岸田外相、御厨座長代理の器を問う!」(WILL2017年4月号)を読んで

ゲストエッセー 
坦々塾塾生 仲小路昌備(なかしょうじ まさよし)

 中国・北朝鮮・韓国という“悪友”に囲まれるだけでなく、近年“悪友”の一部が我が国内にじわじわと浸み入りつつある日本国の将来への不安と憂いの思いは尽きません。

 かつて福澤諭吉は、“悪友”への深情けを国益ならず「我は心に於て亜細亜東方の“悪友”を謝絶するものなり」と突き放し、力の行使もやむなしと論陣を張り、陸奥宗光は、“悪友”の身勝手で傲慢な振る舞いに敢然と立ち向かい、結果、日清戦争を勝利に導きました。当時の福澤の時事新報の社説や陸奥の外交記録「蹇蹇録」を読むと、往時の日本人の国益を求め懸命に“悪友”や欧米列強に立ち向かった姿が眼前に見て取れます。

 その日清戦争から50年後に敗戦。一旦緩急あれば自ら義勇公に奉じることのできぬ国となり下がり、敗戦後70余年経っても敗戦国イデオロギーは払拭されず“悪友”との付き合い方は真にさま変わりです。身勝手で傲慢な“悪友”に仲良くしてと自ら妥協に妥協を繰り返し、“悪友”からの提案を待って自らのゴールポストを“悪友”に近づける。そこには、国益を背負った責任も矜持も感じられません。

 “悪友”に国民を拉致され、南京大虐殺や慰安婦強制連行など身に覚えのない難癖をつけられ、大量の密漁船に領海のサンゴ漁場を破壊され、領土・領海・領空を侵犯されても、まともな反論や対抗措置を行使できない日本政府に一般国民がもどかしさや頼りなさを感じて半世紀以上たちます。西尾さんの当論考の岸田外相、御厨座長代理の例を含め、安倍政権の内も外も、内部も周辺も動脈硬化ですが、外務省の動脈硬化はさらに悪性です。

 外務省の動脈硬化対策は、平成になってから少なくとも3回は実施しています。平成11年、外務省機密費流用事件では、曽野綾子女史や平岩外四翁を有識者として改革案をまとめ、平成14年の鈴木宗男事件では、船橋洋一、吉永みち子、岡本行夫各氏等を招いて外務省を「変える会」を、また民主党政権では、岡田克也外相が旗振り役で平成22年に「活力ある外交」を、と外務省改革を夫々実施しています。しかし、実効の程は推して知るべしです。

 動脈硬化罹患の外務省の現行採用試験制度、研修制度、人事制度、そのいずれも同質の外交観を持つ省員を養成するためにあるかと思うほどです。いわば「外務省村社会」の「アジア太平洋局集落」ないし「北米局集落」の中では、課長と言えども既存の政策方針を否定することは難しいでしょう。あえて上司の課長時代の業績を否定し、自身の人事評価を貶めてまで政策変更をする可能性は極めて低いと思われます。

 西尾さんのおっしゃるように外務省改革は喫緊の課題でしょう。
 現在の日本の外交に欠けている国際情勢に対する怜悧なリアリズムと精神-機略、豪気、判断力、気概-。その回復を期して実現困難な荒療治を含めてアイデアベースで挙げると下記でしょうか。

・新人採用試験の抜本的見直し(国家とはなにか、外交および戦争についての識見を問う試験や論文提出の追加等)
・研修カリキュラムの見直し、とりわけ歴史教育の充実。(なお、外交政策、外交に特化した歴史、政治学、国際情勢に関しての講義回数は数多ですが、一般的な歴史教育は寡少です。)
・国際的恥辱問題(南京大虐殺、慰安婦強制連行、端島等)解決タスクの予算・人員倍増
・専門職は同所属原則3年未満勤続制限を解除、専門スキルを深化
・大使館・領事館のインテリジェンス作業強化。他国の機密機微情報の蓄積強化
・イギリス等外交戦略に長けた国のお抱え外交顧問およびお抱え研修講師の招聘
・外務省の若手の自衛隊訓練、ないし米、英、スイス、などの外国兵役訓練に参画、等

 上記に関しては、外務省の現況を憂う保守系OBでは、馬淵睦夫元ウクライナ大使や加藤淳平元ベルギー大使などに外務省現役を紹介いただくなどして現況を確認しつつ、課題解決のフィジビリティスタディを試みるのはいかがかと。

