と東電入社同期とのことで、震災発生1カ月半後の4月末に現場に赴き、つぶさに実態を確認されました。全電源喪失、注水不能、放射線量増加、そして水素爆発と絶望的な事態の推移の中で、文字通り死を覚悟して奮闘された吉田所長以下の所員と協力会社、自衛隊員等の初動対応と、それとは対照的に現場の足を引っ張り続けた、時の総理管直人等の愚行、そして、政府、国会、民間、東電の各事故調の報告は無味乾燥であり、この壮絶な闘いを誰かが纏めてくれないかという思いにかられた中、昨年、門田隆将氏の「死の淵を見た男」が刊行されたことを時折声を詰まらせながら語られました。

(1)先ず、津波来襲直後に現場はパニック状態に陥ったが、吉田所長は即座に「チェルノブイリ級の事故」になることを想定し、電気がない、冷却水がない状態では海水を入れるしかないと判断した。そして、発電所に3台あった消防車のうちの2台が津波で破損したことを知ると、即座に消防車の手配を本店に要請した。
 この要請はすぐさま郡山の陸自第6師団に届き、翌12日午前7時には福島、郡山の駐屯地から12名の隊員を乗せた2台の消防車が到着し、隊長から「何でもやらせてもらいます。指示を出してください」との決意表明があった。
(2)11日23時、所長による「入域禁止」の指令が出る一方、緊急対策室からベントのための手順作成とメンバーの選定指示が出された。現場の責任者は若い人には行かせられないとの方針を打ち出したにも拘らず、若い人達が次々と手を挙げた。そうして、若手は最終的にメンバーから外されたが、3組のベント突入隊が結成され、諸準備を整えて「ゴーサイン」を待った。
(3)しかし、その時に管総理を載せたヘリが到着し、緊急対策室は一時間半ほどその対応に追われ、すべての指示かストップし、自衛隊員も所員も待機状態に陥ってしまった。
(4)ヘリが着陸した時、管総理の現地視察の様子を撮影するため、「まず、総理だけが降りますから、他の人は誰も降りないで下さい」との指示が発せられ、これには同行の斑目氏もむっとした。
(5)管氏は、疲れ果てた現場の作業員をねぎらうこともなく、「なんで俺がここに来ていると思っているんだ」と始終怒鳴りまくっていたが、吉田所長の「決死隊を編成して対応する」との話に納得して帰った。
(6)一方では、原発事故の際に現場にいることを義務付けられている保安検査官は、12日午前5時頃に線量が上がってきたために、原発から5km離れたオフサイトセンターに逃げてしまったのである。
(7)3月12日15時36分、1号機爆発 ⇒官邸~本店~現場間の海水注入とその停止をめぐるやりとり⇒3月14日11時1分、3号機爆発と事態は悪化の一方であったが、3号機の爆発の影響で2号機のベント弁が閉となり、原子炉圧力がどんどん上昇して2号機が最大の危機を迎えた状況下で、15日朝5時半頃、管総理が東電に乗り込んだ。
(8)その頃、吉田所長は自分と一緒に死んでくれる人の顔を思いうかべていた。
(9)15日の朝、吉田所長による管理職を残しての「退避命令」が出されたが、死を覚悟して残った69人はまるで死に装束をまとっているようであった。
(10)その後、茨城県小美玉市百里航空自衛隊基地から駆けつけた消防隊等による、地上からの決死の放水活動により状況は改善の方向に向かった。
(11)今回の事故に対する、東電と政府による危機対応の惨状は「失われた時代」の日本の危機そのものを反映しており、結局は精神の自立を欠いた「いびつな日本の安全保障意識」がもたらしたものではないだろうか。

Ⅲ.三番手は、松木國俊さんの「従軍慰安婦問題、韓国、米国の恐るべき謀略」です。
 
 

 松木さんは、商社マンとして長い間「日韓貿易」に携わる傍ら、日本の朝鮮統治と戦後の反日の真相を精緻に調査され、その成果を一昨年、「ほんとうは『日韓併合』が韓国を救った」という著作にまとめられました。この本は3万部以上売れたそうです。

