坦々塾研修会・懇親会 ご報告②

ゲストエッセイ
吉田圭介

坦々塾研修会は続いて西尾先生のご講話「二つの病理・韓国の反日と日本の平和主義」に移りました。 冒頭、先生は会場到着が遅れたことを詫びられ、体調に何が起こるか分からず予定が立てにくい現状を述べられましたが、但し健康状態は至って堅調であり、ご友人のお医者様からも「100人に1人の強運」と評されたエピソードを語られました。

 数年前の大病を乗り越えられたご自身について先生は、「なぜ上手くいったのかは分からない。ただ、病気についてあれこれ情報を漁ったりせず自分でも驚くほど無関心でジタバタせずに居たことが、逆に良かったのではないか」と振り返られ、「それは腹が据わっていたというわけではなく、目の前の課題・執筆・思索に追い立てられているうちに時間が経過していっただけだが、神経の奥深くに不安があって、思いもよらぬ場面でコントロールが効かないこともあった」と、ご自身の心理を分析されて、この体験は整理して文字にしないとなかなか理解できないので闘病について本を執筆したい、タイトルは『運命と自由』としたい!と、話を纏められ、会場からは大きな笑いと拍手が起きました。

 坦々塾に参ずる者として、先生のこういうご近況を伺うことは何より嬉しいことであり、また、改めて先生の使命感・精神力そして自己を冷徹に分析・理解しようとする深淵な知性に感銘を新たに致しました。

 つづく本題に入るに当たって先生は、ご自身の韓国に対する印象について、竹島の日が制定された際、すでに実効支配を確立しているはずの韓国が朝野を挙げて大騒ぎをし、大統領令まで発して竹島に大型対空砲を設置したのを見て「おかしな国だなぁ」と感じたことを挙げ、日本人としてはまるで講談社の絵本に描かれていた大地に張り付けられたガリバーがちょっと腕を一振りしただけで小人が大騒ぎしている場面を見るような感覚だったと、先生らしいユーモア溢れる例えで表現されました。

 そしてそれは韓国人が竹島の領有権は本当は日本にあるということを知っているからではないか、その事実を伝えるTV番組やインターネット情報は世界中に溢れており韓国人が知らないはずがない、松木氏の紹介した『反日種族主義』が韓国内で何十万部も売れるのもそのためだろう、と分析され、韓国人が問題にしているのは事実そのものではないのではないかと考察を進められました。

 すなわち、領有権についての客観的事実ではなく、領有権問題について日本人が沈黙し忍耐している姿こそが韓国人にとって最も腹立たしいことなのであり、韓国人は日本人が興奮して韓国国旗を焼き日本の小学生が熱狂して竹島の歌を歌う有様が見たいのであり、要するに日本人に韓国人のコピーをさせたいのに、日本人が静かに白けて大人が子供の相手をするかのような態度を取っていることが「韓国人を深く深く傷つけているのですよ...」と、先生がしみじみとした調子で仰ると、会場からはまた大きな笑いと拍手が起きました。
日本人の、自信を持った無視の態度が韓国人を怒らせているのであって、「竹島は日韓両国の『友情の島』にしよう」と言った朝日新聞論説主幹や、竹島の日の設定を非難した東大総長のような、「譲って与えてやる」という意識に基づく姿勢を韓国人は最も侮辱に感じているに違いない、という先生の分析は、真に公平で普遍的・人類的な視点に立つ西尾先生ならではのご発言と感じました。

 さらに先生は、朴正熙大統領狙撃事件の際、犯人の北朝鮮工作員が逮捕されたにもかかわらず当時の木村敏夫外相が「北朝鮮の軍事的脅威は無い」と発言したことに対し、韓国市民が日の丸を燃やし指を切断し大統領が国交断絶まで検討した事例を挙げ、全く無関係な原因も状況も異なる事象に対してでも、日本が関わるという一点だけで感情の激発が起こる韓国人の心理は病的心理としか言いようがない、と首を傾げられました。
これは世界でも例外的な特殊な事例で、フランスとアルジェリア、オランダとインドネシア、あるいはイギリスと旧植民地との間にも見られぬものであり、そもそも日本の行ったことは植民地化でも保護国化でもなく併合であって、比較するのであればハワイやチェコスロバキア等であるべきなのに、韓国が支配・被支配、抑圧と残虐のドラマを勝手に作り上げていった結果、説明不可能な、お互いにどうしたら良いか分からないような状況になってしまったことは、日本にとって不幸なことだ、と先生は韓国の反日の現状について纏められました。

