お知らせ

「坦々塾 秋季特別研修会」を、11月26日(土)に、四ツ谷地域センターにおいて、下記の要領で開催することとなりました。
 皇室・宮中祭祀等に関する研究の第一人者とされ(葦津珍彦先生の没後の門人でもある)斎藤吉久先生をお招きし、「今上陛下の「譲位」の思召し、その御真意と国民の責務」と題してご講演をいただき、質疑応答・相互の意見交換をいたします。お一人でも多くの皆様のご参加をご期待申し上げます。

 また今回は、一般(非会員)聴講希望者のお席も「30席」設けて、先着順にご参加を申し受けます。是非奮ってご参加下さい。
 そして、研修会終了後に、近傍のホテルで、講師斎藤先生と西尾先生を囲んでの懇親会も開催いたします。(一般聴講者のご参加も歓迎いたします。)

 以上、会員の皆様、一般聴講者の皆様の奮ってのご参加とご高論を大いにご期待申し上げます。

1.研修会・懇親会の日時・会場
(1)研修会 日 時 : 11月26日(土)16:00~18:45 (受付: 15:30~)
  16:00~16:30 挨拶・講話(西尾幹二先生)
  16:30~18:00 講 演(斎藤吉久先生)
            18:10 ~18:45 質疑応答・相互意見交換
(2)会 場 : 四ツ谷地域センター12階 「多目的ホール」
(東京メトロ 丸の内線「新宿御苑前」下車 徒歩5分 )
  yotuya1 
(3)懇親会 日 時 : 同日 19:00~21:00
会 場 : ホテルウィングインターナショナルプレミアム東京四谷
(四ツ谷地域センターから 徒歩5分 アクセス 別添)

(4)会 費: 研修会 1.000円  懇親会(立食パーティー) 6.000円
 
(5)お申込み: 「研修会・懇親会ともに出席」 又は 「研修会のみ出席」をご明記の上、11月25日(金)までに、事務局(小川)(℡ : 090-4397-09087 FAX:03-6380
         -4547  E-mail : ogawa1123@kdr.biglobe.ne.jp) までお申し込み下さい。
(ただし、一般聴講者の皆様につきましては、30席受付が満員となり次第 〆切とさせていただきます。)

                       西尾幹二坦々塾事務局 小川揚司 拝

 追 伸 : 恒例の坦々塾新年会(西尾先生のご講演と懇親会)を、来年1月21日(土)午後に、水道橋の「内海」で開催する予定でおります。詳細につきましては、西尾先生の
 「年頭メッセージ」に添付させていただきますが、先ずは斯く予告申し上げます。

yotuya2

「お知らせ」への5件のフィードバック

  1. 幹二先生、こんにちは!

    中国の陳砦 や、都市の再編成は戦争準備ですよ。

    経済云々と言いながら、要所を抑える。

    以上。

    16.11.26 ,. 14:30 子路 .

  2. 齋藤先生の御講話の趣旨とは直接關係ありませんが、西尾先生があとで
    指摘された「天皇陛下は憲法を守ると仰せになつた。然るに、今囘の
    やうに、即憲法違反に通じることをおつしやる。國民は戸惑つてゐるのだ」
    とのお言葉が私にとつて全てです。
    もつとも、先生はお優しいから言葉を柔げられたので、御自身は戸惑つて
    などをられますまい。「あの程度だ」といふことは、常々分つてをられるに
    違ひありません。

    我々は政治家の愚かしい言動に屡々腹を立てます。あるいは、マスコミの
    救ひがたい輕佻な生態にうんざりして、輕蔑します。しかし、それらはいづ
    れも、我等馬鹿國民のレヴェルをほぼ正確に反映してゐることに、すぐに
    氣づき、絶望し、苦笑して、默り込んでしまひます。

    しかし、皇室だけは別であつて欲しい。我等がいかに淺ましく卑しからうが、
    それに超然として、これを仰ぐ我等を清めて下さる存在であつてあつて欲
    しいとは、皆の願ひでせうが、どうやら、それは無理のやうですね。皇室は
    世の中から完全に隔離されてゐるわけではない(外の俗物どもが這入り込
    むことを禁じることはできません)のですから、こちらの風潮がなんらかの形
    で傳はり、それに染まるのは當然でせう。嘗て世間を風靡したマルクシズム
    が兵營の厚い壁を通して、中に浸み、多くの軍人が赤化した如く、WGIPの
    政策がお壕を越えて中の人達に感染しても、不思議はありません。

    天皇陛下は、屡々「日本國憲法を遵守し」とおつしやるし、皇后陛下は最
    近、級A戰犯とふ言葉をお使ひになつたとか。やんぬるかな。

    齋藤講師の天皇に關する本質論には感銘を受けました。陛下は皇居内
    で、米、粟の2種類を栽培なさつてゐるとは、初耳でした。これには、ひょ
    つとすると、日本人がもとは單一民族ではなかつた證左かもしれない、な
    どと考へさせられます。それらを統合融和させる存在でありつづけた天皇。
    現状の如何にかかはらず、天皇・皇室は日本にとつて、絶對に不可缺で
    すね。今上天皇について、神武天皇の血を引いてをられる故をもつて、私
    は尊崇します。
    日本國憲法にいふ「象徴」とはなんにことやらさつぱり分りませんが。56年
    前、福田恆存は「象徴を論ず」に於て「象徴とは何か、自分には分らない。
    分つてゐる人がゐたら教へてほしい」と書きましたが、爾來、私も納得でき
    る説明に接したことは一度もありません。

  3. 象徴とは、

    慈愛、

    学は三余、

    時は重ねて至らず。

    *

    君よ、散る花を、追うことなかれ、出る月を待つべし。

    以上。

    16.12.08 , 09:54 .

    子路 ,.

池田俊二 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です