WiLL4月号・ 「岸田外相、御厨座長代理の器を問う!」を読んで(三)

ゲストエッセー
坦々塾塾生 池田 俊二

失態をくりかへす外務大臣

一昨年(2015年)12月の日韓合意。先生が事前に豫想されたとほり、ほぼ反故になりましたね。先生の「日本の公的機關のなすべきは」「二十萬人もの無垢な少女が舊日本軍に拉致連行され、性奴隸にされたと國際社會に喧傳されてきた虚報を打ち消すことであり」、韓國を論理的に説得することでも、經濟カードで威嚇することでもありません」といふ御指摘を當局が理解できず、殆ど何もしなかつたのですから、當然の成り行きですね。

「合意の記者會見で、岸田外相は『當時の軍の關與』をあっさり認める發言をしました。そして再び『謝罪』をし、十億支拂うことを約し、慰安婦像撤去については合意の文書すら殘さず、曖昧なままにして歸國しました。それでも安倍首相はこれをもって完全決着した、と斷定しました」。先生とともに、私も呆氣にとられました。「なぜこんな失態をくりかえす岸田外務大臣の進退が問われないのか不思議」「人間がすべてなのです。『勇氣の欠落』がものごとのすべてをおかしくしている」ーーあの腑が拔けたやうな表情を見ると、なるほど全く「欠落」してゐますね。

「韓國を論理的に説得」? 何度煮え湯を飮まされれば、そんなことは不可能だと分るのでせうか。などと、私がもつともらしい言ひ方をすることはない。日本人が根本的に變らない限り、永久に分らないだらうと觀察されてゐるに違ひない先生の苦いお顏が目に泛びます。

軍艦島

  軍艦島の世界遺産登録に關聯して、韓國に騙されたのは同年(2015年)7月、つまり「日韓合意」の僅か5ヵ月前!のことだつたのです。かうなると健忘症などといふ生易しいものではなくて、學習能力皆無、完全な病氣です。地球上で、今の日本人に固有の症状でせう。やはり「人間」の問題で、先生にはさらに研究していただく價値がありさうです。

 あの時、 遺産登録は成りましたが、「また韓國に瞞され」「日本はありもしない『強制勞働』をあっさりと認めさせられました」ーーこの次第について、先生は直後に論じられましたが、いま再び觸れざるを得ないとは! お氣持は察するにあまりあります。たしかに瞞されたのですが、こちらから進んで瞞されたやうにも見えました。

  ユネスコで、日本の女大使が演説しましたが、明瞭に、” They (Korean people)were forced to work” と言ひました。下線部分は私など高校英語で、「力づくで~させられる」」と教はりました。 韓國が主張する「銃劍の威嚇の下で」にピッタリの表現です。岸田外相は、これは強制勞働(forced labour)とは違ふと言つた由。バカバカしくて、議論になりませんね。

 演説する女大使ののつぺらとした顏は無表情で、自分が何を言つてゐるか分つてゐないやうでした。まして、それが國の名譽や利害にどう影響がするかなんて・・・。
要するに、なにも考へてゐないのでせう。つまり、上司の岸田大臣と全く同じです。

無表情・無思考の人々出現の淵源

 先生の洞察・分析は明快で、ことの筋道がはつきりとしますが、登場人物が安倍さん以下まつたく の ワン・パターンの顏・姿勢・言動しか見せてくれませんので、それに續く私の感想は同じことの繰り返しになつてしまひます。そこで、恐縮ですが、少し脱線させていただきます。

以前、如上の如き近代日本に固有な新人類ともいふべき人たちの、發生状況・生態などについて、少し考へました。その一部に觸れたことがあります。昨年、高校の同級生 關野通夫さんの『いまなほ蔓延る WGIPの嘘』(自由社)を同窓會の文集に紹介すべく、著者宛私信の一部を原稿として送りました(幹事の檢閲によりボツになりました)が、關野さんの岸田外相批判にこと寄せて、固有新人類論を展開しました。

