謹賀新年(一)

明けましておめでとうございます。

 今年はいままで問題となってきたさまざまな分野で、左右が激突し、雌雄を決する年、というよりまだ生き残って悪だくみをつづけているマルクス主義の残党の息の根を止め、天地晴朗の日を迎えることができるか否かの年となりそうである。

 私は教科書採択の成否を言っているだけではない。それもその中の一つ、紛れもなく最も重要な、象徴的な一つであるが、他のさまざまな分野で扉を開けようとして、どうしても開けきれないで立ち尽くしている今の日本の歪んだ精神状況のことを言っているのである。

 拉致問題で日本の民衆はようやく目をさまし、国家の重要性に気がつきだしているといわれている。それはある程度そうであろう。けれども、どこまでも「ある程度」であって、いまだに何も変わっていないどころか、後退している光景さえみられる。

 李登輝が突如やって来た。けれども雪の京都を散策し、日本文化について語る彼を見たいと思っても、テレビは空港入国のほんの数景をちらっと出しただけで、なにかに遠慮している。中国の新華社の記者がぴったり張りついていて、しかもそれを日本の警察が、多分外務省の意向に添うてであろうが、むしろ守っているというのである。中国の秘密警察つきの年末のあわただしい日本再訪であった。

 昨年末に細田官房長官は政府官邸に「従軍慰安婦」と称する二人の外国人女性の正式訪問を受け、戦時中の日本軍部の犯した過ちに謝罪し、反省の弁を述べた。心あるひとは「あれ、おかしいんじゃないの」と思ったことであろう。

 「娼妓」は存在したが「従軍慰安婦」は存在せず、国家関与の強制行為、強制連行はなかったことは石原元官房副長官の証言によってはっきりと立証されたはずだった。間違いの元をなした謝罪談話の主の河野元官房長官でさえ、自分の談話が証拠に裏付けられていなかったこと、曖昧な憶測であったことを認めたはずだった。あれほど大騒ぎして、国家的恥辱をやっとの思いで言論界あげて克服したのは5年ほど前の出来事であった。

 わが政府首脳はあっさりこれを覆した。あまり深い考えもなく、まるで誰かにひっかけられたかのように、官邸に「従軍慰安婦」と称する女性を招き入れて謝罪した。これは彼の場合、国家行為となるのである。

 なにか何処かがおかしい。いよいよ新しい扉を開こうとすると、この国民はすくんだように後じさりする。そして歌い古した昔の歌をまた歌おうとする。

 中山文部科学大臣がある会合で教科書から「従軍慰安婦」の記述が減少したことを評価した。韓国がただちに妄言だと騒ぎ立てた。なんとわが政府首脳は韓国サイドに立ったのである。文科大臣は政治的願望を述べたのではなく、論証された歴史事実に忠実な評価を語ったにすぎない。

 なぜ前へ進めず、いよいよになると後ずさりするのだろうか。北朝鮮を再訪した小泉首相の行動に私は不審なものを予感した。金正日との間に「空白の十分間」の密談があったという予測を立てる人がいて、私はその可能性はあると考え、このサイトで論陣を張った。

 周知の通り、北朝鮮の遺骨返還はばかばかしい猿芝居に終わり、度重なる愚弄に、日本の国内ではもう話し合いの余地はないとの当然な声が高まった。経済制裁は野党を含む万人の声になった。しかるにひとり首相のみ抵抗する奇妙な図。川口元外相をアメリカに急派し、経済制裁はしないでくれ、と単独行動に出て、ブッシュ大統領をまであきれさせた。

 「空白の十分間」にやはり何かあったと考える方が妥当ではないか。この首相にして、あの官房長官あり。政府に統一意志はなく、北朝鮮は経済制裁に備えて闇金融ルートをすでに開いているらしく、いよいよ制裁となってももうきき目はないという話だ。

「謹賀新年(一)」への4件のフィードバック

  1. 明けましておめでとうございます。

     コイズミさんは、訪朝で「ストックホルム症候群」にかかっております。

  2. >榊原鍵吉さん
    こんにちは♪

    小泉内閣のぼろが、だんだん露になってきましたね。8月15日に絶対に靖国に参拝すると言っていたころが、一番輝いていました・・・・。

  3. 慰安婦制が問題だったなら李氏朝鮮時代の
    ロリコン制度の方は問題なかったのか
    問い詰めて欲しいですね。

  4.  新年明けましておめでとうございます。犬村大角礼儀と申します。こちらに発言するのは初めてであります。

     12月3日の件で、細田官房長官には私もメールで抗議しました。抜粋して紹介しますね。

    ====(以下引用)====

     犬村大角礼儀です。ペンネームを使用することをまず最初にお断りしておきたい。
     私は日本国民として恥ずかしい。一体あなたは何を根拠に以下のような
    記事に書かれるようなことをいったのか、釈明してもらいたい。

    =========(引用開始)==========

     韓国とフィリピンの元慰安婦2人が来日し、衆院議員会館で3日、
    細田官房長官と面会した。細田氏は「これは父親世代の罪。心から反
    省し、おわびする」と謝罪した。「教科書から慰安婦の言葉が減って
    よかった」などの中山文科相発言について問われると、細田氏は「政
    府の考え方とは違い、理解できない発言だ。政府の政策に変更はない」
    と話した。

    ========(引用中断)===========

     いわゆる従軍慰安婦問題は、全くの虚構である。慰安婦を最初に書いたのは
    千田夏光だが、その著書には大変なこじつけと飛躍がある。
    http://f1.aaa.livedoor.jp/~iserlohn/Ianfu.htm

     ↑詳しくはこのページでも明らかであるが、文部省(当時)はあの平成8年に
    合格した東京書籍をはじめとする7社の中学校歴史教科書に「従軍慰安婦」
    なる職業に朝鮮人女性が無理矢理させられ、売春を強いられたがごとく
    記述した教科書を全く修正しなかったことは有名である。

     その後もいわゆる「従軍慰安婦」問題はくすぶり続けたが、桜井よしこ女史の
    石原信雄元副官房長官に対するインタビューにおいても、
    「アメリカの国家記録保存所までいって調べたが、ついにその証拠は見つからなかった」
    という証言まである。

     やってもいないことをやったと言われればいとも簡単に認めてしまう様は憤りを
    通り越して情けなさを覚える。それでも国民の安全を担う政治家なのか。

     さらに情けないのは次の文である。

    =========(引用再開)==========
     面会したのは現在の韓国の大邱から16歳で連行され、台湾で慰安
    婦生活を強いられたという李容洙(イ・ヨンス)さん(75)と、(後略)
    ========(引用中断)===========

     この部分をよく見られたい。台湾は外地の戦場ではない。当時の日本の
    一部であり、そのようなところにどうして慰安所があるのであろうか。これは
    遊郭であろう。

     なぜなら、慰安所というのは日本国外において設置されたものだからである。
    遊郭ならば軍隊が関与するものではない。地元の警察で十分管理できる、
    いわゆる赤線である。
     日本国外ならば警察の力が及ばないので、軍隊が設置者になり、安全と
    衛生に気を遣う必要が出てくる。日本国内に何で慰安所があるのだ。
    おかしいではないか。

    ====(以下省略)=====

年上の長谷川 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です