脱原発論の決定版

えんだんじのブログより

ゲストエッセイ 
坦々塾会員 鈴木敏明

 月刊誌「WiLL」8月号の西尾幹二氏の論文、「平和主義でない『脱原発』」を読んだ。私は驚愕し、深い感銘を受けた。脱原発論の決定版と言っていい。なぜなら私は、保守の多くの方と同じように、積極的ではないにしろ心情的に原発推進論者だったと言っていい、しかし西尾氏のこの論文を読んで日本は脱原発に向かって歩みを始めなければないことを悟ったからです。西尾氏は、論文の出だしの二頁目にこう書いています。

「原発の存在が日本の軍事力の合理的強化を妨げ、国家の独立自存をむしろ阻害しているという、きわめて深刻なウラの事情を正確に見ていない」

保守の皆さん、この文章は非常な驚きですよ。皆さん、実感できますか。そして次の三頁から最後の十頁までその「きわめて深刻なウラの事情」を的確にわかりやすく説明しながら西尾氏の主張を加えています。簡単に要約すると日本は原発のために原料の天然ウランを輸入しなければなりません。主にカナダやオーストラリアから買っています。そのために日本は両国から天然ウランについて有形、無形の対日規制を受けているのだ。

それだけではありません。輸入した天然ウランは、そのまま燃料として使えないからアメリカやフランスへ運んで高い料金を払って濃縮してもらうのだが、その結果、米仏も濃縮提供国として対日規制権を持つことになるのだ。次に、その濃縮ウランを日本の原子炉で燃やして発電したのちに、使用済み核燃料をフランスと英国に持っていって再処理してもらうと、そこでできたプルトニウム燃料について、今度は英仏の対日規制が加わる。さらにやっかいなことは、最近の原子力協定では、米国で濃縮してもらった核燃料でなくても、例えばアフリカのニジェール産の天然ウランを日本の濃縮工場で濃縮した燃料でも、それを一度米国製の原子炉または米国の技術でできた原子炉で燃やすと、その途端に米国産の核燃料とみなされ、米国の規制権の対象となる仕組みになっているのだ。外務省初代の環境問題担当官で、現エネルギー戦略研究会会長の金子熊夫氏の「日本の核、アジアの核」(朝日新聞社)の中でこう書いていると西尾氏は指摘しています。

「要するに、日本の原子力開発は、過去40年間と同じく現在、将来とも、米、英、仏、加、豪の五カ国、わけても米、加、豪の三カ国は最終的な「生殺与奪」の権利をにぎられているのであり、これら諸国の核不拡散政策を無視して、自分勝手な振る舞いはできないような仕組みになっているのです」

奇しくも上記五カ国は、大東亜戦争の旧敵国です。過去のことはさっさと水に流すのが日本民族、それ以外の民族は、過去のことは忘れません、とくに戦争など絶対に忘れないし、徹底して正義面してきます。特にアメリカは日本の核兵器所持に神経質になっています。ひょっとして広島、長崎の仕返しをされるかもしれないとの思いがあるからです。日本政府が核兵器所持を決定したら、上記五カ国が、ウランは売らない、濃縮もしないと言い出したら、日本の産業は壊滅してしまいます。その結果として日本は核兵器所持をあきらめねばならなくなるのだ。好むと好まざるにかかわらず日本の原発所持が、日本の核兵器所持の足かせになっているとも言えるのです。日本は原料を輸入しているから高い値で買わされ、上記五カ国の原子力の外交政策に翻弄されてきた。旧敵国であることが目に見えない差別と警戒の対象国になっているのです。原料を輸入する弱みから開放されたいとの思いから日本独自で技術開発したのが福井県敦賀市の高速増殖炉“もんじゅ”です。“もんじゅ”がうまく成功すれば、使われた燃料は1.2倍になって返ってくることになっていた。そうなればもう原料の心配はいらない。ぐるぐる同じ燃料をリサイクルしていけばいい夢の機械であった。その“もんじゅ”が度重なる事故で前進も後退もできなくなっているのだ。一キロワットの電力も生産せずこれまですでに一兆円が注がれてきたのだ。私みたいに数字に弱く、庶民感覚だと一兆円の価値がわからないが一億円の一万倍というと凄い実感がでます。また今後五十年間にわたり年間五百億円の無駄な維持費がかかるというのだ。