 ここで先生は演題である『二つの病理』を改めて提起し、日本と韓国の病理は方向性こそ正反対だが世界から見れば同じようなもの、それどころか日本の平和主義は韓国の反日病理以上におかしいのではないか!と、二つ目の主題に話を向けられました。
韓国問題でも発現した日本の沈黙と言葉の無さ、主張や反撃の意志の無さが問題を悪化させているのであり、大使の召還などではとても間に合わないこと。慰安婦問題を例にとれば、日本国民が切望する本質的な一点は韓国人を説得することでも経済活動を威圧することでもなく、20万人の無垢な少女が日本軍によって拉致・監禁され性奴隷にされたと国際社会に喧伝されてきたことを打ち消すことにあり、20万という数も軍関与という嘘も日本人は絶対に許すことができないのだということ、先生ご自身が半世紀前フランクフルター・アルゲマイネ紙に掲載された記事を見て憤激して以来、そのことをずっと指摘し発言し続けてきたが、事態は改善されず虚報は各国の教科書に載りユネスコに登録され、それに対して日本の外務省が本気で戦った姿を見たことは一度もないこと...を挙げられ、「私はもう疲れてしまった。何も反響が無いのだから」と、ご自身の率直な心情を吐露されました。「外交官が命を賭して戦うべきは事実ではない国際的汚辱を雪ぐことであって相手国と上手く交流することなどではありません!」という先生の怒りの叫びは、心からの憂いと無念さに満ちたものに感じられました。

 続いて先生は、2015年にユネスコにおける明治日本の産業革命遺産の登録にあたって孤軍奮闘した加藤康子氏とのエピソードを紹介されました。加藤六月元農水相のお嬢さんである加藤康子氏は、内閣官房参与として遺産登録の中心的役割を果たした方で、西尾先生は「驚くべき精神的パワーを持ち、たった一人でユネスコに政治の嵐を巻き起こした女性」と絶賛し、加藤氏が登録推進にあたって立ち上げた委員会に参画された際の体験を踏まえて、話を進められました。

 すなわち、そもそも明治の産業遺産は韓国併合よりも前の時代のものであって非難は筋違いであること、遺産登録の委員会がドイツで開催され、大挙して押しかけた韓国人のプロパガンダをドイツが応援する状況下であったこと、中国とドイツは反日国家群と認識すべきであること、委員会に臨んだ日本の外務省は登録だけを全てに優先させ、日本国の国益と名誉を守るという観点はおろそかであったこと、その結果「強制」という言質を取られてしまい、「端島(軍艦島)はアウシュビッツ同様の強制収容所」という韓国側のプロパガンダイメージを認めさせられてしまったこと等々...。さらに、謝罪と「軍の関与」という国益と名誉に係わる点をあっさり譲歩し、慰安婦像の撤去という譲れない点については文書化すらしなかった岸田外相による慰安婦合意の失敗を挙げ、ひたすらトラブルの回避を優先し交渉の妥結だけを目的とする姿勢こそが、日本外務省の交渉態度引いては日本人の対外折衝一般における構造的欠陥だ、と喝破されました。

 先生は「韓国は交渉のゴールポストをよく動かす」という加藤氏の言葉を引用し、日本側が一定の譲歩をすると次の課題を繰り出してくる強請や集りのような韓国のやり方に日本側がいつもむざむざと乗せられてしまう一番の原因は、日本人が交渉において最初から自分の意志を明確にせず、常に双方の歩み寄りを前提にし彼我の主張の真ん中を設定したがるからなのだと解明されました。慰安婦問題のように、真実は動かすことができず絶対に譲れない妥協できないケースも有るのであり、そんな交渉で真ん中を設定することなど不可能で、それをやればおかしなことになるに決まっている、バカじゃないだろうか?問題の根本的解決ではなく相手との妥協点ばかり索めようとする日本外務省こそがゴールポストを動かしているのだ!と先生は断じられました。

