ヨーロッパ人の世界進出(一)(二)(三)

 昨年2月から毎月1回のペースで10回行われた『歴史教科書 10 の争点』という連続講座が本になった(徳間書店刊)。

 聖徳太子(高森明勅)、大仏建立(田中英道)、ヨーロッパの世界進出(西尾幹二)、江戸時代(芳賀徹)、明治維新(福地惇)、明治憲法(小山常実)、日露戦争(平間洋一)、二つの全体主義(遠藤浩一)、昭和の戦争(岡崎久彦)、占領下の日本(高橋史朗)が10の講座の内容で、人選とテーマ設定のコーディネーターは藤岡信勝氏であった。

 私は昨年4月8日に文京区シビックホールで300人くらいの会衆の前で上記テーマについて話をさせてもらった。その内容が今度の本に収録される。

 それに先立って、つくる会機関誌『史』(ふみ)の平成16年にこのときの講演の要約文がのせられた。要約文とはいえ、きちんと手をいれ、これはこれで独立した文章としてまとまっているように思うので、ここに再録する。

 『国民の歴史』第15章の「西欧の野望・地球分割計画」が念頭にあるが、後半で同書にも、教科書にも書かれていない新しいテーマに触れた。ヨーロッパの世界進出がまだ終っていないのは政治的理由によるのではなく、後半で述べられたこの新しいテーマによる。

ヨーロッパ人の世界進出

ヨーロッパ近代の本質とガリレオ・デカルト的思考の恐怖
名誉会長 西尾 幹二

■西洋はなぜアジアを必要としたのか

 15世紀まで無力だったヨーロッパはなぜかくも急速にアジアへ進出することが可能だったのでしょうか。

 ポルトガルはアフリカの南海岸を南下してアジアをめざし、スペインは大西洋を西へ西へと回って西インド諸島を発見、コロンブスがその代表としてアメリカ大陸発見ということになった。なぜポルトガルは南に行き、スペインが西へ行ったのか。

 彼らはジパングやインドを求めてきたのですから、地中海を東へ渡って陸路を来るのが近道だと思うのですが、それができなかったのは、当時、地中海がイスラム勢力に完全に制圧されていて、通行不能だったためです。しかし、全ての教科書はヨーロッパの進出をヨーロッパ文明の世界への展開という見地で書いており、扶桑社版の『新しい歴史教科書』のみが、ヨーロッパはイスラム勢力を迂回し南と西へ進んだという事実をはっきり書いています。

 当時の世界の中心は東南アジアでした。スペインやポルトガルがこの地域一帯を支配していたなどという事実は全くありません。それもまた多く誤解されている点で、ヨーロッパの世界制覇ということは現実には行われていなかったのですが、彼らの観念、頭の中では世界征服の地図はでき上がっていました。それがトリデシリャス条約で、大西洋の真中に南北に線を引き、ポルトガルとスペインが地球を二つに分割する協定をローマ教皇庁が承認しています。

 当時、ヨーロッパは本当に狭い地域におさえこまれていました。イベリア半島のイスラム勢力をやっとの思いで追い出した年が1492年、ちょうどコロンブスがアメリカ大陸を発見した年です。
ヨーロッパはたいへん遅れた地域でした。14、5世紀、生産性は低く、科学技術は遅れ、内乱と宗教的迷信に支配される、考えられないほど野蛮な地域でした。「ローマの平和」と言われた古代の時代が過去にありましたが、それが過ぎてから千年にわたるヨーロッパの歴史の中で十年以上平和だったことは一度もありません。

 なぜヨーロッパ人はかくも戦うことを好み、武器の開発に凌ぎを削り、順次東へ進出してきたかというと、故国にお金を送るため、ヨーロッパの中で果てしない戦争を繰り広げるための戦費が必要だったからです。そのために、アジアに進出してアジアの富を攻略することが急務だった。

 当時、ヨーロッパの横にはロシアのロマノフ王朝、西アジアのオスマントルコ帝国、インドのムガール帝国、そして東アジアの清帝国という四つの大帝国があり、それぞれが大きな枠の中に安定して存在していて、一種の世界政府でした。このうちロマノフ王朝だけはヨーロッパ文明側にくっついていきますが、オスマントルコ、ムガール、清は一六世紀から一八世紀くらいの間に次々と西ヨーロッパの餌食となってしまうのです。アジアの大帝国は西洋よりも遙かに豊かで進んでいた国であり、近代を生み出したとされる三大発明、火薬、羅針盤、印刷術は中国を起源とします。中国科学の方がはるかにヨーロッパに優越していました。

