『中国人国家ニッポンの誕生』出版(一)

中国人国家ニッポンの誕生~移民栄えて国滅ぶ~ 中国人国家ニッポンの誕生~移民栄えて国滅ぶ~
(2014/11/10)
西尾幹二責任編集

商品詳細を見る

正論移民問題シンポジウムが本になりました。

◆はじめに

 本書は平成二十六年七月六日、産経新聞社の月刊言論誌『正論』が主催したトークライブ「日本を移民国家にしていいのか」を基本に据え、それを発展的に拡大した書物である。トークライブは東京のホテルグランドヒル市ヶ谷で行われ、1000人になんなんとする驚異的な数の参会者が訪れ、大変な熱気であった。テーマに対する関心の高さは、だらだらと無原則に外国人が増えていく今の日本社会への不安と不満の表現でもあった、と考えている。

 私はトークライブに先立ち『正論』編集長の小島新一氏に相談して、同年三月二十四日に五氏に呼びかけ、急を告げる移民問題の現実に言論人として何らかの形で警告を発する必要があるのではないかと相談会を持ちかけ、その初会合をもって「移民問題連絡会」の結成を諮り、同意を得た。次いで四月十日に、文化ャンネル桜のテレビ討論番組で主として同じメンバーによる三時間自由討議を行い、問題意識の共有にかなり手応えを感じた。その間に私を除く五氏は本書所収の論文を『正論』五月号、六月号並びに八月号に発表した。七月六日のトークライブはこうした数々の準備行動を踏まえて開催されたものである。

 私を除く五氏は現代における移民問題、ことにその楽天的開放政策に強い懐疑を抱く代表的論客であり、エキスパートである。私が同テーマに近い外国人単純労働者導入への慎重論を熱心に論じ立てたのはおよそ四半世紀前(1988―92年頃)のことである。当時早くも同種の問題が生じていたが、当時と今とではデータも違うし、世界情勢も変わっている。それに反し五氏はそれぞれ分野を異にしているものの、私と違って、現下のこの日本と取り組んでいる。

 なかでも問題を最も総合的に捉え、現代日本の文化、政治、社会の深部を犯すこの問題の危険性について多角的考察を重ねて来たのは関岡英之氏である。

 河添恵子氏はヨーロッパ、アメリカ、カナダ等に夥しい群れをなしさながら蟻の大軍のように押し寄せ、蚕食する中国人移民の実体をそれぞれの現地で観察し、報告してこられた。ライブトークでも氏は欠かせない存在で、諸外国の具体的なエピソードにより中国人襲来後の日本の悲劇を予告している。

 
 その中国人の警察取り調べの現場の声を伝えてくれたのは元刑事の坂東忠信氏である。坂東氏は新宿歌舞伎町や北池袋などの中国人の実体を明かしてくれた。顔写真だけは本人で、名前や生年月日は他人のものという真正パスポート「なりすまし」犯人の手口など、驚くべき情報はわれわれの背筋を寒くさせる。

 三橋貴明氏は現代社会から広く迎えられている経済評論家の代表格の一人で、その彼が人手不足を理由に移民導入を企てる一部の経済界や政界の動向に、純粋に経済的合理性を根拠に反対している発言には強い説得力が感じられる。

 河合雅司氏はフリーな言論人の右の四氏とは異なり、産経新聞の論説委員である。私が移民問題連絡会の立ち上げを考えたのは、じつは人口問題の専門家である河合氏の新聞紙上の論説「毎年20万人の移民──やがて日本人が少数派に」(産経2014年三月十六日)を読んだときである。外国人の導入によって人口減少問題、少子化問題の解決を図ろうとする、いかにも俗耳に入り易い議論に、河合氏は統計表とグラフをもって疑問を表明している。私は説得され、心強く思った。人口問題もこのテーマには欠かせない観点の一つである。

 以上五氏がそれぞれジャンルを異にして日本の移民国家化に警鐘を鳴らしているので、幾つもの観点が重なって全体として本書の効果を上げていることがお分かりになるだろう。どの観点も重要であり、一回のトークライブではとうてい語り尽くせない論点が溢れだした。トークライブは最初とりあえず短縮して『正論』九月号に掲載された。本書第一部はこれを引き継いでいるが、雑誌はスペースの関係で会場のあの熱気までは伝えられていない。本書第一部がトークライブの全貌を示す正確な記録である。