(1) 先ず、「従軍慰安婦問題」に対する米国の理不尽な圧力は、日本を「野蛮な侵略国」に貶め、米国が行った無差別大空襲や原爆投下という「人道に対する罪」を糊塗するためである。
(2) そして、安倍首相はこの問題を「政治・外交問題化させない」との立場をとるが、この問題は既に政治・外交問題化しており、米国の圧力に屈した安倍首相は厳しく批判されるべきである。この問題は、今が正念場であって、「政治・外交問題化」している次のような具体例がある。
   ・韓国外交通商部は「慰安婦問題は1965年の日韓基本条約の対象外である」と主張(2010/3)
   ・韓国憲法裁判所は「慰安婦への賠償を日本政府に請求しないのは韓国政府の不作為であり、憲法に違反する}との判決を出す。(2011/8)
   ・李明博大統領は昨年、「慰安婦問題解決につき日本が誠意を示さないために竹島に上陸した」と主張。
   ・以上のように「慰安婦問題」は韓国では対日外交問題の最重要課題となっている。
   ・更に、欧米諸国の議会で、「慰安婦問題」にかかわる「日本非難決議」が続々と採択されている。
   ・また、米国では「慰安婦の碑」が建設され、日本国の尊厳が傷つき、日本人子弟に対し「野蛮人の子供だ」という虐めが始まっている。
(3) また、「政治・外交問題化」している何よりの証拠は、海外在住の韓国人による反日活動を韓国政府が支援していることであり、次のような具体例がある。
   ・海外における反日活動の司令塔であるVoluntary Agency Network of Korea(VANK)に韓国政府が莫大な公的資金援助をしているが、この組織の活動目標は「世界における日本の地位低下」である。
   ・政府と直結した組織「東北アジア歴史財団」が創設され、活動目標の第一に「日本軍慰安婦の問題と国際問題化」が明記されており、年間20億円近い予算を得て反日活動の司令塔になっている。
   ・「韓国挺身隊問題対策協議会」という組織があり、ここにも韓国政府は資金援助を行っている。
(4) では、何故これほどまでに第三国で反日活動を展開するのか。それは韓国人の習性であり、周りを巻き込んで戦うのが韓国流のケンカの仕方だからである。それ故、韓国は「慰安婦問題」を捏造して世界に発信するのであり、米国に於いてはそれが原爆投下に対する免罪符になっており、このままでは嘘の歴史が世界中に定着してしまい、日本にとって一国の猶予も許されない「政治・外交問題」である。
(5) それにしても韓国は何故これほどまでに執拗に「慰安婦問題」を持ち出してくるのか。実は日本統治時代には今のような反日感情はなく、これは戦後になってからである。李氏朝鮮は正式な国際条約によって日本に併合されたのであり、日本から独立するのであれば、李氏朝鮮の復活でなければならず、李承晩による大韓民国の成立に正統性はなく、李王朝に対するクーデーターだったのである。そのため、李垠殿下という正当な皇太子が存在したにもかかわらず、李王朝は日本によって跡形もなく滅ぼされてしまったとの嘘を捏造して大韓民国を正当化したのである。
朝鮮は、日本統治時代の方が一等国民として生活も豊かであったが、そんなことを国民に言わせては大韓民国の基盤が揺らぐために、猛烈な反日教育を始め国民の記憶を塗り替え、それによる反日感情によって彼等は自家中毒を起こしている。
(6) そして、今や反日感情は、日本に対し仕返しをするべきであり、報いを受けさせなければならないという域にまで達しており、「慰安婦問題」こそ日本に対して復讐をする絶好の材料になっているのである。我々はそれを直視しなければならない。
(7) 韓国には「過去のことを水に流す」という文化はなく、朴槿恵大統領の「加害者と被害者の関係は千年たっても変わらない」との発言はここからきている。よって、「慰安婦問題」は謝罪すればするほど悪化するのであり、何としても彼等を正面から論破しなければならない。
(8)「女子挺身隊」と「慰安婦」を同一視するのが韓国の公式見解であるが、「挺身隊として引っ張られて慰安婦にされた」との証言は一つもなく、これは歴史の歪曲である。また、「慰安婦狩り」は吉田清二による歴史の捏造である。20万人の女性が強制連行されたのなら、朝鮮全土に暴動が起
こるはずであるが、そんな記録は1件もない。しかも、当時の朝鮮の警察官の80%は朝鮮人であった。それでもあったと言う者がいれば、あなた方の父祖は自分たちの娘や恋人が強制連行されていくのを指をくわえて見ていたことになり、それ程ふがいない男達だったのかと言ってやれば良いのである。
(9)では、これ程虚偽捏造であることがはっきりしているにもかかわらず、韓国は何を根拠に「強制連行」があったと言っているかというと、それは「河野談話」であり、「河野談話」が韓国に復讐の口実を与えてしまったのである。
(10)最後に、一国を亡ぼすのに武器は不要であり、歴史と民族の誇りを奪われた国は滅亡する。「慰安婦問題」は日本民族の生き残りをかけた「外交戦争」であると述べて締めくくられた。

Ⅳ.四番手は石部勝彦さんの「歴史学界への挑戦」です 

 石部さんは長い間、高校で世界史の教鞭をとられましたが、御自身が所属する「歴史学会」が未だに左翼イデオロギー一色であり、同学会が開催したシンポジウム『戦後歴史学とわれわれ』に出席した際に抱いた、三つの問題点を、堂々と同学会に提起され、挑戦を挑まれたことを語られました。

(1) 第一の問題点は、『戦後歴史学』が、ごく少数の専門の歴史学者だけの狭い世界のものになっていて、国民全体のレベルに於ける歴史への興味や関心から遊離したものなっていることである。
 塩野七海氏や渡部昇一氏、あるいは黄文雄氏の歴史書はよく読まれていると思うし、西尾幹二氏の「国民の歴史」もベストセラーになったが、これらの方々は専門の歴史学者ではない。
 一方、『戦後歴史学』の世界に所属する専門の歴史学者のもので、これらに匹敵するようなものはない。
(2) 第二の問題点は、『戦後歴史学』が国民に対してその責任を果たしていないことである。日本の学生が海外留学先で、世界各地の若者と交流する場合、自己紹介に際してどこの国の若者も自国の歴史を誇らしげに語るが、日本の若者にはそれが出来ないと言われている。 
 その直接の責任は日本の歴史教育にあるが、本当の責任はそれを配下に置く『戦後歴史学』にあるのではないか。
(3) 第三の問題点は『戦後歴史学』が、学問にとって最も大切である「学問の自由」を蔑ろにしていることである。昭和57年、宮沢官房長官によって「近隣諸国条項」が出されたが、これは日本の教科書には近隣諸国の意に反することを書いてはならないというものであり、「学問の自由」に対する冒涜であった。しかし、これに対して異議を唱えた歴史学者はいなかった。
 平成15年、一橋大学名誉教授で、歴史学研究会委員長、日本学術会議会員等を歴任した永原慶二氏による「20世紀日本の歴史学」という本が出版された。その「まえがき」に於いて氏は、平成13年に「新しい歴史教科書をつくる会」が発足したが、「つくる会」による教科書の記述は史実を歪曲する非学問的行為であり、日本の歴史学は「東京裁判」によって正しい歴史の見方を教えられたのである。「つくる会」のような動きに対しては、歴史学の研究者としては、一歩もゆずることが出来ないと主張しているが、これは「学問の自由」を否定するものである。
 しかし、この永原氏の見解に対して異議を申し立てた学者は皆無である。
  *石部さんの「歴史学会」に対するこの挑戦状に対し、同学会も無視することが出来ず、「検討する」との回答が寄せられており、石部さんの戦いは今後も続くとのことでした。