 つまり、西洋はアジアを必要としていたのに、アジアは西洋を必要としていなかった。物は豊富で政治は安定し、帝国の基盤は盤石で何一つ不足はないかに見えたその三つのアジアの大帝国。しかし、何故に遅れていた西ヨーロッパがアジアに勝る状況を生み出してしまったのか。

ヨーロッパの世界進出(二)

■ヨーロッパの二重性

 まず政治的・社会的な原因を考えてみましょう。アジアの四つの帝国は大きな世界政府がそれぞれブロックをなして、静的に存在していたという風に考えられる。

 ところが、ヨーロッパはひとつではなかった。ヨーロッパは内部で激しい戦争を繰り返し、経済・軍事・外交の全てを賭けて覇権闘争がまずヨーロッパという所で行われ続け、その運動がそのまま東へ拡張された。

 中心に中国があり、周りの国が朝貢して平和と秩序が維持されているという古い東アジアの支配統治体制においては考えられない出来事が起こってきました。ヨーロッパでのヘゲモニー(主導権)を巡る争いと、他の地域への進出のための争いとが同時並行的に運動状態として現れ、それが18世紀の中頃以降さらに熾烈を極め、終わりなき戦いは地球の裏側にまできて、決定的果たし合いをしなければ決着がつかなくなるまでになった。19世紀になって帝国主義と名付けられる時代となり、今まで動かなかった最後の砦である中国を中心とする東アジアに争奪戦は忍び寄ったというのが、今まで私たちが見てきた歴史です。

 1800年には地球の陸地の35%を欧米列強が支配しており、1914年、第一次世界大戦が始まる頃にはその支配圏は84%にまで拡大しました。日本の明治維新は1800年と1914年の第一次世界大戦とのちょうど中間にあたる時期に起きた出来事です。拡大するヨーロッパ勢力に対する風前の灯であった日本の運命が暗示されております。

 戦うことにおいて激しいヨーロッパ人は、戦いを止めることにおいても徹底して冷静です。利益のためには自国の欲望を抑え、相手国と協定や条約を結ぶことも合理的で、パっと止めて裏側に回って手を結ぶ。そういうことにも徹底している。しかし、日本人にはこの二重性が見えない。実はこれが国際社会、国際化なのです。

 ある時、欧米人は満州の国際化ということを言い出しました。「満州は日本政府だけが独占すべきものではなくて、各国の利益の共同管理下に置くべきだ」と。国際化というのはそういう意味なのです。では、日本の国際化というのはどういう意味ですか。日本人は無邪気にずっと「日本の国際化」と言い続けていますが、「どこかの国が占領してください」「どこかの国が共同管理してください」と言っているようなものです。間が抜けて話にならない。つまり国際化というのは、西洋が運動体として自分の王家の戦争のためにやっていたあの植民地獲得戦争が、もうヨーロッパの中で手一杯になってしまったから外へ持っていく。それが彼らの言う国際化、近代世界システムなのです。

ヨーロッパ人の世界進出(三)

■自然の数学化というデカルトとガリレオの考え方

 しかし、それだけが全てでしょうか。ここには社会学的、政治学的、心理的、宗教的な原因だけでは説明できない何か別のものがある。私は心の中でどこかやはり西洋に恐怖がある。この程度の政治的な自我葛藤闘争の巧みさに恐怖を抱いているのではありません。実は私がずっと西洋を勉強してきて抱いている恐怖は、ガリレオとデカルトです。

 ガリレオとデカルトは、全ての自然物から感覚上の性質をはぎ取ってしまい、物体というものを大きさと形と位置と運動という幾何学的、数学的な方程式に置き換えることで世界を説明しました。この思考形式がものすごいスピードで発展してきました。そして臆面もなく今日の社会、世界に君臨しています。
ガリレオはある物体をイメージとして描く場合に、大きさ、形、位置、運動、このことだけで全て説明できると言っている。その物質が白いか赤いか、音を出すか出さないか、甘いか苦いかなど、そういう性質は人間の感覚主体の中に存在するに過ぎず、感覚主体が遠ざけられると、それらの諸性質は消え失せてなくなってしまうという。それは人間が生きているから、そういうものを感受する主体があるから存在するのであって、真に実在するものは、数学的、幾何学的な数値に還元されるもので、それ以外のものは存在しない、と。