 さらに本書の第二部をお読みいただければ、各氏の思いの熱さと課題把握の鋭さ、深さがお分りになると思う。第二部の各氏の論文はそれぞれ独立した論文で、第一部の討論の延長ではないこともお伝えしておく。内容的には勿論第一部とつながっているが、時間的には第一部よりも先に執筆されたものである。ことに私の一篇は2008年の作で、自民党が1000万人移民論を唱えたときに抗議した内容である。今でも自民党はこのレベルの甘い認識をつづけていると思う。本書に登場した六人の同テーマに関連する著作の一覧表も巻末に掲げておくので、さらに問題の追究を志す方はぜひとも各著作に当っていただきたい。

 トークライブは内容的にかいつまんで要約すると大略次のようになると関係者一同が確認しあったので、本文86ページでも出しておいた「まとめ」の文章を以下にも掲示しておく。ただ、これは読者の便宜のためであって、トークライブの主催者や新聞社の声明文でも宣言文でもないので、その点は誤解のないようにお願いしたい。
1  外国人受け入れ政策は、諸外国の事例を踏まえるべきである。国民的議論なく進めることは認められない。
2  外国人単純労働力の受け入れ拡大は、日本の移民国家化と同じである。国連においては一年間定住した外国人は移民として扱われる。
3  高度人材の受け入れこそ、その要件と審査の厳格化が必要である。
4  外国人労働力受け入れ拡大は、国内労働者の賃金を下げ格差社会を拡大するため、景気回復にはつながらない。
5  労働力不足は日本人だけで解決することができる。
6  日本在留者の犯罪検挙率、犯罪検挙数、犯罪検挙人口が国別で上位三カ国の出身者については、特に厳格なる受け入れ指針を設けるべきである。
7  移民政策は少子化対策、すなわち人口問題の解決にはならない。
8  移民問題は国防問題に他ならない。

 移民問題連絡会のメンバーは固定していない。さらに仲間を増やし、今後も広く国内に訴えていきたい。五氏、並びにご苦労をお掛けした『正論』編集長の小島新一氏には厚く御礼申し上げる。トークライブの会場整理のお手伝いをいただいた今回ご参加の『正論』関係のスタッフの方と坦々塾のメンバーの方々にも深謝申し上げたい。

平成二十六年十月               西尾幹二

◆リレー報告(西尾第一発言)

 日本人よ移民を徹底的に差別する覚悟はあるのか

 今からちょうど二十五年前になりますが、大量のベトナム人が中国人を粧(よそお)った偽装難民として日本に押し寄せてきたことがありました。あの当時、単純労働力としての外国人の導入問題も世の中を沸騰させていて、私は発言を始めました。今日私は司会なのですが、議論を始めるに当たり、まずは外国人労働者の受け入れや移民について当時の私が確認していたポイントを八点に絞って挙げてみたい。現在に通じるところが多々あると考えるからです。

 一番は、日本人は必ず加害者になるということです。外国人が入ってくれば被害者にもなるけれども、被害者以上に加害者になる。加害者になったとしても平然としている図太さがあればいいのですが、日本人はそうはいかずに、国際誤解を招くような事件が必ず起こる。うかつな日本人は国際的に誤解され、慰安婦問題と同じように大騒ぎされることになる。

 二番目は、労働者受け入れ国は送り出し国に依存するということです。ドイツは、トルコ人難民に巨額のお金を支払って母国に帰らせたけれども、同じ数の別のトルコ人が入ってきた。ドイツ人がやりたがらないクリーニングなどはトルコ人専属の仕事になっていって、彼らなしには成り立たなくなった。そうやってトルコのパワーに取り込まれてしまった。日本でも同じようなことが起るでしょう。大相撲をみれば分かります。

 三番目は、外国から入ってくるのは人間であって、牛馬ではないということです。当たり前のようですが、この認識は徹底しなくてはいけない。彼らに妻子を連れてくるなとは言えない。外国人も日本に来たら、日本での〝出世〟を望むでしょう。そして彼らも必ず老人になり、介護が必要になるのです。

 四番目は、在留期限を切っても、外国人労働者の半数は必ず定住化するということです。諸外国で、期限を切って帰れと言っても成功した例はない。安倍総理が期限を切ればいいと簡単に言っておられますが、甘い考え方で、期限を切っても相当数が、必ず定住化します。外国人単純労働力の導入は、即移民国家になるということです。

