「牛久大佛(5)」への1件のフィードバック

  1. この場で御礼申し上げる失礼をご容赦ください。
    西尾先生およびご参加の皆さま、先日はありがとうございました。
    当日は暑さに加えて道路の渋滞も厄介でしたね。

    受付から大仏様の胎内に入るまでの距離が長く感じました。
    おまけにこの間には遮るものがほとんどなかった。
    ただ、胎内はかなり冷房が効いていたので助かりました。

    大仏様の巨大さは、現時点で掲載されている写真では(2)と(4)が
    分かりやすいように思えます。霞み具合が距離感をよく表していると
    思います。

    牛久浄苑のH/Pを見ると、大仏様建立の縁起がよく分からないので、
    誰がどういう思いでこの仏さまを建てたのかがよく分かりませんでした。
    ただ、横から見た印相がとても優しかったので何故かほっとしました。
    この優しさがなかったら、周囲からもっと浮いていたのかな、と
    素人なりに思いました。
    (西尾先生は仏像の宗教的意味に興味ない旨のことを仰って
    いましたが、小生はあまり柔軟でないため、どうしても仏像は仏さまと
    して見てしまいます。)

岡田 敦夫 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です