その一節をここにーー

「御著の一節『 岸田外務大臣が稲田防衛大臣の靖国神社参拝を控へろと発言し
たそうです。この岸田という人は、東京裁判史観に骨の髄まで冒され、靖国の英霊を冒涜する国賊です』には完全に同感です。國賊であり賣國奴であるのは、外務大臣だけではありません。總理大臣以下ほとんどみな然りです。彼等は平氣で國を賣ります。何度外國から瞞されても懲りることがなくて、瞞されつづけます。二階にゐるといふ自覺もない上に、WGIPの猛毒を注射されたのですから、そのなれの果ての非・日本人が超低能なのは當然です。惡意で國を賣つてゐるわけではないのです」。

 この「二階」は、前後しましたが、下記からの續きです。

「マッカーサーが、日露戰爭の時の日本の軍人と大東亞戰爭の時のそれを比較
して 『 とても同じ國の軍人とは思へない。前者は、 たとへ教育のない者でも、肝腎な點は きちんと判斷するだけの常識があつた。それが後者にはまるでない』と言つたのは有名ですが、明治以來の歩みを的確に言ひ當てられましたね。私には、日本人・日本といふ國の大變化(墮落) が、そこに如實に現はれてゐると思はれます」。

「 戰前に東北帝大で教鞭をとつた、ドイツの哲學者カール・レーヴィットの『日本人は二階建ての家に住んでゐるやうなもので、階下では日本的に考へたり感じたりし、二階にはプラトンからハイデッカーに至るまでのヨーロッパの學問が紐に通したやうに 竝べてある。ヨーロッパ人の教師は、これで二階と階下を往き來する梯子はどこにあるのだらうかと 、疑問に思ふ』といふ批判は、圖星です」。

「明治維新を成し遂げた世代にとつて、二階はお神樂ではあつても、その増築工事は自分が擔當したものだつたので、一階からの梯子の位置は勿論、全てが分つてゐた。日露戰爭時の軍人は、普請には參加しなかつたものの、先代を通じて學んだり、見聞きしておほよその樣子は知つてゐたので、二階に上つて 、一階にゐる時の感覺で行動しても、大きな誤りはなかつた。ところが、大東亞戰爭の時の軍人は、工事も先人の苦心も知らないので、二階、一階の區別もつかず、二階については書物による斷片的知識のみ。何がどこにあるかも頭に入れてゐないので 、どう振舞ふべきか分らず、右往左往するだけーーまあ、別の天體に紛れ込んだやうなものでせう。本來の日本人としての智慧や能力を一切發揮できなくなつてしまつたのです」。

そして 僭越ながら、次のやうに結論を出しました。

「(日清戰爭時の)外務大臣陸奧宗光は私にとつて、理想的日本人です。陸奧外務大臣⇒岸田外務大臣は日本人の消長・變質を典型的に示す好例ですね。ここまで墮ちて
は、もはや・・・」。

 入口だけの雜駁な議論で、恐縮です。

  近代日本の目も暈むばかりの榮光と、そのあとの悲慘・滑稽。後者のすべてを體現してゐるのが、この非・日本人でせう。さいはひなことに、彼等は完全に一つの種から生れたのですから、複雜なことはなにもありません。安倍、御厨、北岡、岸田、女ユネスコ大使etcなどを個別に研究する必要はないでせう。十把ひとからげに觀察した結果に基いて、その増殖防止の手立てを考へれば、それが亡國への歩みの齒止めになるのではないでせうか。

西尾先生の關心・テーマの一つは、さういふところにありさうだと、先生のお若い頃から屡々感じました。先生に、個別診斷のほかに、綜合的處方箋をお願ひしたら、叱られるでせうか。實は、先生のお嫌ひな大正教養主義の位置づけについても考へましたが、御本尊の前では恥かしいので、それには觸れません。

ただ先日、乃木神社に吟行した際、白樺派の志賀直哉、武者小路實篤をふと思ひ出したことを申し添へます。二人は、その學習院時代に院長たりし乃木さんの殉死を、揃つて嘲つたのです。あの二人はもう新人類だつたなあといふ感慨に捉はれました。そして、この殉死に對する鴎外や漱石の反應を想ひ、乃木さん自身を含めて、三人とも、日本の將來に絶望してゐたのではないかなどと想像しつつ、棗の木を仰ぎました。