 これは、ガリレオがデカルトと共に発見した世界を数学の方程式に置き換えるもので、デカルトに至っては、人間の身体もまた物であって、身体の感覚、例えば手足の痛みも手足の中にあるのではなく精神の中にあるとしている。

 しかし哲学的には、バークレー、ヒューム、カントが出て、デカルトやガリレオの考え方はあり得ないとしてすぐに否定されてしまいましたが、この自然の数学化という思考は哲学的には論駁されたにも関わらず、我々の日常の暮らしの世界にドカっと居座って、独立した自然科学の方法として一人歩きを始めました。

 感覚的、人間的諸性質を人間的あいまいさから切り離して、そういうものは人間の主観の中にあるのだと言って閉じこめて、別個これを切り離してしまう措置は科学にとってこの上ない便利な方法でしたから、かくて自然は死物として線引きされ、数値化されて、その死物世界が客観世界として有無を言わせぬ勢いで人間の目の前に突き戻され、それ自体が知らぬ間にどんどん肥大化して発展していく。最近は宇宙開発どころか、ナノテクノロジーというような訳の分からないものが出現して現実に実用化するという。

 ところが、これは全部目に見えない話なのです。一層の細分化と一層の遠方化へ、そして人間の身体も分解して物体化し、やがて人間の精神もまた脳生理学の対象として物質の法則に還元される。自然、人間の身体、精神などが長い歴史の中でこのように乱暴に扱われたことは、過去において一度もなかった。幾何学的自然科学の専横です。

 ガリレオやデカルトが言っていることは全部間違いだったのですが、実際にはコンピューターのグラフィックデザインが次々と物を作り出している。火薬と羅針盤と印刷術を発見した中国の科学は、ガリレオとデカルトにやられてしまったのです。そういうヨーロッパ人の世界進出の根本の問題がここにもうひとつあるということを、我々は考えておかなくてはいけないのではないでしょうか。

(4月8日、つくる会連続講座「歴史教科書・10の争点」より)

 ガリレオとデカルトと歴史との関わりについて私見をより詳しく知りたい方は、拙著「歴史と科学」(PHP新書)の第2章をご覧ください。この第2章は秘かに自信を抱いている一文である。

「ヨーロッパ人の世界進出(一)(二)(三)」への4件のフィードバック

  1. ここの西尾さんはヨーロッパ人の覇権闘争と自然科学における自然の数学化という思考をあげているようだが、
    それを恐るべきものとして非難するのではなく、結果としてそれが世界支配を実現したことは素直に受け止めねばならないだろう。

    ひるがえってみれば、残念ながら、日本人はアメリカ大陸を先に発見できなかった。
    ヨーロッパ人に先を越された。

    それもこれも日本人が狭い島に引きこもる意識を持ち続けているからではなかろうか。
    文明論以前に、日本人は国家レベルのひきこもりなのだ。貿易しても海外進出してもすぐにひっこんでしまう。
    現代でも、日本人は、右翼も左翼も日本にひきこもって外でやりあわないようだ。右翼が中国に行って説き伏せてきたとか、左翼がアメリカで原爆資料館を建設したなんて話は聞いたことがない。すべて内向きのパフォーマンスだ。
    生死を賭けてヨーロッパの宣教師がキリスト教を布教するのとはなんと違うのだろう。英仏葡西露の各言語で地球上を染め上げていく方法とはなんと違うのであろう。

    日本はいまからでも遅くない。ひきこもるのではなく出て行くべきであり、イギリス型の文化戦略をとるべきである。特に日本語の国際共通語化という戦略を。たとえば、
    ・貧困国の教育を受けられない層に教育を無償で受けさせる。当然、第二外国語は日本語限定。これで日本語話者を全世界で30億人以上つくる。
    (↑ちなみにこのブログにも全世界からアクセスが来るであろう!)
    ・上記の世界規模での日本語教育とともに英語や仏露葡西中語などの国際語を順次ローカルへ追いやり、100年以内に日本語を唯一の国際語として確立する。
    ・その前段階として、漢字かな混じりという日本語システムを世界に普及し、「縦書き横書き兼用の漢字アルファベット混じり」システムを全世界の言語で適用する。
    この程度の文化政策を日本政府は持つべきなのだ。

    日本語が国際化すれば、日本の出版物やテレビメディアは全世界で読者・視聴者を手に入れることができる。
    この意味は大きい。もちろん西尾氏の著作も全世界規模で影響力を持てる。 ニーチェの翻訳を人類の多くが西尾訳で読む日も来るかもしれぬ。