 慰安婦合意がアメリカの関与・承認を得て行われたことで「国際合意を踏みにじる韓国」という形勢を確立できたことが現在の日本政府の韓国に対する強い態度を齎しているのであり「無駄ではなかった」と、一定の評価をしつつも、「ありもしない犯罪を外国からのちょっとした圧力ですぐに認め、謝罪し、賠償まですることは、国民の未来を裏切る行為です」と、沈痛に述べられる先生の姿が強く心に残りました。

つづく

「坦々塾研修会・懇親会 ご報告②」への8件のフィードバック

  1. 西尾先生の多くの著作に目を通し、そのご意見に心服し、心から尊敬申し上げていますが、誠に失礼ながら率直にいって、ここでのご発言は、100%賛同しつつ、故ブリュッセル氏の云う居酒屋の宴会やごまめの歯ぎしりに聞こえます。先生の数々の本の公刊、ご発言にも拘わらず、作る会の歴史教科書に中国を「共産党政権」と書くと検定を通さない、中国の出入りを許し中国ウイルスの蔓延を国内に促す日本は最早反日国家です。加藤靖子氏のような快挙は稀で、事態は悪化の一途を辿っています。処方箋は真正保守政党を立ち上げて拡大することに尽きます。これ以上の先生はじめ保守思想家の御発言、行動に結びつかない言論は無力で無益です。昨日、「維新の源流、水戸学」を拝読しました。藤田幽谷は後期水戸学の思想家ですが3度死を決する行動家でもあったことを知りました。

    1. 矢口様
      毎日ここに来ているわけではないのでご質問に気付きませんでしたが、答えは、「参加はできないが共闘の用意はある」です。いきなりのご質問ですが、質問の趣旨、矢口様の御立場を披歴することがマナーでしょう。たしか西尾先生のお考えも「自民党の右に政党を建てる」ことが現状打破、救国の唯一の手段です。救国統一戦線は人のえり好みを言っていては出来ません。西村氏や田母神氏は何をしているのでしょう?山田氏や青山氏の国会質問には迫力がなく、とても日本の尊厳を守る勢力にはなれません。自民党は、壊すか、従わせなければ戦後体制は変わりません。水島氏であろうが誰であろうが少なくも日本の尊厳と国益を第一に考える真正保守の旗を立て、保守勢力を糾合して、国会に議席を拡大する政党が生まれない限り日本は地獄に堕ちます。昨日、以前拙ブログで叩いた読売のナベツネ一代記のテレビ番組を見ましたが図らずも彼が中曽根と並んで戦後日本をダメにした元凶の一人であることと戦後自民党政治の実態が暴露されました。90代ですのでやがて居なくなりますが御厨など後釜がゴマンと生まれて居て、このままではナベツネの日本が続くでしょう。西尾先生の目の黒いうちに真正保守の新政党を作らなければ日本に未来はありません。これが今現在の「国家の行方」であり、これを阻止するのに、知識人や国民の真贋を試している暇はありません。昔から国民の殆どは武漢ウイルスやちり紙を心配することはあっても、食い物の美味い不味いに感心はあっても、歴史を知らず国の命運に無関心です。