だいたい、我等日本人が、世界から蔑まれたり、揶揄されるやうな存在になり果てたのは開闢以來初めて、非・日本人的新人類が主流を占めるやうになつてからのことでせう。

中國製博士號と 「高度人材」

「國内にはすでに大陸からの人の波が限界を越え始めている。韓國人や中國人の近年における急速な増加は半島の内亂、大陸の經濟破綻が起こればそれに伴い國内に收拾のつかない動亂を引き起こす呼び水になりかねない」。『高度人材』などといつても、「米國の三流大學の基準でも99%がはねられるようなレベルの人が中國では博士號を與えられてい」て、「永住外國人の拔け道になっていはしないか」。「そういうことも考えないで中國人移民の急増を默って看過ごし、むしろ推進派の主役にさえなっている安倍總理に根本的疑問を提したい」。

先生の御心配、お腹立ちが痛いほど感ぜられます。何十年も前から、この問題に取り組んで、提言されたり、警告を發したりしてこられた(しかも、それを政府が聞いた、つまり世の
中が動いて、國が救はれたこともありました)先生は、安倍政權になつてからも、何度か忠告
されましたね。安倍さんはそれに耳を傾けたのでせうか。

 どうもこの人は、何度も申すとほり、自分の頭で考へることがなく、自身の尺度も持つてゐないやうです。すべて出來あひの物差しで測るので、新しい現象や考へに獨自に反應することができません。先生の齒痒さ・苦衷はいかばかり。

不愉快な話題で終り、申し譯ありません。でも、かういふ苦い現實に先生は永年堪へてこ
られたのだと思ひ、そのままにしました。

(以上)

“WiLL4月号・ 「岸田外相、御厨座長代理の器を問う!」を読んで(三)” への 3 件のフィードバック

  1. 東京オリンピックの金メダル倍増秘策

    連載がこれで終わるようですので、長くなって誠に恐縮ですが、私も3回目の最後のお邪魔をさせて頂きます。

    このユネスコ歴史遺産登録時の韓国政府の「嫌がらせ、イチャモン、裏切り」を西尾先生は日録で「平成27年真夏の夜の自由談話」と題し、これを『朝鮮問題』と呼び、問題を検証されました。あのときの池田様のご意見は、英語能力など、政府関係者の対応を過失と捉えておられたやに思いましたが、今回のご議論は、このままでは日本の亡國への歩みを止めることはできず、唯一考えられる齒止めは非・日本人的新人類(安倍、御厨、北岡、岸田、宮家、岡本、佐藤地ユネスコ大使ら無表情・無思考の一羽ひとからげの固有新人類)の増殖防止であるとのご認識を示されました。この増殖は止めようもなく日本の前途に絶望するか、防止策を何とかして導き出すかのいずれかになります。

    ユネスコ大使が、”Korean people were forced to work”と演説し、外務大臣が、“これは強制勞働(forced labour)とは違ふ”と弁明し、従ってこれを外交敗北と自覚出来ず、自分がその戦犯であることさえ思わず、「開闢以來初めて我等日本人が、世界から蔑まれたり、揶揄されるやうな存在になり果てた」ということすら認識できず、それが旧敵国によるWGIPの洗脳の結果であることを知ろうともしない。 

    確かに、彼らは英語のミスを不注意で犯すようなレベルでもなく、国家の名誉棄損犯罪の過失犯ではなく、故意犯と見做すべきで、「自分で自分を瞞す無自覺的な嘘」を平然とつける人々なのだと思います。話が面倒になりますが、岸田外相以下当局者が世論戦やプロパガンダ戦で日本を代表して「戦う意志」のないこと、まして「勝つ意思」のないことは明白で、対韓外交の敗北は能力や認識の不足でもなく、過失犯でもなく、彼らなりの認識に基づく故意犯とみるべきなのは、そのような故意が世間で堂々と罷リ通るからであり、世間自体が、WGIPの大規模な日本人洗脳工作の成果物となっているからではないでしょうか。日本人一般大衆、その大衆に選ばれる与党代議士、政府関係者の全てが未だに広く洗脳に汚染されたままであるからであり、固有新人類の増殖防止は逆洗脳しか手立てはないと思います。

    哲学的には「知つてゐてつく嘘のはうが知らないで言ふ嘘よりはましだ」となるでしょうが、法学的には「過失による嘘の行為は故意によるよりも責任も罪も軽い」ことになります。国益侵害の結果を発生させることを認識せず、それを容認しないで行為する方が、認識し、認容する行為よりもましなのですが、問題は自らの言動が国家の尊厳を毀損する、外交失態となるかもしれないという認識認容のないことであり、その淵源はWGIPの意識改造としか考えられません。彼らの無自覚的な外交失態は、自らが洗脳されていること、その失態が国益を犯すことを悟らせ、知らしめれば、「自覺的な嘘」に転化し、自分の意志でやめられます。この悟りと自覚のない限り、「無自覺的な嘘」となって、やめようにもやめられない、救いがたいことになります。