 なお、内閣官房に日本版NSC(国家安全保障会議)という組織が2014年にできました。NSCの中核となるのは総理大臣、官房長官、外務大臣、防衛大臣による「4大臣(機密情報共有)会合」です。米国CIAのようないわばスパイ組織(対外情報機関)は未設置で懸案事項です。この対外情報機関の設置を含め、インテリジェンスの機能増強も日本国の国益および存続の必須要件だと思います。

蛇足:
つい先だって2月17日のトランプ政権下で初めての米中外相会談があり、ティラーソン米国務長官は王毅外相に北朝鮮の核・ミサイル問題について「あらゆる手段を使って北朝鮮の挑発を抑制するよう促す」と圧力強化を求めたとの旨、各メディアにて報道されました。それに対して王毅外相は、「中国に責任を押しつけず、米国みずから対応する必要がある。」(NHKBS1 18日13:57)とオバマ政権時代の対応と異なりトランプ政権の国務長官からの要求に反発の態度を示してのさや当てが始まっています。この二国の交渉結果により半島の情勢が急展開する可能性があります。それに応じた受動的な外交対応を日本国は強いられ、さらに米中・米露が水面下で結託するなど雲行きが怪しくなった時、自主的・能動的な外交ができるのか、石像が外務省の敷地にある陸奥宗光のような外交官を見出しえない昨今、これから先が思いやられます。

“岸田外相、御厨座長代理の器を問う!」(WILL2017年4月号)を読んで” への 1 件のフィードバック

  1. 高山正之(著)『歪曲報道』 そのメディアの騙しの手口
    朝日新聞、NHK、TBS…あなたは、まだ彼らを信じられますか?
    2006年10月26日 木曜日

    ロサンゼルスに特派員として赴任して間もない頃、ちょっとしたホームパーティに誘われた。

    すると彼、「アジアか」と深刻そうな顔つきをして「日本は昔、アジアの国々でたいそう悪いことをしたな」と言い出した。いや別に、と否定すると、彼はかなりびっくりする。鳩が豆鉄砲を食らったようなという表情でこっちを見据えて「いや日本はひどいことをした。日本は朝鮮を植民地にしたではないか」という。違うね、ともう一度否定する。朝鮮についていえば植民地じゃない。あれは併合だった。米国がテキサスを手に入れるときの併合と同じだ。それに日本の統治はうまくいった。少なくともフィリピンを植民地支配した米国に何かいわれるほど非道なことはしていない。彼は真っ赤になって言い返す。「米国はフィリピンを開化させた。いいこと.をした。しかし日本は朝鮮で残酷なことしかしなかったではないか」。—-朝鮮は違った。T・ルーズベルトが朝鮮はもはや国家の体をなしていないとはっきり発言して米公館を閉じ、日本に任せている。日本は学校をつくり電気を引き工業を興して真の意味のつまりあなたのいう開化を行った。そう説明すると、彼は「日本は朝鮮を植民地にしてひどいことをしたのは事実だ」と吼えて、「もうこの話はやめだ」という。日本をしたり顔でくさして、旗色が悪くなると、怒り喚く。こちらも少々むかついたので、「百歩譲って日本が朝鮮をフィリピン並みの植民地にしたとして、それでも日本が悪いというのは、もしかしてあなたは日本が植民地を持つことを詐せないと思ったのか。植民地を持つのは白人国家の特権と思っているのか」と畳みかけた。彼は顔を真っ赤にして四文字の言葉を投げかけて、どこかに行ってしまった。この男とはのちに再会する機会があった。彼はあのあと、フィリピンと朝鮮の歴史を調べてこちらの言い分が正しいのを知ったと、あっさり非を認めてきた。そしてこう付け足した。「初対面の日本人に朝鮮の植民地の話をすると、みんな申し訳ないという。そういう形で付き合いの主導権を取ってきた。反発されたのは今度が初めてだった」と。日本人には有効な「決め言葉だったのに」と笑っていた。—-どんな連中かと聞くと、「朝日新聞の本多勝一」に「筑紫哲也」に「久米宏」……。「日本人の観光客にも話します。話をすると日本人はみな申し訳ないといいます。泣いて謝る人もいます」
    以下長文~
    http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/f51bf116d43b0d600052d119aacefacd

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です