  以上が四人の方々の発表の概要ですが、演題も多岐にわたり、講演後の質疑応答も持ち時間を余すことなく活発に行われ、第一回目としては大成功であったと思います。
 今回は、暴風雨の到来により「懇親会」は中止となりましたが、雨脚が激しさを増す中、感興さめやらぬ十数名の方々が、西尾先生を囲んで近くの居酒屋で1時間余りの歓談を行いお開きとなりました。
 
 尚、次回、第2回の「語る会」は9月1日を予定して居ります。

                       記録係 中村敏幸 記
 

「日本外国特派員協会での意見陳述」の反響

 この問題は日本の国内では論争修了で、片がついているのに、世界にきちんと発信がなされていない。中韓には何を言ってもダメだが、アメリカやヨーロッパに日本の主張が届いていないのはひとえに外務省の責任である。官僚の卑屈と怠惰が政治の危機を招いている。

 われわれ言論人は無力であることを思い知らされてきた。日本人有志がアメリカの新聞に意見広告を出すような試みはなされてきたが、かえって無力感をきわだたせた。安倍首相もアメリカに威嚇されて腰がひけている。

 私のこの小さな発言が反撃の発火点になってほしい、という思いが私だけでなく、昨日からネット言論のあちこちに見出される。ブログ「株式日記と経済展望」の反響がその点で一番明確だったので転載させていたゞく。

 質疑応答を含めて私の発言の全文は『WiLL』6月号に出る予定である。

 慰安婦問題での私の論戦参加は1997年のことで、ザイドラーの本をとり上げて『諸君!』(同年1月号)に「慰安婦問題の国際的不公平――ドイツの傲岸、日本の脳天気」を書いた。単行本『歴史を裁く愚かさ』(PHP研究所)に収めらている。

従軍慰安婦問題は、「株式日記」でも何度も書いてきましたが、日本政府は韓国や中国に反論する事よりも「謝罪と反省」を繰り返すことで問題をこじらせて来ました。80年代から90年代はネットも普及しておらず新聞テレビラジオなどでしか広報機関が無く、韓国や中国のプロパガンダに対する反論は一部の雑誌でしか対抗手段が無かった。

それらの保守系に雑誌の反論も、一般的には「右翼の戯言」や「歴史修正主義者」のレッテルを貼られて葬り去られて来た。政界でも歴史問題発言で何人もの大臣が「暴言を吐いた」と言う事で辞職に追い込まれた。最近では麻生内閣でさえ田母神航空幕僚長の歴史観の論文が問題にされて辞職させられた。自民党にはこのような歴史がある。

しかし2000年以降のネットの普及による一般市民による言論活動が盛んになるにつれて、中国や韓国から発せられる「プロパガンダの嘘」が次々と暴かれるようになり、左翼やリベラル勢力は言論活動で完敗している。今や国内の論争の主力戦線は親米派対保守派の論争であり、従軍慰安婦問題は国会などの予算委員会での議論でも決着は既に付いている。

しかしながら「河野談話」などの見直しにはアメリカ当局も神経を尖らせているようですが、2007年のアメリカ下院議会の対日批判決議は「河野談話」が一つの決め手になってしまった。第一次安倍総理も戦後レジームからの脱却はアメリカの不信感を買うことになり、従軍慰安婦問題でも「河野談話」の扱いにはっきりとした態度を示していない。

このように政治家が歴史問題で孤立してしまうのは、日本のマスコミや歴史学界からの援護射撃が無いからであり、ましてや英語などによる世界的な広報活動は外務省などもほとんどやってこなかった。最近における韓国の従軍慰安婦などのプロパガンダはアメリカ国内に広められており、西尾幹二氏が外人記者クラブで述べているように、「今年に入ってニューヨーク州議会上院、ニュージャージー州議会下院において同様の議決を行ったことは、許しがたい誹謗で、憂慮に耐えません。」と指摘している。

「株式日記」のアクセスログによれば、アメリカなどからのアクセスも数百件もあるので、英語通訳の説明もあるのでアメリカ地方議会関係者にもユーチューブの動画を紹介して欲しいと思います。「株式日記」も英語で発信出来ればいいのですが、最近ではフェイスブックやツイッターなどに紹介されて世界からコメントが寄せられるようになりました。一部の日記が英語に翻訳されて紹介されているのだろう。

西尾幹二氏の外人記者クラブでの論説は、従軍慰安婦問題がアメリカ地方議会に次々と対日批判決議が出されている事であり、日本国内での意見が一向にアメリカに届いていない事が日米関係をおかしくする原因になるのではないかと憂慮している。ニューヨークタイムズやロサンゼルスタイムズのようなリベラル新聞に抗議しても相手にはされませんが、ユーチューブで動画配信されたものを見てもらえれば、韓国の団体が言いふらしている「従軍慰安婦」が、いかにデタラメであるかが証明されるだろう。