  2. 「国家の行方」を読む

     平成元年(1989年)五月から現在まで、百一篇に及んだ産経新聞コラム「正論」論文をテーマ別に七章に分けて編年体に編み、力の籠った序文「問われているのは日本人の意志」が書き下ろされた。
     読み進むうちに、自ずと湧き上がるのは三十年前からの所説が現在でもそのまま当てはまるという驚きである。そしてこれは恐らくは現代最高の政治的叡智の書であるという実感である。何よりもアメリカ政府を始めとする各国の意図を、また、意志を発動することのない日本政府と国民の心根を常に正確に見抜いている。国際秩序の構造を透視し、その流動化が日本にもたらす条件の変化と脅威の様相を恐ろしいほどに見通している。
     また、各篇を追っていて痛感するのは、米国政府の無節操な一貫性のなさである。北朝鮮との一切の話し合いに応じないと言っていたブッシュジュニアは、一ヶ月すると話し合いはするが交渉はしないに変わり、さらに翌月平成十五年一月には、北が核開発をやめたら食糧やエネルギー援助を与えると宣言した上に、軍事侵攻はしないという約束を文書化するとまで変節する。それでいながら、北に拒否される。北を丸裸にするハルノートとも言うべき侮辱的な要求を突きつけたにもかかわらず、それは米国の強さから出たものでなく自らの手詰まり状態を暴露するものとだという弱みを握られるはめになる。これが北を「悪の枢軸」と言った大統領の体たらくである。
     しかし既に西尾氏は、米国の出鱈目は国際政治の常態だと言っている。
     「イラクのフセイン元大統領は処刑され、彼と同程度の国際テロを繰り返した北朝鮮の金正日総書記は、処刑されるどころか、テロ国家の汚名をそそいでもらい、金品を授与されるという。米大統領はその政策を『良い最初の一歩』と自画自賛した。目茶苦茶なもの言いである。ここまで来るともう大義も道徳もなにもない。
     私は米国を政治的に非難しているのではなく、もともと目茶苦茶が横行するのが国際政治である。米国に道理を期待し、米国の力に一定の理性があると今まで信じていた日本人の依頼心を早く捨てなさい、さもないと日本は本当に危ういことになりますよ、と訴えているのである」(p240-241)。

     緊迫する東アジアの情勢下、問題は「日本に打つ手がないことだ。昔の時代はなにひとつ参考にならないのに、状況は(日清戦争勃発の)百年前に少しづつ似ている」(p117)。
    「北は核を捨てても、生物化学兵器と特殊テロ工作員潜入で日本を威嚇し続けることができる。そういう国に日本が巨額経済援助をすることが米中露の合意意志とならないともかぎらない。戦争さえなければ何でもありが許される『奴隷の平和』に慣れてしまったこの国の国民の、シーンと静まりかえった無意志、無関心、無気力状態は、外から忍び寄る変化の影にも気がつかない。
     その結果は予想もつかない地球上におけるこの国の位置の変動を引き起こすだろう。一口でいえば『日本の香港化』という帰結を。
     核だけ抜いて北朝鮮を維持し、日本を平和中立国家のままに北と対立させておくのは中露韓の利益に適(かな)い、日本自らがそれでよいなら、アメリカも『どうぞお好きに』となるだろう。日本列島は返還前の香港のような華やかな消費基地でしばらくあり続け、政治大国と錯覚している間に大陸に吸収される。アメリカは『サヨナラ』というだけだろう。今が転換点である。自ら軍事意志を示せない国は、生きる意志を示せない国である」(p210)。

     西尾氏は、米国大統領選挙の後、核を決して手放さない北朝鮮と放棄を迫るアメリカが正面から向き合う機会が到来する可能性を示唆する。その時に起こるのは日本の権力中枢の漂流である。
     「北朝鮮のテポドンが列島を越えて三陸沖に落ちたとき、あれは人工衛星の打ち上げ失敗だという北の公式発表があり、日本の国民は誰ひとり信じなかったが政府は違った。(中略)北朝鮮の人工衛星説に取りすがったのである」(p19)。また、東日本大震災と福島第一原発の事故が勃発し、国民が半ば浮き足立って右往左往する局面で、日本は国家意志を失い司令塔のない無政府状態に近づいた。
     この次、「このままでいくと、かりにミサイルが日本国内のどこかに着弾し、死傷者が出たとしても、(中略)日本は『戦争ではない』ということにするためのありとあらゆる法的詭弁を繰り広げるはずである」(p19)。さらに「戦争を仕掛けられていると常識的に認めざるを得ないほどに立ち至った場合を考えてみよう。当然、日米安保条約が発動する。(中略)運命の岐(わか)れ目はそのときである。国際社会のルールに従って戦争に踏み切れば、この国は生き延びられる。万が一、時の首相がアメリカに一寸(ちょっと)待ってくれとためらいをみせたら、それが『日本がアメリカから見捨てられる日』となるであろう」(p19-20)。
    その結果「万が一半島に核が残れば、日本だけが永遠の無力国家となる。(中略)いったん決まれば国際社会の見方は固定化し、民族国家としての日本はどんなに努力しても消滅と衰亡への道をひた走ることになるであろう」(p24)。
     この後、鮮烈で残酷な真実を開示する名文三行で序文は締めくくられる。直接当たっていただくために引用は控えるべきだろう。