原発一基一年間運転すると約30トンの使用済燃料が生じ、これをどこかで片付けなければなりません。そこで政府は青森県六ヶ所村に再処理工場が建設した。そこえ全国の原発から使用済燃料が運びこまれます。再処理が順調におこなわれるから問題がないのではないのです。再処理は再処理で深刻な問題があるのです。再処理すると毒性の高いプルトニウムが抽出されるのです。この恐いプルトニウムが日本ではたまりすぎて45トンを超えているのだ。8キロあれば原爆を一個作れるから約5千発程度の原爆材料が貯蔵されていることになる。国際社会から警戒の目でみられるし、特に先にあげた上記五カ国、中でもアメリカは、日本警戒のためでしょう。日本はプルトニウムを60トン以上持ってはならぬ主張しているのだ。日本はたまっていくプルトニウムをどう貯蔵していくつもりなのか。

原発を運転しているかぎりこのプルトニウムは溜まっていくのだ。しかも世界ではこのプルトニウムの溜まりを解決した国はどこもないのです。原発を廃止する国より新規に原発所有する国々や、現在所有している原発数を増やす国々の方が圧倒的に多いのです。世界中で容器にいれられた毒薬プルトニウムが埋められることになります。この容器の耐用年数が何十年だか何百年だか知りませんが、核戦争で地球が滅びるより原発の廃棄物で地球が滅びる可能性が高くなってきたような感じです。

その他にも日本の原発には、プルサーマル、MOX燃料など色々な深刻な問題をかかえています。西尾氏は、その問題の全部さらけだし説明をしています。私は、脱原発論者も原発推進論者もぜひこの西尾氏の論文を読んでもらいたい。なぜなら彼らのほとんどが、現在の原発が抱えているこのような問題を知って脱原発論者になったり原発推進論者になったりしているわけではないからです。脱原発か原発推進か、喧々囂々と語られています。だから私も自分のブログで意見を披露したかった。しかしできなかった。何故か。私は冒頭に触れましたように心情的に原発推進論者で原発産業の実情など何も知らないのです。なにも知らないで心情的な原発推進論者の主張を文章にしたら、低放射線量は、危険どころか健康にいいだとか、飛行機事故でこれまでにどれだけ沢山の人々が死んだかとか、安全をさらに強固にすれば問題ないとか、ただ情緒論にすがって書くことになってしまうからです。ところが日本の知識人と言われている人たちは、平然とこれをやります。だから日本の知識人はダメなのだ。今回の西尾氏の論文を読んでいただければわかりますが、情緒論など一切なし、現状の問題点を赤裸々に語り、自分の主張を展開していく、すべてが論理的です。それだけに積極的原発推進論者には反論が非常にむずかしい。そこで私が心配しているのは、この論文はあまり話題にならず、黙って見過ごされる可能性が高いことです。本来ならこの西尾論文について喧々囂々と語り合われるのが一番いいのですが、特に政界と原発業界はそっとしておきたいのだと思います。

最初に触れましたように私は西尾氏の論文を読んで、日本は脱原発に向かって歩み始めなければならないと悟ったと書きました。そこで私の提案を簡単に披露しましょう。まず原発の撤退作戦開始です。戦場でも撤退作戦が一番難しいと言われています。自軍の損害をできるだけ低く抑えて撤退しなければなりません。自軍の損害をできるだけ低くとは、日本国民の社会生活や経済生活への損害をできるだけ低くすることです。そのためには撤退作戦は急いではいけません。できるだけ時間をかけるのです。しばらくの間これまでどおり原発と共存することになるでしょう。しかし原発撤退の意思を忘れてはいけません。時間をかけて退却しながら援軍を待つのです。援軍とは日本国民の総力をあげて原発に代わる代替エネルギーの開発です。私は絶対にできると思っています。なぜなら実例があるからです。かって石油価格が暴騰し、日本経済は没落かと思われたとき、石油価格暴騰を引き金に日本は省エネ技術で世界を凌駕したではないですか。世界各地にある原発など無用の長物にしてしまおうではないですか。大変むずかしいでしょう。しかしほんの数十年前、パソコンが家庭に出現するなどと考えた人はいないのです。