外人記者クラブにおける欧米系記者たちの反応もおとなしいものであり、ニューヨークタイムズ紙のオオニシ記者はいたのだろうか? 特に興味があるのはナチスドイツ軍における「従軍慰安婦」問題であり、西欧には売春施設があったからドイツ軍はそれを利用したが、東欧諸国には売春施設が無く一般の女性を駆り集めて「従軍慰安婦」にした。しかしそれが問題にならなかったのももっと大きな犯罪行為が行なわれていたからだ。

軍隊における健康管理は重要な課題ですが、軍の兵士が性病にかかれば戦力の低下になる。第一次大戦ではドイツ軍の200万人の兵士が性病にかかり戦力の低下につながった。だから売春宿などで管理されたものとなり、性病検査で兵士への蔓延を防ぐ事は軍の重要課題であり、軍の駐屯地の傍には売春宿があるのが普通だった。

日本においても米軍兵士への慰安設備が整備されましたが、その慰安婦が20万人だった事は偶然なのだろうか? 米軍から区長などに慰安施設を要求されて慰安所が作られましたが、米軍兵士の性病の蔓延を防ぐにはこの方法しかないのだろう。西尾氏はこの例を挙げて日本軍の慰安婦問題が罰せられるのなら、米軍も同じように罰せられなければならないことを指摘している。

欧米人記者からの質問は、歯切れの悪いものとなり、西尾氏のように十分な論拠を持って反論すれば「いわゆる従軍慰安婦問題」は、日韓の外交問題になる事はなかったのでしょうが、「謝罪と賠償」利権を持つ一部の議員によって「河野談話」が発表されて、それが政府公認とされてしまった。韓国や中国では一度認めるとそれを根拠にさらに要求を吊り上げてくる。日本政府は政治決着のつもりで発表したのに、韓国政府は約束を守らず「河野談話」を根拠にアメリカ議会に働きかけている。

韓国人や中国人が約束を守る国民ならとっくに近代国家になっているはずですが、日常のビジネスでも韓国や中国では法律や契約や約束は守られない。北朝鮮問題でも援助と引き換えに核開発やミサイル開発を止めさせても北朝鮮は直ぐにそれを破って開発を続ける。韓国や中国の軍隊に規律も同じようなものであり、韓国軍はベトナムに参戦して、ベトナム人女性を暴行して数万人の私生児が生まれている。

株式日記と経済展望のTORAさんの意見

西尾さんとてもよかったです。外人記者はシーンとなっちったなーここまで説明しても日本悪玉論を信じてる外人さんは納得しないだ¬ろうけど、日本の意見・立場はある程度、理解されと思う。シナチョンの捏造宣伝戦に負けないためにも日本からの海外発信は¬今後も重要だ。国も動いて欲しいわ・・・

西尾氏のステートメントは、戦後史に残る歴史的陳述である。アメリカの欺瞞に満ちた態度を、戦後初めて、世界に、明晰に摘出¬した。欧米マスコミの反応が見ものである。恐らく、無視し、あるいは捏造キャンペーンを強化するであろう。¬後は、政府レベルで、命がけでこのステートメントを繰り返し発信¬する必要がある。

>貴方がたの父や兄が(日本で)何をしていたかを知り、恥を知れ¬¬!西尾先生よく言って下さいました。日本人は日本を取り戻すためにもう踏み出し始めた、ということを¬¬よくよく自覚して、このような発信をして下さる人々をしっかり¬と¬支えねばならない。声をあげて政府も動かして行かないとだめだ。何回も何回も意見を送ろう。

Dr Nisio is right.A comfort women is nothing more than a prostitute. The political propaganda of South Korea

米議会・慰安婦問題決議への憂慮

 
    米議会・慰安婦問題決議への憂慮
    ―日本外国特派員協会での意見陳述― 
        西尾 幹二
 

 2013年4月4日に日本外国特派員協会で次のごとき意見陳述を行った。外国メディア向きの昼食付き記者会見である。

 送られてきたペーパーには、「安倍総理大臣が河野談話の見直しの必要性について言及をしましたが、日本政府が今後どのように従軍慰安婦問題を含む歴史問題に取り組み、アジアの近隣諸国と向き合うべきなのか」と書かれてあった。

 従軍慰安婦問題は韓国タームと思われていたが、近年米議会が相次いで対日非難決議をするので、局面が大きく変わった。日本外交の壁をなしているのは今やアメリカである。

 与えられた時間は通訳を入れて約20分、私の持ち時間は多分その半分と見て、ターゲットをアメリカに絞って、用意していたペーパーに基き次のような話をした。アメリカ人特派員に聞かせるのが目的である。

 外務省がやろうとしない日本側からの反撃の狼火としてもらいたいとの切なる願いに発している。

===============(講演ここから)

 アメリカ合衆国は2007年7月30日下院において慰安婦問題決議を行い、この事件を(決議文一部抜粋)、

 Whereas the “comfort women” system of forced military prostitution by the Government of Japan, considered unprecedented in its cruelty and magnitude, included gang rape, forced abortions, humiliation, and sexual violence resulting in mutilation, death, or eventual suicide in one of the largest cases of human trafficking in the 20th century;

(日本政府による軍隊向強制売春である「慰安婦」システムは、その残忍さと規模において前例を見ることのない、結果に於いて四肢切断、死亡または自殺まで引き起こした強姦、強制中絶、侮辱のシステムであり、20世紀における最大の人身売買事例の一つである~)