    インターネットもしかり。相手が日本人だとわかっているから、日本人同士の馴れ合いでネタを消化することしかできない。英語の掲示板なら世界中のから投稿者が来る。たとえばアニメやマンガの掲示板でも、日本語の掲示板は日本人しかいないが、英語の掲示板なら南北アメリカからヨーロッパ、オセアニア、アフリカ、アジアと、世界中から人間が来る。相手がどの国の人間かわからないから、差別的な発言もしにくいし、内輪でネタを消費して自己満足することもない。

    これが世界レベルの言論とローカルな言論の違いだ。
    まずは日本語を世界共通語とすべし。さすれば、日本は世界の中心となるだろう。 言論で生活する西尾さんには日本語の世界戦略も是非考えてもらいたいというのが、一読者の考えである。
    (一読者といっても、世界の名著を読んだくらいであるが)

  2. これが英語の掲示板ですが・・・

    http://www.yabbforum.com/community/YaBB.pl?num=1125339368

    掲示板というもの自体が時代遅れかもしれないわけです。
    英語ならこのように、なおさらくだらんレスがつきますよ。

    いっぺん、どこか外国で生活してみてからおっしゃったらいかが

    今からでも遅くない、引きこもるのではなくあなた自身が出て行くべきだ。

    戦略は、その後ゆっくりお聞きしましょう。

  3.  なかなか面白い文明論だと思います。偽西洋文明をガリレオとデカルトにおいているところが、正に的確だと思います。

     この偽西洋文明は、いわば文明の腫瘍のようなもので、西洋とくに新天地米国で、機能している限り、米国人の気質として、高いものに憧れ敬うという精神性を根底に有し、現実的にプロテスタントの土壌がそれを浄化している限りにおいて、人間性を失わずにすんでいますが、これをそのまま東洋に移植してしまうと、世界的な機械文明であり、人間性崩壊の大破壊文明を発生させてしまう恐れがあるでしょう。西尾先生はこの点を直感的に、恐怖とし、予感されているものと思えます。

     その理由は、西尾先生も挙げているように、実は東洋文明の本質がそこにあるからなのです。偽西洋文明は、この東洋文明を真似たものだから、真似る限りにおいては、自然や宇宙に対して、何事も生じさせなく、所詮、人間のなかでの闘争にとどまっているのです。

     しかしながら、これを東洋文明に戻すとなると、そこに、西洋人が行った物真似の錯誤的、誤謬的な要素を持ち込んだまま、かっての東洋文明を復活、再生させてしまうので、巨大な錯誤を生み、自然破壊や宇宙破壊を、機械的に行わせるような方向性に進んでしまう恐れが生じるでしょう。人間が生んだものが、人間にとってかわられてしまう。人間自身が制御できない巨大な悪魔のごときもの。

     いわば、その本質、精神、いわゆる魂を抜きにした外見だけの、中身が空っぽな人間という名の機械破壊文明を構築してしまうでしょう。まさにゾンビの腫瘍文明です。

     何事も秤にかけ、数値化し抽象化し、文字化する文明。これを人間は文明だと思っていますが、さにあらず、文明とは、この反対の、体験し、具現化するものなのです。それは、東洋においては宗教を意味するのです。宗教とはあらやる体験を通じて、理解を深めることにあるのです。体験とは目に見えるものだけでなく、目にみえないものも含めて、深層意識も含めてです。まして測定できるものが全ての科学では全くないのです。

     それは日本に神道が現に存在することでわかるでしょう。明治期からの和洋折衷とは、心は神道で、外見が欧米化しただけです。いまはひろく、この神道のこころ、精神性が抜けているので、だた形骸化し、闇雲に信仰するかのような理念なしの漂白状態なので、それに偽西洋文明を植えつけてしまったら、完全な非人間の奴隷に成り下がった堕落の魂で、この日本は一杯になることだろうと思われます。いわば、かってのミトラ教崇拝、新興宗教、科学教の誕生になってしまうでしょう?。

     そのことに気づき、かって東洋にあった霊性を再び取り戻そうとしている人たちがいることもまた確かでしょう。日本人とは何なのか?をいま深く再考する時期であるでしょう。日本の和の精神、大和魂を再び取り戻す時期だと思います。

  4. ピンバック: matsuda's journal

東洋文明の申し子 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です