 五番目は、日本は緩やかな階級社会ではあるが、カーストのような永続的階級制度はないということです。今後も存在しないでしょう。ところが諸外国、たとえばパリでは、底辺に中近東、黒人、アルジェリア人、モロッコ人、チュニジア人、中間労働者にポルトガル人、スペイン人、イタリア人、その上部にフランス人がいる。そのことに彼らは何ら痛痒を感じておらず、冷然と人種的階級差別が成立している。アパートの管理人をするのは、イタリア人やスペイン人で、ゴミを拾うのはチュニジア人、モロッコ人だったりする。永い歴史でこうした構造が決められていて、誰も文句を言わない。日本はある種の凹み型社会です。攻撃型社会ではない。中国人がフィリピン人を支配するというような外国人同士の上下関係が、日本人のあずかり知らぬところで生まれるでしょう。すると日本人は受け身ですから、知らぬ間に日本の国民も階層化されて、悪い影響を受ける。この国が持っていた豊かな流動性や自由な創造性が失われてしまう。さらには、わが国は自ら発展のバネを捨ててしまうというようなことになりかねないのです。

 六番目は同じことになりますけれども、日本人は他の国々のように外国人に冷徹冷酷に対応できないということです。政府は現在、特区をつくって、メイドを外国から雇えるようにすると言っています。出稼ぎのフィリピン人メイドが多いシンガポールでは、半年ごとにメイドを検査して妊娠したら即帰国させます。シンガポールの雇い主の男性側に全面的責任があってもそうします。日本人にこんな冷酷なことができますか。日本人は「同じ人間なのだから」と、外国人メイドに「何々ちゃん、いっしょに御飯食べましょうよ」というような甘い対応をするでしょう。差別意識がシステム化している諸外国とは違うのです。冷酷な対応をできもしない国民が、外国からメイドを雇うようなことをしてはいけない。

 七番目は現在のことですが、世界は鎖国に向かっている。移民国アメリカ、カナダ、オーストラリアでも受け入れを拒否し始めている事実を指摘しておきます。

 最後に。石原慎太郎氏が『SAPIO』六月号で、「太古から世界の人材と文化を受け入れてきた日本の寛容を知れ」という文章を書かれました。これは2008年に自民党が一千万人移民受け入れを提唱したときのイデオロギーと同じで、日本人は宗教的な懐が深いから、外国人を十分に受け入れることができるという見解です。しかし、日本の二千年の歴史のなかで少しずつ技術者などが入ってきて帰化人になったことと、イスラム教徒と中国人の大量移動期の現代のケースとは意味が違う。宗教的に包容力のある日本文化も、キリスト教、イスラム教、ユダヤ教、韓国儒教などの原理主義は基本的に受け入れていない。型どおりに包み込むが、歴史の中に取り入れず、歴史の片隅に置き去りにしていくだけです。日本文化は選択しています。大量移民の原理主義の導入は、日本文化の包容力を壊す恐れがあります。石原氏に再考を求めたい。

「『中国人国家ニッポンの誕生』出版(一)」への7件のフィードバック

  1. 西尾幹二先生が、「労働鎖国のススメ」を書いたのは、確か1989年か、1990年だったと思います。そのころ、入管法の改正によって、多くのブラジル人労働者が入ってきましたが、現在では、以下のような現象が起きています。

    日本に住む日系ブラジル人が抱える 就労・高齢化・精神疾患問題
    http://nipo-brasil.org/archives/4449/
    高齢化進む在日ブラジル人=増える慢性病やうつ患者=活躍する電話健康相談=14年間で5万件対応
    http://www.nikkeyshimbun.com.br/nikkey/html/show/101113-71colonia.html
    すすむ在日伯人の高齢化=しのび寄る老後の不安=教育、雇用より関心高く
    http://www.nikkeyshimbun.com.br/2014/140204-71colonia.html

    事実上の労働移民であるブラジル人労働者が、今老後の不安を訴えているのです。詳細は記事をお読み頂くとして、在日ブラジル人の状況は、非常に深刻なようです。親が認知症になった、家族が病気になったが医療費が払えない、病気や怪我で働けず生活が厳しい、子供が障害者になった、子供が非行に走って、麻薬に手を出すなどなど。
    労働移民の高齢化、非行、麻薬問題、母子家庭の貧困など、別に神様のような預言者でなくても、海外の事情を少し調べれば、容易に予測がついたことです。
    群馬県の大泉町は、外国人人口が15%を占めますが、外国人の税金滞納や生活保護受給者の増加で、財政難に陥り、町長は頭を抱え込んでいます。
    わが国における、楽天的な移民推進派は、こうした現実をどう考えるのでしょうか?移民を入れれば、高齢化問題が解決する、年金や医療費の財源になると、得意気に語っている移民推進派は、なんと答えるのでしょうか?
    今や、わが国は、外国人の高齢化が問題化し、外国人の高齢者を日本人の税金で支えているのです。