と規定し、今年に入ってニューヨーク州議会上院、ニュージャージー州議会下院において同様の議決を行ったことは、許しがたい誹謗で、憂慮に耐えません。

 「慰安婦」という人たちは当時いました。世界には貧困のために、あるいは他の理由で、不幸にして自分の性を売らなければならなかった人たちはいました。しかし日本が国家としての権力を使って強制的に女性たちに性を売らせたという事実はありません。ましてや20万人に近い若い女性が拉致され、トラックに積まれて戦地に運ばれたなどという事実は荒唐無稽で、どこを探しても証拠は出て来ないのです。もし当時の朝鮮でそういうことが起これば、当然暴動が起きたでしょう。当時の朝鮮の警察官の8割までが朝鮮人でした。最初のウソが積み重なって、日本政府の弁解のまずさもあり、誤解の輪を広げました。アメリカ議会はこのことをしっかり再調査し、各決議を撤回していただきたい。

 そもそもアメリカに、あるいは世界各国に、戦争と性の問題で日本を非難する資格はありません。元都立大教授、東洋大学長の磯村英一氏は、敗戦のとき渋谷区長をしていて、米軍司令部(GHQ)の将校から呼ばれて占領軍の兵士のために女性を集めろと命令され、レクリエーション・センターと名づけられた施設を作らされました。市民の中には食べ物も少なく、チョコレート一枚で身体を売るような話も広がっていた時代です。磯村氏は慰安婦問題が国際的話題になるにつれ、自国の女性を米軍兵士に自由にされる環境に追いやった恥を告白せずにはいられない、と懺悔しています(「産経新聞」平成6年9月17日)

 温健な良識派で知られる日本芸術院長の三浦朱門氏は次のように記しています。

 

「また軍隊と性という問題としてなら、戦後の米軍が憲兵と日本の警察を動員して一定街路を封鎖して全ての女性の性病検診を行ったこと、その際、娼婦でない女性がまきこまれたことも書いてほしい。レイプもあった。

 事件のほとんどはヤミからヤミに葬られた・・・。」(「産経新聞」平成8年8月2日)

 パンパンとかオンリーという名で呼ばれた「日本人慰安婦」が、派手な衣裳と化粧でアメリカ兵にぶら下がって歩いていた風俗は、つい昨日の光景として、少年時代の私の目に焼きついています。米軍によるこの日本人慰安婦の数はおよそ20万人いました。

 『りべらる』というカストリ雑誌には、若い女性が特殊慰安施設に連れて行かれて、初めての日に処女を破られ、一日最低15人からの戦場から来たアメリカ兵の相手をさせられ、腰をぬかし、別人のようになったさまが手記として残っています。 

 「どこの部屋からも、叫び声と笑い声と、女たちの嗚咽がきこえてきました。」「二、三ヵ月の間に病気になったり、気がちがったりしました。」「これは何年にもわたって、日本全土にわたって行われたことの縮図だったのです。」(昭和29年11月号)

 日本をいま告発するアメリカ社会、キリスト教団体等は自分たちの父や兄が何をしていたかを知り、恥を知れと言いたい。

 日本政府はアメリカに謝罪と賠償を要求するべきです。もしそれができない、そのつもりがないというのであれば、日本も慰安婦問題についていかなる謝罪も賠償もすべきではありません。国際関係はなによりも相互性と公平公正を原則とします。

 アメリカは日米戦争において自国の正義を守るために、日本を残虐非道の国であったとしておきたい。さもないと原爆や東京大空襲をした歴史上の犯罪を正当化することができないのでありましょう。

 2007年以後のいくつもの米議会の慰安婦決議は、今まで親米的であり、戦後アメリカの反共政策に協力してきた日本の保守層(例えば私もその一人ですが)を苦しめ、苛立たさせています。今後この問題をアメリカが謙虚となり、取り下げなければ、無実の罪を負わされ傷つけられた日本人の感情は内攻化し、鬱屈し、反米的方向へ走り出す可能性があります。

 一番いけないのは日本をホロコーストを犯したナチスの国ドイツと同列に並べて裁こうとする余り慰安婦問題を針小棒大に描き出すことです。

 ここに重要なドイツ語文献、フランツ・ザイドラー『売春・同性愛・自己毀損―ドイツ衛生指導の諸問題、1939-1945』という本の表紙と目次のコピーをもって来ました。完璧な国家売春を行っていたドイツの実態、衛生管理、売春宿経営、一般女性の拉致監禁が科学的に報告されています。                 

 ナチ管理下の売春では人種問題が困難で、ドイツ人士官や 党幹部がユダヤ人女性と性交すれば死刑でした。あらゆる点で西欧と東欧では対応が違っていて、オランダやノルウェーなどでは公娼制度が施設として利用されました。しかし東欧やソ連地区では公娼制度が存在せず、ドイツの前線司令官はなかば強制処置をもって売春婦になる少女たちをかき集めました。

 それでもドイツの慰安婦問題がなぜ話題にならなかったのかといえば、ナチスのそれ以外の犯罪が余りに巨大で、極悪で、影がかすんでしまったのです。ホロコースト、殺人工場、人体実験、不妊断種手術、安楽死政策というナチスの犯罪と比べれば、世界中大昔からどこにでもある「軍隊と売春」の犠牲者の悲劇は一線に並べることもできません。

  日本の戦争をドイツの戦争と同じようにとらえ、ホロコーストもしていない日本をドイツと同じように扱うために慰安婦問題を大げさに言い立てるのは余りにバカげています。ほとんど大笑いするほどバカげたことです。韓国はベトナム戦争に参戦し7000人―2万人の私生児を残してきています。

 中国雲南省の最前線で米軍に追いつめられたある日本部隊は、隊内にいた朝鮮人慰安婦を、お前たちは生きて帰れと米軍側に引き渡し、日本人慰安婦は兵隊と共に玉砕した、という事件もあります。日本の兵士たちは武士道をもって戦ったのです。 
              