    WGIPによって意図的、組織的に改造された精神は、より一層、意図的、組織的、計画的、本格的に逆洗脳しなければ元に戻りません。日本民族が我が国の正しい歴史を取り戻さない限り、日本人の誇りを取り戻すことはできず、日本の未来はなく、取り戻すべきは、戦前の日本にはあって、戦後の日本から消えたもの、現在の世界で普通の一流国にはあるもの、例えば愛国心、国家意識、軍隊、軍人、諜報機関、英霊への尊崇などは日本政府が工程表を作って本格的に洗脳解除工作に取り組まない限り、永久に改善されず、中韓からの不快限りない口出しや、ユスリとタカリが永久に続くだけでなく、欧米の「東京裁判史観」は改まらず、日本人は大人も子供も永久に戦争犯罪を謝罪し続けねばなりません。WGIPは江藤淳の著作以来保守の人間は皆知っていましたが確証がなく、遅まきながら前野氏によって白日に曝され証明されました。これが事実と判明したならば被害者の我々日本民族のリアクションは「強く憤る」「激しく怒る」しかあり得ず、政府・国はこの国民の怒りを梃に逆洗脳でこの忌むべき洗脳から国民を解放しなければ独立国家とはいえません。これを知って蛙の面の民族はもはや人間ではなく奴隷です。

    日録の読者は先刻ご承知でしょうが、古代ローマ帝国が、その存立を脅かすほどの勢力だったカルタゴを永遠に再起できない民族にしたように、米国は、日本を永久に敗戦国のまま属国化し、二度と再び、アングロ・サクソンに刃向かうことのできない国にすることを企図しました。古代ローマの時代は一つの民族を徹底的に滅亡させることが国際的に何ら問題のないことで、ローマは戦勝と同時に、カルタゴの土地に雑草一本すら生えることを許さないため塩を撒き、15万の無辜の市民を虐殺するなど、やりたい放題のことを実行しましたが、20世紀の時代では、流石に米国はあからさまなこと、昭和帝の処刑、日本人の奴隷化、捕虜の殺戮などは出来ませんでしたが、日本の国土に塩を撒く代わりに、あらゆる隠微な手段を尽くしたのがWGIPでした。交戦権の否認(憲法9条2項)はその重要な一部で、国内に左翼勢力、反日勢力を植え付け、この反国家的な憲法改正の抵抗勢力として温存した結果が現在の国会の民進党、共産党、公明党、自民党らの反日議員が跋扈し、いつまでも堂々巡りの不毛な議論を繰り返す仕組みを作り上げました。チャールズ・ケイディスGHQ民政局次長は、「日本を永久に武装解除されたままにしておく」目的で第9条を押し付けたと証言しています。

    丁度1年前にも岸田外相の国益を損ねる媚中外交が繰り返されました。当時報道された情報では、王毅外相が北京市内の釣魚台迎賓館で岸田外相に対し、冒頭、「中日関係が谷底に落ちた原因は日本側が自分で分かっているだろう」「誠意があるなら歓迎する」などと発言したうえ、「来年は中日国交正常化45周年で、中日関係の改善の重要なチャンスだ」と述べ、関係改善に必要な対日4項目を突きつけたそうです。しかも王は、満面の笑顔で手を差し伸べる岸田に対し仏頂面、しかめっ面という習近平の外交非礼を繰り返しました。日本のマスコミは「国内向け」の顔としたり顔に解釈して咎めませんが、京劇の面のように国内向けの顔がすかさず日本向けの顔に入れ替わるわけではありません。そのまま日本と日本人に見せつけているのです。

    ① 誠実に歴史を反省し「一つの中国」の政策を厳守すること。
    ② 「中国脅威論」や「中国経済衰退論」をまき散らさないこと。
    ③ 経済面では中国を対等に扱うこと。
    ④ 国際・地域協力で中国への対抗心を捨てること。