「脱原発論の決定版」への9件のフィードバック

  1. 「この論文はあまり話題にならず、黙って見過ごされる可能性が高い」。仰る通りだと思います。
    福島原発事故が起こって間もなく、武田邦彦氏は「どうして他の原発を止めないんですか?」とブログで書かれています。この発言は至極真っ当なものだと思いました。講演会でも武田氏は「私に反対する人は、『先生、原発を止めたら産業はどうなるんですか』と問題をすり替えてしまう」と指摘されています。
    原発推進(かどうかは分かりませんが)派の方々は、西尾先生が書かれた国防と日本の原発の根本問題には触れず、「どのくらいの線量までなら大丈夫」とかいう問題にすり替えているように思えてなりません。世界地図を見ると、福島を中心にこんな小さな列島が「全部汚染されている」という外国人の「子供らしい」思い込みもあながち間違いでもないと思わざるを得ません。
    NHKの過去の番組「プロジェクトX]によれば、新幹線を造ったのは戦後公職追放されていた、飛行機や通信の技術者たちでした。また初の国産自動車を造ったのも、アメリカとの技術提携を蹴って、自力で我が国のガタガタ道でもスムーズに走れる車を一から製作した技術者であり、またその中心人物こそが世界初のハイブリッドカーをその頃から考えていたという話でした。
    昔読んだ教育関係の本に面白いことが書かれていました。「我が国は、外国で何か新しい『教育理論』が出されると、すぐに飛びついて『実践』しようとするが、当の国へ行くとその教育学者も教育関係者も知らん顔をしている…それを『作った』者だけが、それを『使わない』ことができる」と。
    原発問題でもまたしても、「自分の頭で考えてこなかった」戦後の悪癖があからさまになったのでしょうか。
    武田氏の指摘するように「すべての原発は地震で倒れる」ことが分かった以上、再び地震活動期に入った列島にいる我々日本人一人ひとりは、目の前にある「ダモクレスの剣」を片時も忘れず、真剣に自分の問題として考える必要があると思いました。

  2. Will8月号を手にして。

    やはり脱原発とおっしゃってました。

    自分で代替エネルギーを開発せずして、脱原発というだけなら誰にでもできるでしょう。私にもできます。しかも脱原発で、軍事力の不利は潜水艦で補いたいという。

    潜水艦というからには、通常型のディーゼル潜水艦ではないでしょう。筆者は大陸に打撃を与えられる型と考えておられるようですから、核弾頭搭載かつ動力は原子力。

    小室直樹氏も、これからの戦争で日本に勝機あるとすれば、潜水艦戦だと述べていました。

    通常、一つの海域で一隻の潜水艦が作戦行動するには、三隻が必要でもう一隻が訓練、もう一隻は点検整備となる。欲を言えば二隻作戦行動で合計四隻ほしいところ。

    原子力を脱した日本が四隻も開発装備できるのでしょうか?核弾頭と核実験は?

    そして代替エネルギー(案)が、風力発電ですか。筆者は総出力何ワットを考えておられるのかわかりませんが、どのくらいの風車をどの場所に設置すれば、産業界と一般家庭用に電力を「安定供給」できるのでしょうか?

    しかも中国共産党が洋上風力発電をして一定の成功をおさめている。日本も見習えという。なぜ左翼のかたを持つのでしょう。

    日本の場合、沖縄から九十九里まで台風の直撃地帯になっています。日本海側でも平成四年の台風19号が、中国地方を突き抜け日本海から青森を直撃し、リンゴ農家が壊滅的被害を受けました。

    リンゴはともかく、風速40メートル以上の風で風車が過回転になり、故障が続出するでしょう。安定した風向と風力の北海では、オランダやデンマークが風力発電で成果を出していますが、日本にあてはまるでしょうか?

    上の鈴木さんという人も、「これから」代替エネルギーを開発しろと力んできます。ご自分で開発しないのですか?

    人文系学者の知的限界というか、結局、Will8月号は買うのをやめました。

  3. みいこさん

    確かに技術者としては全く素人の私が、代替エネルギーを開発しろと力んでいるだけでした。しかしどうでしょうかこれまでの人間の技術開発は、当時として不可能といわれていたことを開発してきたのではないでしょうか。
    そこで日本には風力発電は向かないとあきらめてなにもしなかったどうなるのでしょうか。不可能を可能にする、これが技術開発なのではないでしょうか。技術者でもない私が、無責任にも何が何でも開発しろ、必要は発明の母とばかりに技術者にハッパをかけたくなるのです。