「戦争史観の転換」への読者の声

普段あまり見ないのだが、『正論』5月号連載第1回へのアマゾンの論評二篇がかなり的確な内容だったのに気がついたので、転載させていたゞく。まあ、大体こういう方向であるが、読者からの期待の声としてありがたく拝読した。二篇の内容指摘は重なっているが、よく読むと少し違うところが面白い。

 今連載の第二回目を書いているが、ずっと先までの見通しは立っていない。「衛星から見ているような鳥瞰的視点」と一定の短い時間内を詳しく描く虫めがねの視点とをとり混ぜて行きたいと考えている。

 By閑居人

「正論」40周年記念連載として、西尾幹二氏の「戦争史観の転換ーー日本はどのように『侵略』されたのか」が、これから30回、2年半かけて長期連載されることになった。その第一回にあたる今回は「第一章 そも、アメリカとは何者か?」である。
恐らく、今回の文章は、全体の「プロローグ」に当たる部分だろう。西尾氏は三つの命題を予め提示する。
第一命題 「アメリカにとって国際社会は存在しない。ワンワールドである。」
第二命題 「『救済』という使命を持つ国家アメリカは、ヨーロッパなどの『旧世界』を退廃ととらえ、アメリカが作る『新世界』が 純潔であるという信念を持つ」
第三命題 「基本的に植民地を持たない。金融・投資(ドル)と制空権(軍事力)という脱領土的世界支配という方式で支配する」 
多分、この三つの命題は、主題や対象を変えながらも、繰り返し現れて主旋律を奏でることになるだろう。

世界史上、「世界的覇権国家」となり得た国家は「モンゴル帝国」と「アメリカ」しか存在しない。「モンゴル帝国」は、ユーラシア大陸の大半を占領し、東アジアに「元・清」、東ヨーロッパ草原に「キエフ公国・ロシア」、中近東に「オスマントルコ帝国」、インドに「ムガール(モンゴル)帝国」をつくった。地政学で言うハートランドからの進出に対して沿岸に追い詰められた辺境諸国は、海に活路を見いだした。大航海時代である。ポルトガル、スペイン、オランダそしてイギリスが海上覇権を握った。
20世紀、アメリカは二つの大戦を経て、「腐敗したイギリスに代わって」、七つの海を支配する海洋国家として世界に君臨した。1991年の「ソビエト崩壊」後は、唯一の世界覇権国家として生存していくことを国防会議で決定した。(この経緯は国際政治学者伊藤貫氏の著作に詳しい。アメリカは一国覇権主義をとり続け、ロシア、中国、日本、ドイツを「地域覇権国家を目指す潜在的敵性国家」として見なし、注意深く力を削ぐことにした。)

また、今回、西尾氏は、これから語ろうとすることの本質の幾つかを提示している。一つは、「歴史を変化の相の下に見る」ことである。アメリカが当初から現在のような世界観で統一されていたわけではない。当初は、おずおずと、迷いながら、国際社会に踏み出し、戦争をするたびに大きく変質していった。第二次大戦でも、「戦争の初期と終わりごろとでは、アメリカの戦争の仕方、内容、規模ががらっと変わっていた」戦争の始まりは、第一次大戦の戦争文化だったが、「1943年以降、アメリカの戦争はがらりとその様相を変えた。酷薄で無慈悲になった」(58~59ページ)
次には、「権力」パワーの問題がある。戦勝国の「権力」をつくるものは「剥き出しの暴力」である。しかし、国際政治の大枠が決定されると、次には「権力の正当化」とそれに対する「対抗的パワー」との間で次の局面に向かおうとする情報戦、宣伝戦が始まる。
多分、アメリカについてまとまったことを語ることは、西尾氏にとって今回が最後になるだろう。西尾氏が切り開こうとする知的世界に、一読者として期待するばかりである。

By 海 (宗像)

西尾幹二の連載が始まった。
第一章 そも、アメリカとは何者か?である。
10頁であるが鳥瞰的というより衛星から見ているような視点でありイデオロギーから超越した爽やかさを感じる。

日本の歴史は2000年、この列島に住み始めてからはもっと遙かに1万5000年。そして、アメリカ先住民とは多分、同根である。その地に僅か350年程前異変が起こった。
把握し難い系列の人種の出現、自然信仰でない別系統の一神教徒集団の出現である。厄介な異質集団が押し寄せて来た。

アメリカとは。
第一に、 アメリカにとっては国際社会は存在しない。アメリカという一つの世界がある。
第二に、 旧世界(ヨーロッパ)の頽廃に対して新世界(アメリカ)の純潔という自己認識。
第三に、 基本的に植民地を持たないことを国是としていた。そのため、脱領土的な世界支配つまり、制空権や金融による他者の遠隔コントロール方式である。

アメリカは、戦争する度に姿を変える国である。
戦前の日本人は、アメリカが好きだった。アメリカびいきであった。
そして、第二次世界大戦の始めと終わりではアメリカの姿勢、立つ位置もすっかり変わって別のアメリカになっていた。
だから、「何故、負けると分かっていた戦争をしたのか」というのは、意味をなさない。
1943年以降は、集中砲火、絨毯爆撃等酷薄で無慈悲になった。現代の無人攻撃機の先駆をなすB29による戦争の機械化を始めた。アメリカは、次々と変化する。そして、今ではアメリカ本土からのボタン化、ゲーム化、遊戯化が起きている。
350年前に出てきた集団がなんでそこまでするのよ、という事である。
私たちは、空間拡大や移動を求めない、余分な狩りをしない民族であったが、彼らは追いつめ息の根を止める。
アメリカは、繰り返し戦争をし、戦争の度に大きくなり国家体質を変えた。それも戦争の真っただ中で。これにはヨーロッパも追いついてはいけない。
「戦前のどこが悪かったか、間違っていたか」という人がいるがそれは、虚しい。
それ以前から、歴史の進行はほぼ、決まっていたのだ。