    この記事を読んで不愉快に思わない日本人は居ないでしょう。日本の代表に対する中国代表のあからさまな非礼だけでなく、日本の内政に首を突っ込み、完全に日本を虚仮にし、舐めてかかっているからです。

    ところがこの時、報道によれば、我が外務大臣は、非礼を詰らず(ということは受け入れ)、これに応えて、「日中関係の歯車を回す端緒となった」「さらなる日中関係の改善のために双方が努力していくことで一致した」と語ったそうです。

    外交官トップが国際交渉のイロハを知らないとは危うい限りです。招待しておきながら歓迎に条件を付ける無礼があれば席を立って帰国すべきと思いますし、対日4項目に対しては直ちに次の対中5項目で対抗すべきでした。WGIPに犯されていない戦前の日本外交であれば以下のように明確に反論したでしょう。国際社会で主張すべきことを主張しないという不作為のもつ意味を外務省は知っているのでしょうか?

    1. 南京事件などの歴史捏造をまき散らさず、反日プロパガンダを反省し直ちに止めること。
    2. ウイグルとチベットの人権抑圧を真摯に反省し、台湾と香港の言論弾圧を直ちに止めること。
    3. アジアでの「中国脅威論」の原因となっている東と南のシナ海への侵略行為をやめ日中関係を谷底に落としている尖閣への野望を永久に放棄すること。
    4. 世界の「中国経済衰退論」の原因となっている経済政策を是正し国際経済への脅威を除くこと。
    5. 国際・地域協力で日本への対抗心を捨て、国際入札にはイカサマではなく誠実に対応し日本と公正に競争すること。

    これを中国がまじめに受止めて始めて日中関係の本当の歯車が回りはじめるのですよ、岸田さん。そもそも日本の天皇・皇室を認めず、日本の人民を、チベットやウイグル同様に、”解放”しようとたくらむ共産主義一党独裁国家と対等にお付き合いできるのでしょうか?安倍さんと言いたくもなります。

    前のコメントで士族的ethosの喪失が日本退廃の根本原因と申しましたが、明治の四民平等で、農工商をも士にし、国民すべてに「武士気質(かたぎ)」を持たせる仕掛けが教育勅語と軍人勅諭だったような気がします。洗脳解除の方法は別段難しいことではなく、GHQの逆手をとればいいだけで、GHQの抹殺したこの二つを、勅語・勅諭の形式だけ除いて、復活させることはアナクロニズムでも何でもないと考えます。

    前回、池田様が「兵馬の権」に言及され、ハッとしました。「尚武の心」「弓馬の道」「槍一筋」など苔の生えた言葉、そしてこの勅諭を思い出しました。WGIPの目的は2つあって、1つはこの兵馬の権すなわちハードな軍事的実力を奪うこと、1つはソフトな戦争の大義を奪い民族精神を喪わせることで、『勇氣の欠落』はこれに起因します。そしてこの2つは密接に連携しています。「腑が拔けたやうな表情」で骨のない腰の抜けた日本人が「根本的に変わる」にはこの2つを奪い返せばよく、それは難しいことではありません。年寄りも若者も女性も参加するフェイスブックとツイッターなどのSNSの世界では始まっています。

    3年後となりましたが、東京オリンピックで金メダルを倍増する秘策こそこのWGIP洗脳解除です。日章旗の下で戦う全ての種目の全ての選手達の脳裏に焼き付けられた日本戦争犯罪者意識はここぞいうときの踏ん張りを必ず邪魔するでしょう。自分の国が侵略されたら武器を取って戦うという者の比率が極端に低い日本は、模擬戦争とも言うべきオリンピックで戦うときの戦闘意欲が下がるのが自然です。「愛国」という言葉が否定的なニュアンスを持つ国は世界で日本だけとすれば、もし洗脳を解除し、健全な歴史認識の下、当たり前の愛国心が涵養されるなら、オリンピック参戦のアスリート達も祖国に対する誇りをもち、愛国心に目覚め、日章旗を誇らかに眺められ、君が代を力強く歌い上げることができるようになります。ここぞという頑張りどころで一層の力が発揮され、この差が勝敗の分かれ目となりメダルが量産されるようになること請け合いです。了