     珠玉の一篇、原題「文学部をこそ重視せよ」は「自らの歴史の中に活路はある 言語を磨く文学部を重視せよ」と改題されて収録された。今回、改めて啓発されるところがあった。
     「学者の概説を通じて間接的に自国の歴史を知ってはいるが、国民の多くがもっと原典に容易に近づける教育がなされていたなら、現在のような『国難』に歴史は黙って的確な答えを与えてくれる。  
     聖徳太子の十七条憲法と明治における大日本帝国憲法を持つわが国が三番目の憲法を作ることがどうしてもできない。もたもたして簡単にいかないのは何も政治的な理由だけによるのではない
     古代と近代に日本列島は二つの巨大文明に襲われた。二つの憲法はその二つの文明、古代中国文明と近代西洋文明を鑑(かがみ)とし、それに寄り添わせたのではなく、それを契機にわが国が独自性を発揮したのである。しかしいずれにせよ大文明の鑑がなければ生まれなかった。今の日本の困難は自分の外にいかなる鑑も見いだせないことにある。米国は臨時に鑑の役を果たしたが、その期限は尽きた。
     はっきりみつめておきたいが、今のわが国は鑑を自らの歴史の中に、機軸を自らの過去の中に置く以外に、新しい憲法をつくるどんな精神上の動機をも見いだすことはできない。もはや外の文明は活路を開く頼りにはならない。
     そう思ったとき、自国の言語と歴史への研鑽(けんさん)、とりわけ教育の現場でのその錬磨が何にもまして民族の生存にかかわる重大事であることは、否応(いやおう)なく認識されるはずである」(p283-4)。
     これは誰も言わなかった深い叡智の言葉であり、新憲法前文草案を公表した西尾氏の言であることに注意すべきである。
     新憲法は自国語と自国の歴史に深く測鉛を下ろした言葉で書かれなければならない。明治憲法を起草した井上毅は、フランス法・ドイツ法を学んだだけでなく、「古事記」、「日本書紀」以下の六国史、「令義解」、「古語拾遺」、「万葉集」、「類聚国史」、「延喜式」、「職原鈔」、「大日本史」、「新論」等に通じていたとされる。日本の歴史をわがものとしない者に新たな創造などあろうはずはないとは小林秀雄の言である。

     「わが国では政治危機に当たって先導的役割を果たしてきたのは文学者だった」(p285)として、竹山道雄、村松剛、小林秀雄、田中美知太郎、福田恆存、江藤淳を挙げ、「国家の運命を動かす重大な言葉を残した危機の思想家が、みな文学者だったということは偶然だろうか」(同)と問い掛ける。「右顧左眄(うこさべん)せず、時局を論じても人間存在そのものの内部から声を発している」文学者が西尾氏を以て最後と思えることが私の深い懸念である。本書は「危機の思想家」としての西尾氏の姿を鮮やかに示している。本書は、読み返す毎に文章が浮き出て光を発し、異なる部分が新たな意味を開示するであろう。
     国家の真贋、為政者の真贋、知識人の真贋、国民の真贋が試される時が、恐らく刻一刻と近づいている。われわれは、氏の認識と所説の厳しさにたじろぎながらも、同時代の賢者の驥尾に付して歩く喜びをわがものとし得るのである。

  3. 勇馬様
    大変失礼いたしました。私はチャンネル桜二千人委員会、頑張れ日本全国行動委員会、国守衆のメンバーです。確か昨年の今頃、勇馬様が新保守政党を立ち上げるべくブログに宣言書をお書きになっているのを拝読しご苦労なさっていると拝察し、不躾な質問となりました。お許しください