続篇に期待したい。

つくる会の本の出版決意

ゲストエッセイ

鈴木敏明

 去年、私は自分のブログで「新しい歴史教科書をつくる会」、通称「つくる会」の本を書くと宣言しました。さっそく書き上げ、原稿を出版社(A)に提出した。出版社から原稿がまるで「つくる会」の広報誌みたいだと言われました。そこで原稿を書き直し再度(A)出版社に提出した。その結果を数ヶ月待たされた。やっと出た結果は、(A)出版社は、出版する本が6千冊から8千冊ぐらい売れそうもない本は、出版しないことが社の規定になってしまったと断られてしまった。私みたいな自称定年サラリーマン作家は、売れる見込みがないといわれるとどうしても弱い。そこで同じ原稿を(B)出版社に持ち込みました。(B)社の結論は早かった。「昔はつくる会も人気があったが、いまはあまり話題にもならないし、人気が昔ほどではない。本を出版してもあまり売れないでしょう。」と言うのです。それでも、もし私が出版費用の一部を負担してくれれば出版してもいいという返事でした。出版費用の負担額を聞くと、なんとかやれそうなのです。

実は、今年の1月12日に、私のブログに「ついに英文翻訳完成」という記事を出しました。そのブログに書いていますように、私とは縁もゆかりもない鎌倉在住の渡辺氏が、私の大作、「大東亜戦争は、アメリカが悪い」の英文翻訳に参加し、出版費用の半分を持ってくださるという宝くじに当たるような幸運があったのです。その浮いた半分の費用で「つくる会」の本を出版することにしたのです。それではなぜ自分のお金を使ってまでも「つくる会」の本を出版しようとしたのか。私は「つくる会」の一会員として日本の保守陣営に対する激しい義憤を感じるからです。例えば、

1.「つくる会」を乗っ取ろうとした主人公、八木秀次氏を筆頭に6人の学者、先生たちは、「つくる会」に何をしたのか。産経新聞と産経新聞記者、渡辺浩氏は、「つくる会」に対してどういう記事を書いてきたのか、宮崎正治氏は、「つくる会」の事務局長だった。彼は日本会議会員、その日本会議の大幹部、椛島有三氏や小田村四郎氏と宮崎氏の三人は、「つくる会」に何をしたのか。

八木秀次会長、種子島経会長や小林正会長は、なにをしたのか。「つくる会」の教科書を出版していた扶桑社は、なぜ「つくる会」の教科書出版を止めたのか。あるいは新規の出版社、育鵬社は「つくる会」に何をしたのか。この事は、古い会員の一部は知っていても、私を含む多くの正会員は、あまり知らないか、ほとんど知らないのです。この時「つくる会」を去っていった会員たちのほとんどが、詳細も知らず、内部分裂とか内紛などと言って去っていったのです。会員でない人たちには、「つくる会」が内紛を起こしているらしいというような状勢だったのです。しかしこの一大騒動も、「つくる会」の一大使命である素晴らしい歴史教科書や公民教科書をつくり、それらを日本中の中学校で学ばせるという目的を理解した会員、中でも特に東京支部を中心とした首都圏支部の会員たちの奮闘のおかげで、私利私欲にかられた不埒な学者、先生たちを追い出す形になり、「つくる会」と教科書の独自性を死守したのです。もし独自性を保てなかったら「つくる会」は「中国社会科学院日本研究所」と協力関係となる恐れが十二分にあったのです。

2.二年前の教科書採択戦時、「つくる会」は、育鵬社の歴史教科書が「つくる会」の歴史教科書の盗作をしていたのを知っていた。しかし実情では、どの程度の盗作があるのかわからないので、採択戦後にていねいに調査した結果、育鵬社は、「つくる会」の教科書の47ヵ所を盗作していたことがわかった。そこで「つくる会」は育鵬社側に手紙を書き、話し合い解決の場を求めました。しかし育鵬社からは、ほとんどなにも回答らしい回答はありません。現在、中学生が育鵬社の盗作教科書を学んでいるにもかかわらず、メディアは一切報じません。有名な保守知識人も誰一人一切語ろうともしません。それどころか左翼が得するだけでなにも得にもならないことになぜ熱を上げるのかと「つくる会」を非難する保守の人々も沢山います。

そこで「つくる会」は、直接自ら編纂して「歴史教科書盗作事件の真実」というタイトルの本を自由社から昨年10月末に出版し、記者会見もした。それでも新聞の小さなベタ記事になり、育鵬社の盗作否定を報じただけ。育鵬社の教科書を支持した保守知識人は、数え切れないほど沢山いました。その彼らの全員が一言も語らないのだ。育鵬社のバックにあるフジサンケイグループが恐いのでしょう。いつも日本人はいざとなると論理的な行動ができず、情緒的に行動しようとするのではないでしょうか。戦前の話に飛びますが、関東軍の起こした満州事変は、日本陸軍の軍法違反で起きた事件です。ところ大成功したため、軍事裁判にかけられるどころか、昭和天皇に誉められ、石原莞爾ら首謀者は、ほとんど昇進。このことが大東亜戦争に悪影響をあたえたことが知られているのです。47箇所の盗作歴史教科書を書いた執筆者は、有名人ばかりです。伊藤隆(東大名誉教授)、八木秀次(高崎経済大学)、渡部昇一(上智大学名誉教授)、渡辺利夫(拓殖大学学長)、石井昌浩(元拓殖大学客員教授)、岡崎久彦(元駐タイ大使)などです。実際に彼らが直接書いたわけではなくても責任があります。育鵬社は、教科書ビジネスとしては成功したかもしれませんが、歴史教科書の大盗作という大スキャンダル事件を起こし、責任者を一切追及することなく、謝罪さえもせず、なにもなかったことにしてすまそうとしています。はたしてそれで良いのでしょうか。将来の教科書業界に悪影響及ぼすことが心配されます。