    移民を入れるとなると、当然中国人が多くなるでしょうが、これは最も危険です。人口学者によると、中国の少子高齢化は日本以上に深刻で、中国こそ若い移民を入れても、追いつかない状況だとのこと。これは、韓国なども同様で、他にもタイやベトナムは、高齢化の速度が日本以上です。わが国の少子高齢化など、実はマシな状況といえるのです。
    日本より、深刻な高齢化の国から移民が来たらどうなりますか?当然、親を連れてくるでしょうし、むしろ老後は、日本に面倒を見てもらおうと高齢者が移民してくることも考えられます。
    現にニュージーランドやカナダは、中国人移民が、本国から親を連れてきたために年金が財源が食いつぶされ、政府は、大慌てで政策を転換しましたから。
    移民推進派の主張する「移民は、高齢化問題の解決策」「移民が、社会保障費の財源になる」という前提は、国内外における多くの実例によって、完全に破綻、否定されているわけですね(欧州では、移民が金食い虫となっているから、移民反対の政党が急速に支持を拡大させているのです)。

    そもそも、外国人が増加したことによって、わが国の財政が豊かになったでしょうか?現時点において、外国人の生活保護受給者は増える一方で、外国人が日本経済に寄与するばかりか、犯罪やり放題、生活保護をはじめ、社会保障費の不正受給をやり放題、脱税や不正送金をやり放題ではありませんか。
    府中刑務所の囚人の2割は外国人で、対応言語は47だそうです。言語、文化、宗教、習慣も違う外国人の囚人を押し付けられた刑務官たちの負担の大きさは、想像を絶するものと思われます。
    間接的ではありますが、日本国民は外国人にこうした形で搾取されているのです。
    はっきりしていることは、外国人が増えれば、増えるほど日本と富が奪われ、国民に経済的な負担が課せられるということです。

    スペインは、日本以上の少子化と人手不足を移民で補う選択をしました。そのため2000年時点において、92万人だった外国人人口が、10年で522万人にまで増加しました。移民が親族を連れて来たためですが、当然彼らも人間である以上病気なるので、医療費の支出が増えます。そこへきて経済危機で、当のスペイン人自身が職なくて困っているのに、移民に職があるはずもなく、スペイン政府は、移民の追い出しの方向を転換しました。
    現在スペイン政府は、移民を減らすことに躍起になっており、ある日本の商社マンは、仕事で短期滞在しようと査証を申請したところ却下されたそうです。
    事実上鎖国体制に入ったといえるでしょう。

    三年前に、こんなこともありました。

    フランス「国境封鎖」で移民列車を阻止
    http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2011/04/post-2060.php

    各国とも、対応は多種多様でも、移民を入れない鎖国に向かっているのは明らかでしょう。
    世界の指導者は、今や移民政策と多文化主義の失敗を認め、方法や程度の治外はあっても、移民の制限、規制、追い出し、政策を転換し始めているのに対し、それとは正反対の政策を導入しようとするわが国の移民推進派は、とても正常とは思えません。

    かつてわが国は、9世紀に新羅からの帰化人、即ちが移民が、反乱を起こし、社会を混乱させたため、国境を閉鎖し、新羅人の居住を禁止しました。
    豊臣秀吉は、ポルトガル人が、日本人婦女子を誘拐して、海外へ売り飛ばしている事実に激怒して、報復として、伴天連追放令とキリスト教禁止令を出しました。こうした状況があったからこそ、徳川幕府の鎖国体制につながったのです。
    幕末の外国人排除運動、即ち攘夷運動は、金と銀の交換比率の違いを知らないところを付け込まれ、金が海外へ流出し、深刻なインフレによって日本国民が貧困のどん底に陥り、更に開国によって、来日した外国人達が、国内で凶悪犯罪をやり放題やって、治安が崩壊したことが原因です。
    幕府が招聘したオランダ人医師ポンぺは、犯罪の増加によって、日本人がポンぺを見た途端、一斉に逃げ出し、「日本人から、我々に対して、呪いと罵りの言葉しか聞こえなくても不思議ではない」と書き残しています。
    歴史的にみても、国内に大勢の外国人を居住させると、碌なことにならず、大概は日本国民が損失や被害を蒙っていることになります。
    外国人排除政策は、差別でも排外主義でもなく、文化防衛、国民保護として当然だったのですよ。
    やたらと、外国人を入れることが進歩的であるかのように無条件に言われている風潮が強いのですが、外国人は、七福神でもサンタクロースであるとは限らないのです。千両箱やプレゼントを持っていると思って入れたら、実は吸血鬼だったなどということもありうるのです。
    わが国は、どうも外国や外国人が持つ悪意や敵意について、無関心、鈍感だと思います。
    国際社会においては、自国以外は敵ですが、換言すれば自国民以外の外国人は、基本的に敵であるといえます。