  2. 勇馬 樣

    なるほど、金メダル倍増作戰ですか。グッド アイディアかもしれませんね。
    私はスポーツが好きなので、若い時から、國際試合で日本が勝つと喜び、萬歳!を唱へたことも少からずあります。しかし大抵ぢきに虚しくなります。そこに發揮されてゐるのが、擬似國威だと感じるからです。そして、本物の國威は戰爭によるしかないとの思ひに至ります。
    しかし、「WGIP洗脳解除」のためには、「摸擬戰爭」から這入り、そこから本物の愛國心を涵養するといふ手はありさうです。

    「WGIPによって意図的、組織的に改造された精神は、より一層、意図的、組織的、計画的、本格的に逆洗脳しなければ元に戻りません」「洗脳解除の方法は別段難しいことではなく、GHQの逆手をとればいいだけ」はいづれもごもつともです。先には、簡單に洗腦されたのだから、逆洗腦も簡單な筈とも言はれ、これは理に叶つた考へと納得しました。氣が樂です。
    ただし、かつての洗腦は、GHQの絶大な權威の下で行はれたので、その解除にもやはり權威が必要ではないか。今の日本に、そのやうなものが可能か、それとも、もう一度GHQにお出ましを願ふかなどと考へてゐるうちに、わけが分らなくなつてしまひました。頭を冷して、考へ直してみます。

    ーー紀元前149年、ローマはカルタゴに、300人の人質の提出を要求し、次にウティカに大軍を上陸させて、カルタゴの武器一切の引き渡しを求める。
    「汝らがもしローマに和を誓ふのなら、武器は不要のはずではないか」
    カルタゴはやむを得ず、この要求にも屈し、ローマ人はカルタゴから、20萬人分の武具と、2萬以上の大投石器と、無數の弩弓、小型投石器、投槍を持ち去つた。そしてその引き渡しが終つた時、小スキピオ以下のローマの將軍たちは、こんどは市民のカルタゴからの立退きとカルタゴ市城の破壞を要求したのである。ここにおいてカルタゴも、ローマの眞意を理解する。ーー

    カルタゴ滅亡の3年前についての記述で、(滅亡に先立つこと40年に、ハンニバルがローマの謀略にかかつて毒を仰ぐ場面とともに)普段愛讀してゐるカルタゴ史の一節です。ずゐぶん考へさせられ、感慨も催してきましたが、同じことが、70數年前にGHQによつて、我が國に對してなされようとしたなどと思ひつつ讀んだことはなかつたのではないか。「この拜金的な、功利主義的民族は、つひに獨自の文化をつくるにいたらず・・・」などと、よそごととして、讀み流してゐたやうな氣もします。洗腦されてゐたせ
    ゐでせうか。この點も考へてみます。

    勇馬樣、折角コメントをいただいたのに、祿な反應ができず、申し譯ありません。考へるキッカケを與へていただき、感謝に堪へません。

  3. 西尾先生、こんにちは

    いつも貴重なご意見を聞かせていただき、眞に有難うございます。
    ところで、何のこっちゃと、思われしまうかもしれませんが、以下の様なものがございまして。

    http://digigana.com//

    http://pat.reserge.net/PatentDocument.php?an=1999066152&dbid=JPP

    日本語には、漢字・ひらがな・カタカナに次ぐ、第4の文字がございまして。
    決していい加減な話ではなく、特許としても正式に認められた、4番目の文字なんです。
    ただ殆ど知られていないのが、現実なのですが。

    なぜこの様なことを申し上げたかといいますと、日本と中国は全く異なる文明圏である、ということを正しく認識するための証拠としていただきたく存じたからです。
    (どちらかが優れていて、どちらかが劣っている、ということを申し上げている訳ではないので、念のため)

    他の文明には無い、日本文明のオリジナルのひとつに『50音行列』がございます。
    空気の様な存在になってしまっておりますが、世界で唯一の日本語のみが持つ極めて優れた特性かと思います。
    日本及び日本人のアイデンティティの高さの大きな支柱であるかとも思います。

    「祖国とは国語」と申しますが、日本人が日本文明の起源・背骨として、『50音行列』を再認識することで、日本文明は中国文明には隷属していない、ということを確信し、それを証明するための一助になればと願っております。

    御繁忙にも拘わらず大変な御面倒をお掛け致しますが、どうか格別の御高配を賜わります様、お願いを申し上げます。
    先ずは御挨拶を申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です