  4. 私は工学部を卒業して技術系の仕事をしてきた一応理系の人間ですので、文系知識人の限界とはどういうことを指すのか分かりませんので、どなたかご教示ください。また代替エネルギーを開発すべし、と提言したら、自分で開発しなければいけないのでしょうか?
    代替エネルギーについて私は意見が異なり、再生可能エネルギーを含む代替エネルギー開発をする必要はないと考えています。理由は、石油・石炭・天然ガス等化石系燃料の埋蔵量は低く見積もっても世界需要量の1,000年分以上あると言われているからです。石油の火災埋蔵量の推移が物語っているとおり、経済的に採掘できる埋蔵量は採掘コストと製品プライスによって変化する。地球温暖化論者が言う地球の危機は、諸種の資料・発表から科学的な信ぴょう性に乏しいと確信しています。いったん事故を起こすと広範囲の住民に致命的且つ甚大な被害を及ぼす原発は、10年程度にわたって廃止してく必要があります。代替は火力発電所です。

  5. 先ほどのコメント中の「火災埋蔵量」は、「可採埋蔵量」が正です。
    失礼いたしました。

  6. 先生には失礼ながら、どうもいわば食欲が湧かない議論なのです。
    先生は、孔孟よりも韓非子が好きだと言われた。
    確かに、人にも国にもいわゆるエゴ(利己主義)がありましょう。その観点から事実を拾い、判断し、政策を練ることも可能でありましょう。
    しかし私は、地上の人類はエゴイストばかりから成るものではないと考える者です。といってエゴを頭から否定する者でもありません。エゴは善をも悪をも生む双面神とも言えましょう。良い意味でのエゴ、いわゆる近代的自我を持てなかったら、そもそも政治を語る資格もないでしょう。
    私はエゴを乗り越えた人間像を考え、実行し、その観点から事実を拾い、判断し、政策を練らんとする者です。ですから、韓非子よりも孔孟を重んずるのです。
    わが国の原子力政策にエゴから掣肘を加える人も国もありましょう。しかし、核不拡散体制を人類エゴを超えて、あるいはエゴの共存を目指して、推進せんとする人も国もありましょう。私は後者の議論が生産的と考えます。しかし、先生ご指摘の通り私も前者から惹起される戦争を否定する者ではありません。しかしエゴに対するにエゴを以って剣を抜く者でもありません。その時は、大国のエゴに対するに、エゴを超えた普遍的な正義を以って剣を抜かんとする者です。前者は単なる国家の仮面を付けた単なる私闘、後者は公闘、すなわち孟子言うところの義戦であります。
    克己復礼為仁 己に克ちて礼を復むを仁と為す。

  7.  西尾先生論文の趣旨:原発を廃止して、他のエネルギーを使用して発電する。には反対です。むしろ稼働年数30年以上の旧式の原発は廃止して、より安全性の高い最新鋭の原発の建設をすすめるべきですよ。西尾先生が力説された米国、カナダ、オーストラリアによる核燃料支配体制にしても、裏を返せば規制を守れば核燃料は保障すると言う事でしょう。?西尾先生の依拠した書の記述を信じるならば)悲しいかな、ウラン以外に日本には他に政治的にも数量的にも安定したエネルギー資源はないのですよ。石油、石炭、天然ガスの主要産出国はいずれも日本にとって完全に信用できる国はないしょう。天然ガスの主要産出国のロシアがウクライナに何をしたか?もうお忘れ
    ですか?石油ショックの時の騒ぎは過去のことですか?再生可能エネルギー
    は発電量が少なく環境破壊が酷い、とうてい原子力や化石燃料発電に変わるべきものではありませんよ。
    日本は「脱原発」ではなく「進原発」で行くべきです。今の原発の基本技術は1940年のシカゴパイルからほとんど進歩してません。原子炉の核分裂反応の抑制や放射性廃棄物の半減期を促進する技術がないのです。物性物理の研究を通じて、これらの技術の研究を進展させるべきでしょう。核融合
    よりこちらの分野を国際的協力による研究を続けるべきではないか?今回の
    震災を教訓にするなら、原子力発電をより安全かつ高性能のものにすることではないでしょうか?

  8. 日本進原発党さん。
    仰る事は分かりますが、
    原発は一度メルトダウンを起こせば何百年にも渡って放射能汚染が続きます。
    今考えれば恐ろしい装置です。
    事故は絶対あってはならないのです。
    想定外では済まされません。
    また事故が起きた時電力会社が「想定外」と同じような台詞を言い続けると思うとぞっとします。
    それと震災の教訓とはどんな教訓なのでしょうか?

黒ユリ にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です