    「国境をなくして、皆仲良くなど、子供の空事」と、22年前に警告してくれたフランスのルペン氏の言葉を、我々はかみしめなくてはなりません。

  2. >ウミユリさま
    いつも的確なコメント有難うございます。

    この本が売れるといいですね。

  3. ▼財務省や日銀には破防法が適用されても良い筈だ、やっている事は国民への経済テロ工作だ!。

    「民(みん)」の漢字の元々の意味は? (Unknown) 14-11-13

    「民」文字の上にある「長四角」のところが、実は人間の「目」を意味します。

    ところが目なのに、長四角の中に「目玉」が無い!なぜ無いのか?。下にある「十」の部分で、これは古代の支那にあった人の黒目を突いて盲目にするための凶器です。針で刺されて「盲目」にされているから「□」の中に目玉が無いのです。

    そして、「民」の字の左側にある「|」は、城塞都市の塀を表す。城塞内で民衆の目を針で潰して、民衆に無理やり強制させ、服従させる。つまり、隷属させる。その隷属のことを「民」という漢字で表意した。つまり支那漢字でいう「民」とは、隷民、奴隷のことです。奴隷とは古今東西、「人」ではありません。権力者の私有民、持ち物です。その所有者は、生殺与奪の権を持ちます。モノは殺しても目を潰しても罪になりません。「人」ではないからです。

    これから派生して、「民」は、民衆から教育を奪うこと、つまり「ものごとを見えなくする」、ことの意味にも使われます。民衆を無知なバカにしておくことで、有能な者が民から収奪する。収奪されても収奪されたことが分からないアホに民衆を据え置くことが、施政者の徳(利得)だとされて来た思想的背景が、この「民」という漢字のもともとの意味です。

    その「民(みん)」から収奪する者が「君(クン)」です。「君」は、「口」ヘンと「尹(イン)」を組み合わせた文字ですが、「尹(イン)」というのは、は、「手」と「|」(棒)で出来ています。ものの本は、体裁よく、また子供への教育的配慮から、手に杖を持って口を開けている姿が「君」だから、これは「聖職者」を表す、などと説いている。つまり、立派なイメージにさせようと躍起になっていますが、実は、手にムチを持って「オラ、オラ、お前たち働け、働け」と、「民」をしばきあげている役人を示す。奴隷が労働させられている横で、ムチをもって奴隷をしばている者、あれが「君」です。漢字の元の意味です。支那の漢字とは、ほんとうに、ろくな意味がありません。
    http://quasimoto.exblog.jp/page/2/
    「GPIFで株運用 なぜ公務員年金だけ堅実運用なのか(日刊ゲンダイ)」
    http://sun.ap.teacup.com/souun/15795.html#readmore
    ※ 今も昔も同じですね。国民は目潰しされて騙されている。公務員は増税という鞭を振るう。朝鮮カルトの創価・統一の皆様の御蔭で日本は本当に素晴らしい国になりました。

    これだけの経済破壊をした消費増税の真の目的は、日銀の緩和資金を消費増税を行う事で景気を意図的に腰折れさせて国内設備投資に向かう筈の資金を米国債と米国株に向かわせるために作為的に行った事は間違いない。国際金融資本家が考えそうな事だ。その証拠が、公務員年金だけが堅実運用である事実だ。彼らは全て知っているのだ。政策が何を目的としているのかを。知っているのだから彼らの罪は非常に重い。国家破綻を目論むのだから、内乱罪を適用すべきだし、財務省や日銀には破防法が適用されても良い筈だ。実質的にやっている事は経済テロ工作だ!。
    2014/11/13(木) 株コメから~

株コメから~ にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です