    1. 矢口様

      不躾などと飛んでもありません。ご質問の背景を了解しました。2千人委員会への参加も、同じ保守の端くれとして理解します。水島新党が大きくなれば共闘する用意でした。一部意見の相違がありますが、小異を捨て大同につかねば何時までも戦後75年の日本の現状を変革できません。真正も疑似も日本ファーストの保守に変わりはなく、連帯すべきと思います。ただ水島氏は保守合同の核になる器ではなく氏もそれは承知しているでしょう。今の中共ウイルスの猖獗は、中国こそが世界の災厄であることを明瞭に天下に示しました。WHO以下、日本の与野党などチャイナマネーへの拝金主義者を除き、世界中の人々が覚知した筈です。中国から共産党を追い出す絶好の機会ですが、日本に真正保守政党が存在しないために手も足もでません。日本が主導して自由諸国を糾合し共産党打倒に立ち上がるまたとない好機なのですが歯がゆいかぎりです。

  4. 武漢ウイルスよりも中共ウイルス

    いまは地球上の全世界の国民が一致協力して武漢ウイルス撲滅に取り組まなければならないことは論を待たないが、中国だけには、他人ごとの如く、それを言って欲しくない。SARSに続き、再び自国の衛生管理の不備からウイルスを発生させたのは過失責任としても、その事実を少なくも2か月は隠蔽し続け全世界へ感染を拡大させたのは故意責任、少なくも未必の故意責任があり、この責任は中国政府すなわち一党独裁中国共産党が負わなければならない。責任があれば当然賠償の義務がある。因果関係の立証は容易である。この声がなぜ日本でも起きないか?「日中友好」以来の共産党宣伝工作が政官財マスメディアに行き渡り成功しているからである。

     中国共産党宣伝部は今頻りに米国が大統領以下、「チャイナ・ウイルス」と呼称することを人種差別と非難し、一部のマスコミがその尻馬に乗っており、日本での報道も「非難合戦」などと伝えているが、これは中国共産党の思う壺であろう。中国共産党は自らの罪を深く自覚し責任追及の予防線を張るための、必死の、そして得意な、自衛宣伝プロパガンダ・ディスインフォーメイションである。今までも、今でも、これからも、彼らの公表する数字はウソ捏造デタラメであり一切信用してはならない。信用できない政府が地球上に存在すること自体が誤りであり、中国人民にも迷惑であり、ウイルスそのものである。

    いま米国でこの「中共ウイルス」の蔓延により頭に来た白人の愚か者たちがアジア人への暴力事件を頻発させている。在米韓国人や日本人こそいい迷惑である。中国政府いな中国共産党への嫌悪を、罪の無い無辜の中国人や、外貌の似た韓国人や日本人にすり替える愚はもとより間違いであり非難されるべきであるが、この暴力現象に対する非難は、これらの愚か者どもよりも、寧ろ原因を作った習近平以下の共産党首脳に帰せられるべきである。世界中の人々に「大変ご迷惑をおかけしお詫びの言葉もありません。罪を償うため、軍事予算から100兆ドルを中共ウイルス対策費として基金を作り拠出しますのでご勘弁ください」と一言だけでも言えば、中国は面子を取り戻し、中国人への迫害は無くなるだろう。いまのような居丈高な開き直りを続ければ馬鹿者の中国人迫害はウイルスの如く猖獗を極めるだろう。心ある中国人民の反乱も避けられないはずだ。

    本来なら被害を受けた全ての国家が連合して中国共産党政府に国家賠償を正式に請求するべきである。そのぐらいのお灸を据えなければ2度あることは3度で、また繰り返すだろう。賠償請求には透明性ある再発防止策の厳しい実効性のある要求が伴わなければならない。

    以上、昨日の弊ブログですが、2月にアップしていた対中損害賠償請求の私見が保守言論人のなかから、知る限り、ようやく今朝(3/26)の産経新聞広告に初めて登場しました(堤・久保問答)。本文は読んでいませんが、損害発生と因果関係が証明されれば不法行為の損害賠償責任が発生するのが当たり前です。このことを主張する言論がかくも遅いということは保守層にも共産党の工作が浸透しているのでしょう。今後、米国の弁護士の動向に注意することになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です