3.育鵬社が保守派の教科書として歴史教科書、公民教科書に進出すると聞いた時、私たち「つくる会」の会員は、保守系教科書の共存共栄と喜んだものです。ところ八木秀次氏は、「つくる会」の会長の時、「つくる会」の執行部には内緒にして秘密裏にシナのスパイ網の一組織といわれる「中国社会科学院日本研究所」を訪問し、歴史認識をめぐって会談しているのです。その後、「中国社会科学院」の歴史研究者が日本訪問したりして八木氏らとの交流が続いているのです。「つくる会」の藤岡信勝氏は、二度にわたって月刊誌「WiLL」に八木氏らの行為はスパイ活動だと非難していますが、その非難を明瞭に否定する回答がありません。育鵬社側のスパイ活動もこの「WiLL」による二度の報道以外に語られることはありません。保守どうしけんかして得するのは左翼ばかりということで、盗作という違法行為とスパイ行為という不道徳行為を見逃そうとしているのです。その八木秀次氏が、今度の第二次安倍内閣が作った「教育再生実行会議」のメンバーの一人に選ばれるとは仰天に値します。

この度、出版する本は、この三点だけを書いているわけではありませんが、とりわけこの三点には、私は義憤を感じるのです。それだけに詳細に書き、多くの読者に訴えたいのです。特に「つくる会」を去った人たちの中には、反「つくる会」行動にでた人たちの言動に惑わされた人も多いいと思います。ぜひこの本を読んで、入会時のような国に対する熱い思いを思い出し、再入会して欲しいと思っております。最近、高校の日本史教科書の自虐史観ぶりがひどいと聞いております。「つくる会」の存在感はますます高まっています。「会員」が減ると資金力が足りなくなり、教科書出版の可能性がなくなります。

是非読者の皆様も入会していただけたらと思っています。私の本は今年の6月前後に出版されます。本のタイトルは、本の原稿を書くよりむずかしく、まだ決まっておりません。出版日が決まりしだい。また連絡いたします。

最後に「つくる会」は、日本全国の私のような小市民の方が日本の歴史教科書や公民教科書の内容を改善しなければだめだと自ら立ち上がって行動している団体です。資金力も少なく、それだけに吹けば飛ぶような存在かもしれません。その「つくる会」を、日本の保守言論の雄である一流マスコミや一流保守知識人がグルになって「つくる会」を乗っ取ろうとしたり、潰そうとしたり、大盗作したりして私たちを翻弄しているのです。怒りを示す私が悪いのか、何事もなかったかのうようにすましてしまおうとする現在日本の保守陣営が悪いのか、読者に判断してもらいたいと思っています。一寸の虫にも五分の魂。「つくる会」は、これからも戦い続けます。

文章:鈴木敏明

新刊『中国人に対する「労働鎖国」のすすめ』


中国人に対する「労働鎖国」のすすめ 中国人に対する「労働鎖国」のすすめ
(2013/04/02)
西尾幹二

商品詳細を見る

 目 次
第一部 中国人に対する労働鎖国」のすすめ(2013年)

第一章 日本文化が壊れる
第二章 中国人とはどういう民族か
第三章 東京が「中国の首都」にならないために!

第二部 「労働鎖国」のすすめ(1989年)

第一章 労働者受け入れはヒューマニズムにならない
第二章 世界は「鎖国」に向かっている
第三章 知識人の「国際化コンプレックス」の愚かさ
第四章 日本は25億のアジアに呑み込まれる恐れがある
第五章 「労働鎖国」で日本を守れ!

あとがき

飛鳥新社¥1500+税
4月2日に店頭に出ます。

 もう二十年以上前になりますが、ベトナム人が中国人を粧って船で大挙渡来したことがあり、あの頃私は『労働鎖国のすゝめ』という本を書きました。外国人単純労働力を受け入れるか否かが論じられていた時節で、この本は歯止めに多少とも役立ったと考えています。

 時代が替わり、近頃は中国人が怒涛のごとく押し寄せて来て、定住者は在日韓国朝鮮人を上回る数です。二十年前の本は復刻の必要があるといわれ、ご覧のように「中国人に対する『労働鎖国』のすすめ」という新しい稿を加えて一冊にまとめてみました。

 あのときもそうですが恐らく今度も人種差別とかレイシズムとか非難されるでしょう。「中国人に対する」と限定した前半の文はことに論難の対象とされるかもしれません。しかしこれは今や高度の政治危機の問題で、そんな呑気なことは言っていられないのではないでしょうか、と私はいま判断しています。皆様のご賢察をお願いしたい次第です。

 尚本文中に約十ページにわたり、私がすでに関与していない「新しい歴史教科書をつくる会」が中国人スパイ事件によってこうむった混乱の歴史とその最近の動きに対する若干の私見を付記したことを、末筆乍らお知らせしておきます。

 『正論』5月号にさっそく書評がのっています。最近ご活躍めざましい坂東忠信氏の書評です。